お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

入れ歯治療の流れはどんな感じなのですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

入れ歯治療の流れはどんな感じなのですか?

入れ歯治療は、何らかの原因で歯を失った場合に、失った歯の補うための治療法です。入れ歯は、一度の型取りですぐに出来上がるものではありません。一人ひとりに合った入れ歯を作るためには、いくつかの段階を得る必要があります。今回は、入れ歯治療の流れをわかりやすく解説していきたいと思います。

入れ歯の仕組み

入れ歯には、「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。
「部分入れ歯」は、歯の一部分を失った時の入れ歯で、人工歯と、粘膜に接するピンク色をした床(しょう)、入れ歯を残っている歯に固定するためのクラスプ(留め具)からなっています。「総入れ歯」は、全部の歯を失った時の入れ歯で、人工歯と床からなっています。

どちらも基本的な作り方は一緒ですが、小さな「部分入れ歯」の場合には、行程が省かれる事もあります。一方、「総入れ歯」の場合、噛み合わせの決定などが難しく、何度か試適を繰り返す場合があります。

入れ歯治療の基本的な流れ

(1)簡単な歯型取り
入れ歯を作るためには、粘膜の部分を精密に型取りする必要あります。その前段階として、既製のトレーを使って、おおまかな型取りをします。
歯科医院/技工所では、取った歯型を使って模型を作製し、精密な歯型を取るための、患者さん専用のトレー(個人トレー)を作製します。

(2)精密な歯型取り(前回の受診から5〜7日後)
作製した個人トレーを使って、精密な歯型を取ります。あわせて、噛み合わせの状態を型取りする事もあります。部分入れ歯の場合には、型取りをする前に、歯を削って、クラスプを引っ掛けるための溝をつくる事があります。
技工所では、取った歯型を使って精密な模型を作製し、模型を利用して床を作り、ロウ(ワックス)を持って、噛み合わせを記録するための「ロウ堤」を作製します。

(3)噛み合わせの決定(前回の受診から7〜10日後)
ロウ堤を装着し、噛み合わせの高さを決めるため、人工歯の位置や顎の位置などを記録します。小さな部分義歯など、精密に噛み合わせの高さを決める必要の無い場合には、この行程は省略する事があります。
技工所では、記録した位置に人工歯を並べ、歯ぐきの形態を仮にロウで作った「ロウ義歯」を作製します。

(4)ロウ義歯の試適(前回の受診から7〜10日後)
作製した「ロウ義歯」を、お口に装着し、歯の位置や形、噛み合わせ、安定性など、最終的なチェックを行います。問題があった場合には、ロウ義歯を再度作製し、再び試適を行います。
問題が無ければ、技工所では、入れ歯の仕上げにかかります。

(5)完成・装着・調整(前回の受診から7〜10日後)
入れ歯は完成となります。実際にお口に装着し、噛み合わせや安定性の確認を行い、お口に合うように細かい調整を行います。
最初の「簡単な歯型取り」から完成までは、およそ4週間程度となります。

(6)定期的な調整
新しい入れ歯を入れてから慣れるまでは、数週間かかります。最初は歯ぐきが擦れてしまって痛みが出る事や、うまく噛めない事もあります。入れ歯の完成から2〜5回は、調整をするために受診をする必要があります。
自分に合う入れ歯になってからも、定期的に受診が必要です。噛み合わせなどお口の状態は日々変化します。入れ歯を長期間使っていると、次第に合わない部分が出てくるので、1年に3回程度は、検診を受けるようにしましょう。

自費の入れ歯と保険の入れ歯、治療の流れの違い

ここまで入れ歯治療の基本的な流れについて解説してきましたが、自費の入れ歯の場合には、治療の流れが異なる場合があります。

(1)自費の入れ歯と保険の入れ歯の違い
保険の範囲内の入れ歯の目的は、最低限度、失った歯を補う事にあります。そのため見た目や装着感は、あまり重要視されません。決まった材料で、決まった作り方で作製されます。プラスチックで大部分が作られており、クラスプは金属で作られています。
一方、自費の入れ歯は、見た目や装着感も重視したものを作る事ができます。入れ歯の床部分に金属を使う事で、入れ歯自体を薄くし、装着時の違和感を少なくした「金属床義歯」や、クラスプを使用せず、見た目の美しさを重視した「ノンクラスプ義歯」などがあります。

(2)治療の流れの違い
自費の入れ歯のメリットは、材料を選べるだけではありません。設計も違い、入れ歯を製作するまでの手間や期間も変わってきます。ですから、前に説明した「入れ歯治療の基本的な流れ」よりも、手間と時間をかけて製作されます。例えば、自費の入れ歯を作る時、リハビリ用入れ歯を作製し、入れ歯の中に型を取る薬を入れて、食事をしながら型を取る方法を行う事があります。この方法では、実際の使用感をそのまま反映した精密な入れ歯を作る事が可能になります。自費の入れ歯は、手間をかける分、治療期間は長くなります。早くて3か月、長い方では8か月くらいかかります。その分、精密でより自分に合った入れ歯を作る事ができるというわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最後に入れ歯治療の流れをまとめたいと思います。
<入れ歯治療の基本的な流れ>
(1)簡単な歯型取り
(2)精密な歯型取り
(3)噛み合わせの決定
(4)ロウ義歯の試適
(5)完成・装着・調整
(6)定期的な調整
入れ歯を作るまでには、このようにいくつかの行程が必要となります。それでも、"自分に合う入れ歯"を作る事はとても難しく、保険内の入れ歯では、最低限度の治療しかできないため、装着時の違和感が大きい場合や、いくら調整しても使いにくい・痛みがでるという場合もあります。一方、自費の入れ歯では、見た目や装着感も重視したものを作る事ができ、手間や時間をかける事ができます。ですから治療は、保険内のものよりも時間をかけてより精密に行われます。治療期間は、早くて3か月、長い方では8か月くらいかかります。

PAGE TOP