お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

インプラントに保険が適用されることがあると聞きました。詳しく教えてください|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

インプラントに保険が適用されることがあると聞きました。詳しく教えてください

インプラントは、基本的には保険適用外になります。ただし、広範囲にわたって顎の骨を失ってしまった場合など、国の定める条件を満たせば、例外として保険が適量される事があります。今回は、インプラント治療費の仕組み、またインプラントが保険適用となるケースや、支払い負担を減らすポイントなど、詳しく解説したいと思います。

治療費の仕組み

保険診療と保険外診療

保険診療は、誰でも同じ費用で、病気の部分を最低限治療するシステムです。歯科では、悪くなった歯を噛めるようにする事を目的としています。治療方法や回数、治療材料に制限があります。
一方、保険外診療は、治療の必要な歯や健康な歯に対して、見た目や噛む機能の向上を目的とした治療を行う事ができます。治療方法や材料の選択肢が豊富で、見た目の美しさや噛む機能を追求した、最新の治療を受ける事ができます。

インプラントの治療費用

インプラント治療は、歯を失ってしまった場合に、顎骨に人工の歯根を埋め込み、歯の機能を回復する治療方法です。
歯を失ってしまった場合の治療は、他に入れ歯治療やブリッジ治療があります。入れ歯やブリッジには、保険が適用となる方法がありますが、インプラントにはありません。インプラント治療は、より機能性や審美性を高めた最新の治療になるため、保険が適用外となるのです。

インプラントの治療費は、1本あたり30万円〜50万円が相場となります。自費治療の場合は、歯科医院ごとに費用を設定できるため、費用に幅があります。歯科医院に直接問い合わせるか、ホームページ等で確認をするのが良いでしょう。

インプラントが保険適用となるケース

保険が適用となるケースは非常に限られています。事故や病気、また生まれつき、顎の骨の大部分を失ってしまった場合、保険適用内でインプラント義歯治療が可能となります。インプラント義歯とは、インプラントを支台として、その上に義歯(入れ歯)を装着する治療の事を指します。通常の入れ歯と比較して、入れ歯が安定するため、装着時の不快感が少なく、安定して使用する事ができます。

保険適用でインプラント義歯治療が受けられるケース

・ 腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気、事故の外傷などにより、広範囲にわたり顎の骨を失ってしまった場合(顎の骨の1/3以上の欠損・上顎洞や鼻腔と繋がっているケース・腫瘍になどによって切除したケースなど)
・ 医師により先天性疾患と診断され、顎の骨の1/3以上が連続して欠損している場合
・ 顎の骨の形成不全
以上のように、適応は細かく定められています。歯周病や加齢による顎骨の吸収など、一般的なケースは適応となりません。

施術可能な歯科医院

この治療を受けられる病院は限られています。入院用の別途が20床以上ある歯科またが口腔外科であることなど、国が定めたいくつかの条件がありますので、一般の歯科では、現状受ける事ができません。ただし、一般歯科でも相談をする事は可能ですので、治療内容の疑問は、お近くの歯科医院で相談してみましょう。

インプラント治療費の支払い負担を減らすポイント

インプラントの治療費は高額になりますが、医療費控除を受けたり、支払い方法を分割にする事で、負担を減らす事ができます。

医療費控除を受ける

医療費控除は、自分自身や家族のための1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、所得税が減額される制度です。インプラントもこの医療費に当てはまります。
税務署へ確定申告をする事で、治療費の一部が戻ってきますので、確認しておきましょう。

分割やデンタルローンでの支払い

1本30万円上する治療費は、一括で支払うのは難しい事も多いでしょう。歯科医院によってはクレジットカード支払い、分割払いなど、支払い方法を選択できる場合があります。デンタルローンに対応している歯科医院もありますので、一度歯科医院に相談してみましょう。

インプラント治療のメリット

ここまでの説明を聞くと、「インプラントが高額だから、検討しづらい」と感じるかもしれませんが、インプラント治療には、保険適用の入れ歯やブリッジにはないメリットが数多く存在します。

・ 顎の骨にしっかりと固定するため、違和感が無い
顎の骨に直接人工歯根を埋め込むため、自分の歯のように使う事ができ、異物感などの違和感がありません。

・ 噛む力を回復する事ができるので、固いものも食べられる
自分の歯と比べて、インプラントの噛む力は80%程度です。入れ歯の場合は、30%程度である事と比べると、自分の歯に近い噛み心地にまで回復できる事がわかります。

・ 周囲の歯を削る必要が無い
ブリッジのように、周りの歯を削る必要がありませんし、周囲の歯に負担もかかりません。

・ 見た目が自分の歯のように自然
見た目が美しく自然です。自分の歯と同じような見た目で、周囲に人工の歯である事が気付かれないほどです。

このようにインプラントには、入れ歯やブリッジには無いメリットがあります。費用が高額になるという面を除けば、メリットの多い治療方法だと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。インプラントは基本的に、保険適用外になります。保険が適用される事もありますが、非常に少ないです。事故や病気、また生まれつき、顎の骨の大部分を失ってしまった場合などで、条件が定められています。
通常は、保険適用外となるため、1本30万円程度〜と高額になりますが、医療費控除を受けたり、支払い方法を分割にする事で、負担を減らす事ができますので、歯科医院に相談してみると良いでしょう。

PAGE TOP