お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

義歯(入れ歯)|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

義歯(入れ歯)

歯を失ったら補う事が大切です

虫歯や歯周病といったトラブルや事故などによって歯を失ってしまった場合、特に奥歯のように目立たない箇所では「治療が面倒だから」といってそのままにされる方がいます。
それが1本であっても、ぽっかり空いたスペースをそのままにすることは、口腔内環境のトラブルを招く原因になりかねません。

歯を失ったスペースが空いていると…

  • お口のケアがしにくくなり、虫歯や歯周病を招きやすい
  • 隣り合った歯が倒れ込んできてしまい、歯並びが乱れることがある
  • 失った歯と噛み合っていた歯が伸びてくることがある
  • 噛み合わせが乱れ、それによって身体が歪み、肩こりや顎関節症を招きやすい

上のように、歯を失くしたままにしておくことは、様々なトラブルを招く原因となります。
1本でも歯を失ってしまったら、歯を補って機能を回復させる補綴(ほてつ)治療を受けましょう。
当院はで、補綴(ほてつ)治療の中でも歴史的に長く、現在でも多くの方が利用される「入れ歯」をおすすめしています。

入れ歯が合わない、痛い、こんな我慢をしていませんか?

口腔内環境は常に変化していますので、はじめはお口に合わせて作られた入れ歯でも、時間とともにズレ、痛みが生じ、うまく噛めなくなってしまうことがあります。
そのような違和感があった場合、仕方ないと諦めずに一度当院へご相談ください。
新しい入れ歯を作ることはもちろん、入れ歯の調整や修復もしております。

こんなお悩みやご要望がある方は当院へご相談ください

  • 入れ歯で噛んだときに、痛い
  • 入れ歯でしっかり噛めない
  • 食感や温度を楽しめる入れ歯が欲しい
  • 入れ歯で噛んだときに口が痛い
  • もっと品質の良い入れ歯が欲しい
  • 入れ歯が壊れてしまったので、使ってない

本当に噛める入れ歯を動画で御覧ください。

当院での入れ歯作成の流れ。

—1回目 型とりー

お口の中に印象材という柔らかい素材を入れて、型を取っていきます。 この時、重要なポイントは歯ぐきの型を取っているのではなく、その下にある顎の骨の型を取っています。 一般的にはアルギン酸という素材でできた印象材を使用しますが、顎の骨が大幅に減っているばあいや患者さんご自身がご希望された場合には、自由診療になりますがシリコンを素材とする印象材を使うこともあります。シリコンの印象材はより正確に顎の骨の型を取ることができます。

—2回目 かみ合わせの高さを決めるー

この段階ではロ-堤と呼ばれるワックスでできた未だ歯が入っていないかみ合わせを決めるための技工物を使います。 専門用語で顔貌といいますが、お顔を正面から見たときの様子でかみ合わせを判断していきます。 ロー堤を削ったり足したりしながら、口元や前歯の位置、その他に表情筋の動きなどをチェックしていきます。

—3回目 人工歯を並べて見た目と咬み合わせをチェックー

2回目で作成したロー堤に最終的に装着する人工歯を埋め込んで更に咬み合わせと審美性(見た目)のチェックを行っていきます。

必要があれば人工歯を調整し、笑ったときの顔やそれ以外の表情が不自然でないかを見ていきます。 またこの段階では入れ歯の安定感チェックポイントとなり、噛んだときに違和感が無いかなどもお伺いしていきます。

—4回目 微調整をして入れ歯の完成—

調整したロー堤防を元に、この段階では最終的に用いるレジン(樹脂)で固められた入れ歯を使って調整をしていきます。 どんなに精巧に作ってもミクロンの単位でのズレはどうしても出てしまいますので、実際に装着感を見ていきながらの調整を行います。歯ぐきを傷つけたり舌を傷めることのないよう何度も調整をすることもあります。

入れ歯を作られた経験のある方はご存知かもしれませんが、入れ歯において最も大切なポイントは「違和感なくきちんと噛めるか」ということです。

入れ歯の違和感が生まれる大きな要因は、大きく分けて3つあります。

  1. 入れ歯自体の大きさ
  2. 人工歯の位置
  3. かみ合わせの高さ

いれば自体が大きすぎても他の部分に干渉しますし、逆に小さすぎるとお口の中で動いてしまい安定しません。 また人工歯の位置は口の中にある様々な筋肉と個人差のある舌の動きを邪魔していないことが条件となります。 かみ合わせの高さは上記の2回目で紹介している調整をいかに細かく正確に行うかにかかっています。

