お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

インプラント治療後、日常生活で何か注意点はありますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

インプラント治療後、日常生活で何か注意点はありますか?

インプラント治療は、歯を失ってしまった場合に、顎骨に人工歯根を埋め込む治療法です。自分の歯のような使用感を取り戻す事ができます。
今回は、インプラント治療後に日常生活で注意するべき点について、治療直後の注意点と治療1週間後以降の注意点に分けて、具体的に解説します。

インプラント治療直後の日常生活の注意点

インプラント手術直後は、まだしっかりと傷口がふさがっていません。何らかしらのきっかけで傷口が開いてしまう事や、細菌感染を起こしてしまうリスクがあります。インプラント治療直後は、術後の回復がスムーズにいくよう、日常生活でいくつか注意点があります。

食事

治療後2〜3日程度は、なるべく噛まずに食べられるような食事内容にしましょう。スープや豆腐、お粥、ヨーグルトなどがおすすめです。普段はあまり硬いと感じない食べ物でも、手術後は痛みが出るなど、歯に影響を与えてしまう事があります。なるべく患部と反対側の歯を使って食事をするようにしましょう。

また、刺激強い飲食物やアルコールは、痛みや腫れの原因となる事があります。「辛いもの」「熱いもの」「香辛料の強い飲食物」「アルコール飲料」は避けるようにしましょう。

歯磨き

手術直後は、傷口から雑菌が入りやすくなっています。歯ブラシが傷口に当たらないように注意して磨きましょう。
だからといって、歯磨きをしないのはいけません。口の中に汚れが溜まって不衛生になると、傷口に炎症を起こしてしまう事があります。患部を避けて歯磨きをする必要はありますが、その他の部分は丁寧に磨き、食後はお口をゆすぐなどして対応しましょう。

安静に過ごす事

手術後2〜3日は、痛みや腫れが出やすく、傷口から出血しやすくなっています。血流が良くなると、痛みや腫れ、傷口からの出血が起こりやすいので、安静に過ごすようにしましょう。
激しい運動を避け、入浴は湯船に浸からずにシャワー程度にしましょう。

インプラント治療1週間後の以降の日常生活の注意点

インプラント治療後、1週間ほど経つと、傷口は落ち着いてきます。しかし、傷口が塞がっても、インプラント体がしっかりと顎骨と結合するまでには、2〜3ヶ月の時間を要します。それまでは、インプラントに負荷がかからないように注意しましょう。

食事

a.術後1週間程度
バナナやイチゴなど、あまり噛まなくて良いものであれば、スムーズに食べられるようになってきます。腫れや痛みも落ち着いてきますので、食事もしやすくなりますが、急に固い食べものや噛み応えがあるものを食べるとインプラントに負担がかかりすぎますので、注意しましょう。

b.術後2〜3か月
傷口が塞がった後も、まだ安心はできません。インプラント体が顎の骨としっかりと結合するのには、個人差がありますが2〜3か月かかります。それまでは、インプラントを埋入した所に負担をかけないように、固い食べ物は控え、うどんなど徐々に柔らかいものから慣らすようにしましょう。

歯磨き

傷口が塞がれば、通常通りに歯磨きをして構いません。インプラント周囲に汚れが溜まったままになると、「インプラント周囲炎」の原因になります。インプラント周囲炎は、インプラント周囲に起こるいわば“歯周病”です。
進行すると、インプラント周囲の歯槽骨が破壊され、インプラントが抜け落ちてしまう事があります。

インプラントは、天然の歯と比較して細菌抵抗力が弱いので、炎症が進行しやすい傾向にあります。インプラント治療後は、今までより一層のケアが必要です。歯科医院でブラッシング指導を受けて、正しい歯磨きを実践しましょう。

喫煙について

喫煙は、毛細血管を収縮させて血流を悪くし、傷の治りを遅らせてしまいます。また喫煙の影響で、インプラントが骨に結合しづらくなることがわかっています。少なくとも、インプラントが骨と結合し、被せ物を取り付けるまでの治療期間は、禁煙するようにしましょう。

・喫煙とインプラント周囲炎
喫煙は、インプラント周囲炎のリスク要因にもなります。喫煙によって、インプラントの寿命を縮めてしまう事になります。多くの歯科医院では、インプラントを希望する方に、禁煙を勧めています。禁煙は簡単な事では無いと思いますが、インプラントを希望する場合には、喫煙習慣を見直してみましょう。

異常を感じたら早めに受診

先ほども言いましたが、インプラントを埋入してから、インプラント体が骨と結合するまでには、およそ2〜3か月かかります。「インプラントが動く」「インプラントが痛む」「腫れが引かない」などの異常を感じたら、早めに受診することが大切です。治療後しばらくの間は、注意しておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。インプラント治療後は、食事内容や生活週間など、日常生活でいくつかの注意点があります。最後にまとめると次のようになります。

<インプラント治療直後の日常生活の注意点>
・ 治療後2〜3日程度は、なるべく噛まずに食べられるような食事にする
・ なるべく患部と反対側の歯で噛む
・ 刺激強い飲食物やアルコールは避ける
・ 患部を避けて丁寧な歯磨きとうがい
・ 安静の過ごす

<インプラント治療1週間後の以降の日常生活の注意点>
・ 急に固い食べものや噛み応えがあるものは食べず、徐々に慣らしていく
・ 毎日の丁寧な歯磨き

インプラント治療は、長い治療期間になります。治療が終わるまでは、日常生活の注意点守って過ごしましょう。またインプラント治療にとって、喫煙は悪影響が大きいです。治療を検討する場合には、喫煙習慣を見直してみましょう。

PAGE TOP