お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

入れ歯にすれば、どんなものでも食べられますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

入れ歯にすれば、どんなものでも食べられますか?

歯を失ってしまった場合に、歯の機能を回復するための治療法として“入れ歯治療”があります。
入れ歯によって、噛む機能は回復されますが、残念ながら自分の歯と同じように噛む事はできなくなってしまいます。入れ歯にすると、食べにくいもの、食べられないものも存在します。
今日は、入れ歯にした場合、噛む機能はどの程度回復するのか、食べにくいもの食べられないものは何があるのか、詳しく解説していきたいと思います。

入れ歯の仕組みと噛む力

入れ歯は、大きく分けて2種類あります。歯の一部分を失った場合に使用する「部分入れ歯」と、歯の全部を失った場合に使用する「総入れ歯」です。上顎、下顎どちらかだけが、歯を全部失った場合には、片顎は部分入れ歯、もう片顎は総入れ歯の作りになります。

部分入れ歯

上下共に健康な歯が1本以上ある事が条件となります。歯を失った部分の歯ぐきの上に、部分入れ歯を直接置き、周囲の歯に「クラスプ」という金属のバネを引っ掛けて固定します。自分の歯が多く残っているほど、入れ歯は安定しやすくなり、噛む力も強くなります。
全て自分の歯が生えている人の噛む力を100%とした時、部分入れ歯の人の噛む力は30%から40%程度になります。

総入れ歯

全ての歯が失われた場合に用いる入れ歯です。歯は残っていないので、吸盤のように歯ぐきに密着させて固定すると共に、舌は頬の筋肉の力で入れ歯を抑え安定させます。
全て自分の歯が生えている人の噛む力を100%とした時、総入れ歯の人の噛む力は10%から20%程度と、かなり弱くなります。

入れ歯の方の食事の注意点

入れ歯になると、“噛む力”は、自分の歯だけで噛む場合と比べて弱くなる事がお分かりいただけたと思います。また、噛む力に弱くなる事に加えて、“噛み切る”事が難しくなると言われています。
入れ歯の方でも、多くのものを食べる事ができますが、美味しく安全に食べるためには、いくつか注意点がありますので紹介していきたいと思います。

食材の大きさに注意

調理をする時に、小さめに切ったり、隠し包丁を入れるなどして、噛み切りやすくする工夫が必要です。わかめやレタスなど、厚みが薄い食べ物も噛み切りにくく、食べにくいので注意しましょう。
ただし、みじん切りなど細かすぎるものも、口の中でうまくまとまらず、入れ歯と粘膜の間に入り込むなどして、食べにくくなります。始めのうちは、食材の大きさをイメージしづらいと思いますが、小さめを意識して調理し、徐々に食べやすい大きさを把握していきましょう。

食べ物の硬さに注意

入れ歯の場合は、自分の歯に比べて噛む力が弱くなります。噛み切りやす硬さに煮るなど、工夫をしましょう。
特に総入れ歯の場合、硬いものを前歯で噛むと、入れ歯が外れやすくなり、粘膜も傷つきやすくなるので、注意が必要です。

食べ物の温度に注意

特に総入れ歯は、大きな部分入れ歯の場合、入れ歯で覆われている粘膜部分が広いため、食べ物の温度を感じにくくなっています。やけどしやすいので、熱すぎる食べ物は、冷ましてから食べるように注意しましょう。

入れ歯の定期検診

自分の歯を失って入れ歯になると、定期検診を怠りがちになる事があります。「どうせ自分の歯じゃないんだから」と考えてしまう気持ちもわかりますが、入れ歯を長く使い、美味しく食事をするためには、定期検診が必要です。また、まだ残っている自分の歯がある場合には、その歯の寿命を長くするためには、定期検診をきちんと受ける事が大切です。
お口の状況は日々変化します。入れ歯を支えている顎の骨の形も変化していますし、入れ歯も使っているうちに擦り減って噛み合わせが狂い、入れ歯が合わなくなってきます。
合わないままの入れ歯を使い続けると、上手く噛み合なくなってきて、食事がしづらくなってきます。入れ歯の場合も、必ず定期検診を受け、定期的に入れ歯の調整をするようにしましょう。

自費治療で作製する入れ歯

入れ歯は、保険内で作製する入れ歯と、自費治療で作製する入れ歯があります。保険内の入れ歯は、主にプラスチック素材でできており、部分入れ歯のクラスプは金属でできています。これらの材料は割れやすいため、入れ歯にある程度の厚みが必要となります。装着時の違和感が大きく、熱を伝えにくいため、食事を美味しく感じないという人も居ます。

自費で作製する入れ歯は、金属やシリコンなど様々な材料を使う事ができ、作製方法も決まりが無いため、精密に作製する事ができます。噛んだ時の違和感が少なくなり、硬いものも噛みやすくなります。保険内の入れ歯の使用感に長年お悩みの場合は、自費の入れ歯を検討するのも一つの方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯を失っても、入れ歯によって、噛む機能は回復しますが、自分の歯と同じように食事ができるわけではありません。「食材の大きさ」「食べ物の硬さ」「食べ物の温度」に注意した調理の工夫が必要となります。特に、入れ歯を装着したばかりの頃は、なかなか慣れないものです。新しい入れ歯で食事をする場合、総入れ歯の場合では、満足に噛んで食べられるようになるには、1〜2か月はかかると言われています。入れ歯を作製したら、軟らかいものから、少しずつ慣らしていくようにした方が良いでしょう。

PAGE TOP