お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

なぜインプラントなのに歯周病になるのですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

なぜインプラントなのに歯周病になるのですか?

インプラントでも歯周病になることがあります。
「歯周病」は、歯肉・歯槽骨・歯根膜といった歯周組織に起こる病気です。インプラントは人工歯ですが、周囲の歯周組織は天然の歯と同じですから、歯周病になる事があるのです。インプラント周囲に起こる歯周病の事を「インプラント周囲炎」と言います。
今回は、インプラント周囲炎がどうして起こるのか、また進行や予防方法について詳しく解説します。

インプラントとインプラント周囲炎

インプラントは、歯を失ってしまった時に、顎の骨に人工歯根を埋め込んで、新しい歯を作り出す治療法です。自分の歯を同じように使用する事ができます。インプラントは人工歯なので、虫歯になる事はありませんが、歯周病と同様の「インプラント周囲炎」になる事があります。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎は、インプラントの周囲に起こるいわば「歯周病」です。最初は、周囲の歯ぐきが少し腫れている程度ですが、進行すると、インプラントを支えている歯槽骨にまで炎症が広がり、インプラントの脱落を招く事があります。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎は、歯周病菌による感染症です。天然の歯で起こる歯周病と発生の原理は同じです。インプラント周囲炎の発症には、原因菌である歯周病菌の存在に加えて、生活習慣やお口の中の環境、全身疾患などの要因が影響します。

インプラント周囲炎のリスク要因

生活習慣、お口の中の環境、全身疾患において、様々なリスク要因が存在します。

a. 生活習慣
喫煙習慣、ストレス、不規則な生活、甘いものや柔らかいものは多い食習慣、栄養の偏りは、インプラント周囲炎を発症するリスクを高めます。喫煙習慣は、インプラント周囲炎のリスクが高く、インプラントと顎の骨が結合するのを妨げて、インプラントの失敗を招く可能性もあります。インプラントを希望する方は、禁煙する事をすすめます。

b. お口の中の環境
口呼吸や歯ぎしりの癖、歯石の沈着、悪い噛み合わせは、歯周病のリスクを高めます。インプラントの不具合や、噛み合わせの歪みは、自分では気が付きにくい問題です。定期的に歯科医院を受診し、お口の中の状況をチェックしてもらう事が大切です。定期検診と合わせて、歯石の除去や磨き残しの汚れをクリーニングしてもらうのが良いでしょう。

c. 全身疾患
糖尿病や骨粗鬆症は歯周病のリスクが高くなると言われていま。また、降圧剤や向精神薬等を服用している方は、副作用で唾液の分泌が減少するため、お口の中が不衛生になりやすく、細菌が増えやすいので注意が必要です。全身疾患の状態によっては、インプラント治療を行うことができない場合もあります。治療前に歯科医師とよく相談が必要です。

インプラント周囲炎の進行と症状

インプラント周囲炎は、痛みなどの自覚症状が少ないまま進行していきます。気が付いた時には、歯槽骨の破壊が進み、インプラントを残せない状態になってしまう事もあります。インプラント周囲炎の進行と、その症状について解説します。

インプラント周囲粘膜炎

いわゆる「歯肉炎」の状態です。炎症は歯ぐきに限局しています。まだ歯槽骨の破壊は進んでいません。この段階できちんと治療を行えば、粘膜の炎症は治まり、元の状態に戻すことができます。

インプラント周囲炎

インプラント周囲粘膜炎の炎症を放置していると、歯槽骨が溶け始め「インプラント周囲炎」になります。進行し、骨の破壊が進むと、インプラントは支えきれなくなり、抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎と天然歯の歯周病の違い

インプラント周囲炎は、天然歯周囲で起こる歯周病と比較して、進行が早いという特徴があります。天然歯には、歯と歯槽骨との間に「歯根膜」という組織があります。歯根膜は、血液を通っており、栄養供給の役割を果たしているため、天然歯は抵抗力を備えることができます。しかし、インプラント周囲には「歯根膜」は存在しません。インプラント体と歯槽骨は、直接結合しているため、天然歯よりも抵抗力が弱く、歯周病菌に感染しやすいのです。

インプラント周囲炎は予防が大切!

インプラント周囲炎は、罹患してしまうと、あっという間に進行していきます。痛みなどの自覚症状が現れにくいため、気が付かないまま放置してしまう事もあるでしょう。

インプラント周囲炎は、予防が大切です。インプラント治療は、インプラントが入ったらそれで終わりではありません。使い続けるためには、定期検診・メンテナンスをきちんと受け、インプラント周囲炎を予防し、異常が見られる場合には、できるだけ早く治療をする事が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。インプラントは人工歯ですが、周囲の粘膜に炎症を起こす「インプラント周囲炎」になる事があります。「インプラント周囲炎」は、インプラント周囲に起こる「歯周病」です。インプラント周囲炎は、進行するとインプラントの脱落を招く事もある深刻な病気です。インプラント周囲炎の発症・進行を予防するために、インプラントの定期検診・メンテナンスをしっかりと受けるようにしましょう。

PAGE TOP