お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

治療した歯(かぶせもの等)はまたむし歯になりますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

治療した歯(かぶせもの等)はまたむし歯になりますか?

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

一度治療をした歯でもむし歯になります。
むしろ再びむし歯になりやすくなります。
治療が終わって安心していると、いつの間にかまたむし歯になってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。
一度治療をした所に再びできてしまうむし歯を「二次カリエス」といいます。
実は、多くのむし歯は、新たにできるものでは無く、「二次カリエス」によるものなのです。
「二次カリエス」を繰り返してしまった結果、歯を失う事もありますので、注意が必要です。

なぜ二次カリエスになるの?

治療箇所と自然の歯との隙間の汚れ

“かぶせもの”や“詰めもの”など、治療をした歯は、人工の歯なので、むし歯にならないと思われがちですが、実際には自然の歯と治療をした部分の間にわずかな隙間ができるので、そこからむし歯になりやすくなります。
隙間に溜まった汚れは、歯ブラシでは除去しきれない事が多く、いつの間にかむし歯になってしまいます。

治療材料の劣化によって生じる隙間の汚れ

金属の“かぶせもの”や“詰めもの”は、歯科用セメントで歯と接着させるのですが、セメントは年月の経過と共に劣化し溶け出す事があるので、最初はぴったりはまっていた金属でも、長く使っているうちに新たな隙間を生じる事があります。
そこに汚れが溜まり続けると、その部分からむし歯になります。
場合によっては、被せものの裏側など、奥の方までむし歯が進行している事があります。

また、前歯のかぶせものや、小さなむし歯の治療で使われる歯科用プラスチックも、劣化しやすく隙間ができやすい治療材料です。

二次カリエスになってしまったら

二次カリエスになってしまったら、再び治療をする必要があります。
治療した金属を削って外し、むし歯に侵された歯質を削り取ります。
そして、もう一度かぶせものなどをつくり直します。
二次カリエスの治療により、多くの量の歯を削らなくてはなりません。
この繰り返しにより、いつの間にか自分の歯がほとんど無くなってしまう事もあるのです。

また、二次カリエスは、目に見える部分のむし歯は少なくても、かぶせものや詰めものの下で、むし歯が大きく広がっている場合がありますので注意が必要です。
心配な箇所がある場合は、早めに受診するようにしましょう。

痛みが無くても注意!!

治療を終えた歯は、歯の神経を除去している場合があります。
神経が無いと、痛みを感じる事はありません。
むし歯が進行していても気がつかない事があります。
大きくむし歯が進行していると、場合によっては歯を抜かなければならない事もあります。
痛みが無いからと油断せずに、定期検診を受けるようにすると良いでしょう。

二次カリエスを予防するには

歯と治療した部分の間を丁寧に磨く

治療を終えた部分は、全て自然の歯の場合に比べ、汚れが溜まりやすい状態です。
より丁寧に歯みがきをする必要があります。
歯ブラシで丁寧にみがく事はもちろん、歯と歯の間も“歯間ブラシ”や“デンタルフロス”でみがくようにしましょう。
適切な歯みがき方法は、人それぞれ違うものです。
自己流の歯みがき方法は、いつの間にか癖がでてしまい、みがき残してしまう事があります。
適切は歯みがき方法をして、自分の歯を守るために、歯科医院のブラッシング指導を受ける事をオススメします。

初期のむし歯は削らずに進行の予防を行う

歯には“再石灰化”といって再生する力があります。
初期のむし歯であれば、自然に治す事ができます。
しかし、むし歯治療をしてしまうと、治療後の金属の劣化が始まり、そこから二次カリエスのリスクが始まってしまいます。
定期検診を受け、むし歯の進行を予防できるようクリーニングを受けるなどして、出来る限り削らないようにするのが良いでしょう。

定期的に歯科検診を受けメインテナンスを行う

歯がしみたり、痛みが出たりする状態は、むし歯がある程度進行してしまっている状態です。
そうなるとむし歯を削り、金属などの人工物で治療をする必要があります。
そうなる前に、定期的に歯科検診を受け、メインテナンスを行う事が大切です。
むし歯はまだ初期のうちに早期発見し適切に進行を予防し、むし歯になりにくいお口の環境に整えていくのが良いでしょう。

セラミックなど劣化しにくい材料で治療する

保険治療で使われる金属や歯科用プラスチックは劣化しやすく、平均すると4、5年で劣化が始まります。
二次カリエスを防ぐには、劣化しにくい歯科材料を使うのが効果的です。
自費治療になりますが“セラミック”を使った歯科治療は、劣化しにくく二次カリエスをつくりにくいメリットがあります。
自分の歯を長く守るために、セラミックを選択するのも一つの方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
治療を終えた歯ほど、再びむし歯になりやすい事がわかりましたでしょうか。
むし歯になり、人工物を入れる治療を行うと、やり直しのサイクルに陥ってしまいがちです。
まずはむし歯をつくらないように、そしてむし歯治療を行ったら再びむし歯をつくらないよう、定期検診の習慣をつけ、一生使う自分の歯を守っていきましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP