お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯周病|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯周病

歯を失ってしまう原因第一位の「歯周病」に要注意!

お口の病気と言えば虫歯というイメージが強いですが、実は歯周病が原因で歯を失うことの方が多いのです。

歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌が毒素を出すことで、歯ぐきに炎症を起こすことから歯周病は始まります。 初期症状では気づきにくく、異常に気づいた時にはかなり進行していることも少なくありません。 進行すると歯を支える骨(歯槽骨)のほとんどが溶かされてしまい、歯を支えきれず抜け落ちてしまいます。

現在、日本人の成人のうちおよそ80%が歯周病、または歯周病予備軍と言われています。免疫力の低下がはじまる30代前後からは、特に注意が必要です。

歯周病の症状と治療法

歯周病治療は歯周病菌が潜む歯垢(プラーク)と、歯垢(プラーク)が付着する歯石の除去が基本です。さらに症状の進行度合いによって処置の方法や範囲は異なります。 その目安となるのが歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さです。当院では患者様の症状に応じた治療をしています。

軽度歯周病

歯ぐきが腫れ、炎症を起こしています。 冷たいものがしみたり、口臭がでやすくなったり、歯みがきの際に出血しやすくなります。

歯周ポケットの深さ ———–3〜4mm程度

歯みがき指導 患者様の口内環境に合った正しい歯みがきの仕方を指導します。 ※歯みがきは歯科医院の治療と合わせて行う日々のケアです。継続して指導します。 スケーリング 歯みがきだけでは除去できない頑固な歯垢や歯石は、「スケーラー」という器具を使用して取り除きます。

中等度歯周病

舌で歯を押すとグラついて歯が少し浮いているような感じがあります。 歯ぐきの腫れや出血、口臭がより強くなります。

歯周ポケットの深さ ———–6mm程度 ルートプレーニング 「キュレット」という器具を使用し、スケーリングでは届かない歯周ポケットの奥深くの歯垢や歯石を除去します。 さらに、スケーリングをした後のザラザラした歯の表面をなめらかにして汚れが再付着するのを防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術 局所麻酔を施し、歯周ポケットの歯垢や歯石、膿、感染した組織を取り除きます。

重度歯周病

舌で歯を押したときのグラつきが大きくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出します。そのため歯が長く見えます。 歯と歯ぐきの境目から膿が出て、口臭もひどくなります。最悪の場合、歯が抜け落ちることがあります。

歯周ポケットの深さ ———–8mm程度(非常に深い) フラップ手術 局所麻酔を施し、歯ぐきを切開して顎の骨からはがし歯根を露出させます。 歯根に付着している歯垢、歯石、感染した組織を除去します。

エムドゲインによる再生療法。

当院ではエムドゲインを使った歯周病の治療も行っております。 エムドゲインは歯周病によって溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる薬です。 エムドゲインの主成分は「エナメルマトリックスデリバティブ」と呼ばれる、豚の歯胚組織からつくられたタンパク質の一種です。 この薬は骨を再生させるスピードが早いため、余計なものが入り込む前に、歯を再生させます。

歯を再生させることによる、最大のメリットは適切なブラッシングがしやすくなることです。 それによりプラーク(歯石)が溜まりにくくなり、歯周病の進行や再発のリスクを低減させることができます。

また歯周病によって顎の骨が溶け、歯茎が溶かされてしまうと歯が長く見えてしまい、見た目に悪影響を与えてしまうケースが多くあります。 ですがエムドゲインにより顎の骨を再生すれば歯茎も見た目の問題も改善されます。

エムドゲインを使い治療をしたとしても、それで歯周病が完治するわけではなく、正常な歯周組織を取り戻すには数ヶ月〜1年程度の時間がかかります。 歯周組織の再生速度には個人差があり、せっかく治った歯周病を再発させないためには、歯や歯の周りを清潔に保つことが重要です。 そのため術後も、歯の衛生状態を定期チェックするために、定期的な来院を推奨しております。

歯周病の治療は、お客様の病状、進行度によって治療プランが変わってきます。適切な治療には患者様とのコミュニケーション、日々のケアやブラッシングの指導が欠かせません。

歯周病は軽度であれば、日々の生活を改める事により多くのケースでかなり改善することが可能です。もしも歯周病についてお悩みや、ご相談があれば早めにご相談ください。

これまで虫歯になったことがない方へ

虫歯菌と歯周病菌はお口の中で共存することがお互いに苦手で、虫歯になりやすい人は歯周病になりにくく、歯周病になりやすい人はむし歯になりにくいという報告もあります。 (※もちろんむし歯と歯周病に同時になってしまう方もいます。) 歯周病については、特にこれまで虫歯になったことが無い方や、過去に治療をしていても長く再発しておらず、 歯医者さんに行っていない方は歯周病リスクが高い可能性があります。 歯周病の原因となるプラークや歯石は目に見える部分だけではなく、歯と歯茎の間にも付着していきます。歯ぐきの中はなかなか歯ブラシが届かず、 届いても汚れを落としきることは難しいでしょう。

また歯石はその元となるプラークが付着してから、約48時間でできてしまいます。つ まり食事でついた汚れは48時間以内に取り除かなければ歯石に変わって歯ブラシでは取れない状態になってしまうのです。

歯ぐきの中の歯石を取るには

歯ぐきの中にはどうしても汚れが溜まりやすく、歯科医院で専門的なケアを受け、毎日丁寧なブラッシングをしている方でも3ヶ月ほどで歯ぐきの中に歯石ができてしまいます。

歯と歯茎の間にできる歯石は「縁下歯石」と呼ばれ、これは専用の器具でなければ取ることができません。 この縁下歯石を取り除くことも、歯科医院で定期的に検診とクリーニングを受けたほうが良い理由の一つです。

ご自身で行うケアを丁寧に継続していただくことも大切ですが、定期的にプロのチェックとケアを受けて、毎日の歯ブラシの効果を最大限引き出してあげましょう。 歯を失ってしまう原因第一位の「歯周病」に要注意! お口の病気と言えば虫歯というイメージが強いですが、実は歯周病が原因で歯を失うことの方が多いのです。

歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌が毒素を出すことで、歯ぐきに炎症を起こすことから歯周病は始まります。 初期症状では気づきにくく、異常に気づいた時にはかなり進行していることも少なくありません。 進行すると歯を支える骨(歯槽骨)のほとんどが溶かされてしまい、歯を支えきれず抜け落ちてしまいます。

現在、日本人の成人のうちおよそ80%が歯周病、または歯周病予備軍と言われています。免疫力の低下がはじまる30代前後からは、特に注意が必要です。

PAGE TOP