以上のようなポイントをきちんと抑えた工程を踏まえつつ、何よりも患者さんのご希望を反映した入れ歯づくりを行うことで、長く安全にしっかりと噛むことのできる入れ歯が完成します。

保険の入れ歯に抵抗がある方へ~自由診療の入れ歯について~

保険診療で作成する入れ歯は噛む・話す機能の修復を目的としており、食事の楽しさや見た目についてこだわりのある方にはご満足いただけないこともありますが、インプラント治療はしたくないという方もいらっしゃいます。そのような方にご紹介したい自由診療で作成できる入れ歯をご紹介します。

金属床義歯

金属床義歯は、歯茎に触れている「床」と呼ばれる部分に金属を使った入れ歯です。保険の入れ歯は床の部分が樹脂(ブラスチック)で作成されていますが、この部分に金属を用いることによって様々なメリットが得られます。

とても薄く作る事ができる。

プラスチックの入れ歯は強度を保つために厚みを持たせて作らなければならず、厚くした分だけお口の中では違和感へとつながります。金属を用いることで薄くても高い強度が得られるため、装着時の違和感をより少なくできます。

食べ物の温度が分かる

金属は熱伝導性に優れているため、お口の中で歯ぐきや周りの組織に温度をしっかりと伝えてくれます。食事の味わいや楽しさには温度はとても大きく関係しており、プラスチックの入れ歯と比べて食事が美味しく感じられます。

プラスチックの入れ歯に比べ割れにくい。

プラスチックだけの入れ歯は、長く使うことで劣化が進み、ときには割れてしまうことさえあります。金属の素材を用いた入れ歯では高い強度が得られるため、使用中に割れる心配がありません。

金属床義歯で使われる金属について

金属床義歯には、「ゴールド」「コバルトクロム」「チタン」などが用いられます。この中でもチタンは生体親和性が高く、体がアレルギー反応を起こす可能性が限りなく低い医療用金属素材です。また重量も軽く、お口の中でも軽快に使用することができます。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯は、自分の歯と入れ歯に保定用の装置を取り付けて固定する入れ歯です。先人では特にマグネットデンチャーというタイプが人気となっています。

マグネットデンチャーは入れ歯を安定させるために磁石を使っており、残っている自分の歯やインプラントに磁石を入れて、入れ歯側の磁石とくっつくようにして使います。簡単に取り外しができるのに、安定剤などを使わなくてもお口の中でずれることがないのも人気の理由です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、プラスチックの特性を用いたタイプの入れ歯です通常部分入れ歯などは金属の爪を残っている歯に引っ掛けることで入れ歯を固定しますが、これは支えとなる歯を傷めてしまう可能性があります。

ノンクラスプデンチャーでは爪となる部分をプラスチックで作ることによって、歯に負担を与えず、また見た目も目立ちにくくなります。このタイプは総義歯(すべての歯を入れ歯にする)ではなく、比較的部分入れ歯などで活躍します。

どのように入れ歯を選べばよいのか

入れ歯を選ぶ際、とても悩まれるかと思います。また合わない入れ歯を無理して使ってこられた方も少なくないでしょう。入れ歯はきちんと選んで丁寧にメンテナンスをすれば、体に負担をかけずに使える最高のパートナーとなってくれます。肝心なのは諦めてしまわないこと。特に食べることを諦めてしまうと、気分もきっと落ち込んでしまいます。

自分にはどのような入れ歯があっているのか、今の入れ歯は自分に合っているのかなど、どんなことでも構いませんので私たちに聞かせてください。

周囲の方へのお願い

入れ歯はご本人から違和感を訴え、ご相談いただけるケースはそう多くはありません。周囲の方が目を配り、特にご家族の方から「入れ歯が合っているか見てあげてほしい」とご案内を受けるケースも多くあります。

ご本人も気づかないうちに我慢をしてしまったり、違和感に慣れてしまったりすることもありますので、是非周りの方から声をかけていただいたり、一度私たちに見せていただくだけでも、快適な生活をサポートできるかもしれません。 当然無理な入れ歯交換をオススメすることはありませんので、よろしければ当院までご相談ください。

PAGE TOP