お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

タバコはなぜ歯周病に悪いと言われるのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

タバコはなぜ歯周病に悪いと言われるのでしょうか?

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

30歳以上の人の約8割が罹患しているといわれる「歯周病」。
「歯周病」は歯を失う原因にもなる生活習慣病です。
その歯周病に対して、最も悪影響があるといわれているのが「タバコ」です。

タバコを吸う人は、吸わない人に比べて3倍も歯周病にかかりやすく、2倍も多く歯を失っているというデータがあります。
また、タバコを吸っていると、歯周病にかかっても治りづらくなります。
それに、歯周病が回復したとしても再発を繰り返してしまう事が多いのです。

なぜタバコは、歯周病を悪化させ、治りづらくしてしまうのでしょうか。
歯周病に対するタバコの6つ害を具体的にあげていきたいと思います。

1.有害物質が与える刺激

タバコにはニコチンをはじめとする様々な有害物質が含まれています。
歯ぐきの表面は、タバコの煙を吸い込むことによって、直接ニコチンによる刺激を受けます。
また、ニコチンは唾液中にも溶け込むので、持続して歯ぐきに刺激を与え続けます。

一方、歯ぐきの内側の結合組織や骨膜にも、ニコチンは末梢血管を通じて刺激を与えます。
これらの刺激は、歯ぐきに悪影響を与えます。

2.白血球の機能の低下

タバコを吸っていると、歯周病菌と戦う白血球の機能が低下します。
歯周病細菌の力が、身体の抵抗力に勝ってしまうため、歯周病が悪化しやすくなるのです。

例えば、風邪などで免疫力が低下している時も、歯周病の症状が悪化しやすくなります。
タバコを吸っている場合は、常に“免疫力が低下”し、“歯周病が悪化しやすい”状態だと考えましょう。

3.ニコチンによる血管収縮

タバコに含まれる「ニコチン」には、強力な血管収縮作用があります。
歯ぐきの中には、細かな血管が張り巡らされていますので、血管が収縮すると次の2つの悪影響があります。

歯周病に気がつきにくい

歯ぐきが炎症を起こしてもあまり出血をしません。
歯周病である事に気がつきにくいため、対処をしないまま長期間放置してしまいがちです。
症状に気がつかなくても徐々に歯周病は進行していくので、いつのまにか重症化してしまいます。

歯ぐきに栄養が届きにくい

歯ぐきの血管が収縮すると、血液の流れが悪くなり、歯ぐきに酸素や栄養が届きにくくなります。
歯周病にかかった歯ぐきが回復するためには、酸素や栄養が必要です。
よって歯周病が治りにくい状態になります。

4.歯ぐきの繊維化と歯周ポケットの進行

歯ぐきや歯ぐきの周りの組織には、コラーゲンが多く含まれており、細胞や組織を強くするための役割を担っています。
タバコを吸うことによって、コラーゲンを作る繊維芽細胞の働きが抑制されるため、歯ぐきは固く繊維化し、深い歯周ポケットが作られやすくなります。

また、コラーゲンが減少すると、歯ぐきや周囲の組織が修復されにくくなり、歯周病が改善しにくくなります。

5.歯周病菌が住みやすい環境

タバコを吸う事で取り込まれる一酸化炭素は、口の中の酸素の量を減らします。
歯と歯ぐきの境目の溝の中の酸素が不足するため、酸素を嫌う歯周病菌が住みやすい環境を作ってしまいます。

6.歯への着色

タバコにはタール成分が含まれており、歯にステインといわれる着色汚れが付きやすくなります。
ステインが歯に多量に付着すると、表面に凹凸ができてしまい、歯周病の原因となる歯垢(細菌の固まり)や歯石も付着しやすくなります。
歯垢は、直接歯周病の原因になりますし、歯石は歯周病菌の温床になります。

禁煙のすすめ

歯周病の主な原因は、“タバコ”ではなく、プラーク中の“歯周病細菌”です。
ですから、歯周病を治すためには、まずはプラークコントロールが大切です。
タバコをやめたからといって、歯周病が自然に治るわけではありません。
しかしタバコは、歯周病を悪化させ、治りづらくさせる最大の要因となります。
歯周病が完治したとしても、タバコを吸っていると再発しやすいため、「禁煙しない限り、歯周病は治らない」といわれます。
歯周病から歯を守るのには、「禁煙」は必要不可欠なのです。

タバコを吸っていた期間と本数に比例して、歯周病が重症化することも分かっています。
遅すぎる事はありません。思い立った時が禁煙をはじめるチャンスです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。タバコが歯周病に悪い理由がわかりましたでしょうか。
タバコはまさに“百害あって一利無し”です。
特に口はタバコの煙を直接吸い込むので、影響を多く受けやすい場所でもありますので注意しなくてはなりません。

歯周病は、歯を失う原因になる病気です。
いつまでもおいしく食事をし、生き生きと生活するためには、自分の歯を守る事が大切です。
歯周病は30歳代から徐々に増加していきます。
歯周病から歯を守るためには、早いうちから喫煙習慣を見直す事が必要です。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP