お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

保健でできる歯周外科治療|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

保健でできる歯周外科治療

なぜ歯周病で骨がなくなるのか

まず、食べ物の残りかすが歯の表面にくっつくと、細菌の住処となって歯垢となります。この歯垢が唾液の中にあるカルシウムと結合すると、固くて取れにくい歯石となります。歯石そのものは細菌の死骸とカルシウムでできていますが、表面がザラザラしているためそこに新しい細菌が付着していきます。

すると細菌が毒素を出し続け、体の免疫機能は自分自身を守ろうとします。そのため、歯を支える骨は炎症から逃げようとします。ところが、歯石やプラークは唾液だけでは簡単には取り除く事ができません。そのため、歯を支える骨が溶けていきます。これを専門用語で「骨吸収」といいます。一般的に歯周病で骨が減る理由は、この骨吸収という体の免疫作用によるもので、人によりその進行速度や反応の大小には大きな差があります。

ここでは5つの段階に分けて、歯周病を解説します。

歯周病の進行過程

健康な状態

歯と歯ぐきの間には1〜2mm程度のすき間があります。歯肉は健康なピンク色です。

歯肉炎

歯垢(プラーク)がたまった状態を放置すると、歯ぐきに炎症が起き、2〜3mmのすき間ができます。歯肉に炎症がありますが、まだ歯槽骨は溶けていません。

歯周炎(軽度)

歯ぐきの炎症がひどくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入。歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめます。

歯周炎(中度)

炎症がさらに拡大し、歯槽骨も半分近くまで破壊が進み、歯がぐらつきはじめます。

歯周炎(重度)

歯槽骨が半分以上破壊され、歯はぐらぐらになります。

歯周病の治療方法

基本治療

まず、衛生士がポケットの深さや歯肉からの出血の有無、動揺度を調べて歯周病の進行の程度を把握します。それから、原因である歯垢及び歯石の除去、歯の根面の滑沢化、ぐらぐらする歯のかみ合わせの調整などを行います。歯垢の除去をプラークコントロールと言いますが、これは当院でブラッシング指導を行いますのでご自宅でのセルフケアになります。

スケーリングは歯の表面や歯根の表面に付いている歯垢歯石を器械で取り除くことです。ルートプレーニングは歯の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法です。多くの場合スケーリングと同時におこなわれます。

これら基本治療により歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)に維持されれば定期健診になります。基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない場合や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行うこともあります。ポケットが改善されれば定期健診に移行します。

歯周病チェックリスト(チェックボックス)

当院へ歯周病の相談にいらっしゃる方の多くは、口臭、出血、歯の動揺(グラグラする)のいずれかをご相談にいらっしゃいます。チェックリストを使って、ご自身の歯周病進行度を確認してみましょう。

思いあたる症状をチェックしましょう!

※上記の項目3つあてはまる
油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。

※上記の項目6つあてはまる
歯周病が進行している可能性があります。

※上記の項目全てあてはまる
歯周病の症状がかなり進んでいます。

保険でできる歯周外科治療(リグロス)

リグロスは世界ではじめての歯周組織再生医薬品です。歯周病によって骨が減ってくると、歯の下にある歯根膜という部分が下がってしまいます。歯根膜とは、歯と顎の骨をくっつけて支える役割をしています。歯根膜が下がることで、顎の骨と歯とのつながりが弱くなり、結果として歯がグラグラし、最後には抜けてしまうことになります。

リグロスは、下がってしまった歯根膜を誘導し、残ってる周りの骨に近い状態に戻す効果がある新しい薬剤です。歯周病によって減ってしまった骨は、なるべく早いうちに処置を施すことが効果的です。治療後、一年ほどかけて骨を再生していきますが、その間にも丁寧なブラッシングや検診は欠かせません。

患者さんの負担が減りました。

そしてリグロスの最大の特徴は保険適応という点です。これまで重度の歯周病を外科的処置で治療しようとした場合、大掛かりな準備と費用が必要でした。しかし、リグロスが保険適応となったことで、患者さんの負担は大幅に軽減されました。

歯周病が全身に及ぼす影響

まとめ

最後に患者様からの疑問をまとめてみました。

歯周病の治療にはどれくらいの期間がかかりますか?

程度にもよりますが、普通歯周病の進行程度が初期の場合衛生士のブラッシング指導と歯垢・歯石の除去を行っていけば1~3か月程度で良くなります。中等度から重度になると4~6か月場合によってはそれ以上かかることもあります。

歯周外科手術が怖いのですが。

やはり、歯肉を切るというと怖いのは当たり前だと思います。麻酔をかけて手術をするので痛みもありませんし、術後もあまり痛みは出ません。なぜ、手術が必要かと言いますとポケットが深いとそこに付いている歯石を完全に取ることができません。そこで、歯肉を切って開いて直接見ることによって完全に除去することができます。歯石が残っていると歯肉の炎症が引かないばかりか、そこから歯周病が進んでいきます。

しかし、それでも手術は怖いという方もいらっしゃると思います。そのような方は定期的なケアで見守りながら、なるべく進行が進まないようにしていきます。 歯周外科手術のことを書いたので、歯周病の人はほとんどの人が手術をしなければならないように思われるかもしれませんが、実際は逆で手術が必要な方は少ないです。

理由としては、患者様自身でのケアがきちんとできていないと、手術をしてもすぐに歯に汚れがついてしまいすぐに歯周病になってしまうので、ご自身でのケアができない方には手術ができません。またご自分できちんとケアができていればほとんどの歯周病は改善されるので、手術の必要がなくなります。

PAGE TOP