お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

昔から、「子どもを産むと歯がボロボロになる」とよく言われます。妊娠中は、歯が弱くなりやすいのです。
しかし、それは決してお腹の子どもに、歯の栄養をとられているわけではありません。

妊娠中は、身体に様々な変化が起こります。
口の中もホルモンバランスの変化などにより環境が変化し、虫歯や歯周病になりやすい状況になってしまう事が、「妊娠すると歯が弱くなる」と言われる理由です。

妊娠と虫歯の関係

妊娠すると、虫歯になりやすい口腔内環境になります。理由は主に3つあります。

1. 妊娠中の唾液の変化

妊娠中は、唾液の量が減ってネバネバと粘り気が出るため、虫歯菌が活動しやすくなります。
また唾液がもともと持っている “酸性の口の中を中和する作用”“歯を修復する再石灰化作用”“抗菌作用”も働きにくくなります。

2. つわりで歯磨きができない

つわりにより、歯磨き粉の匂いや味がダメになる事や、口の奥の方に歯ブラシを入れるのがダメになる事があります。
そうすると、口の中の衛生状態はどうしても悪くなり、虫歯菌が増殖します。

3. 間食が増える

妊娠後期になり子宮が大きくなると、胃が圧迫され、少量ずつしか食事が摂れなくなります。
それにより食事や間食の回数が増え、口の中が酸性に傾く時間が長くなり、虫歯になりやすくなります。

また、妊娠初期で「食べづわり」という“何か口にしないと気持ちが悪い”というタイプのつわりになってしまう人も同様です。

妊娠中に効果的な虫歯予防方法

1. 毎日の口腔清掃習慣

基本的な事ですが大切です。特に妊娠中は、虫歯菌が増殖しやすい環境になるので、より丁寧な歯磨きが必要です。
仕事をしていないなど、いつもより時間がある場合もあるかと思いますので、ゆっくり椅子などに座って、時間をかけて歯磨きをするのもオススメです。

つわりで歯磨き粉をつけるのが難しい場合は、無理に歯磨き粉をつける必要はありません。
しっかりと歯ブラシで擦れば、水だけでも十分に汚れを除去する事ができます。

また、歯ブラシを口に入れるのも辛い時は、手前の方だけ磨いたり、口を良くゆすぐなどして、その時期を乗り切りましょう。
そして歯ブラシを口に入れられるようになったら、より丁寧な歯磨きを心がけましょう。

2. 甘いものを控える

妊娠後期で少しずつしか食べられない場合や、「食べづわり」で間食をしたい場合には、できるだけ甘いものを控えるようにしましょう。

特に「食べづわり」の場合は、何かをずっと口にしていたい事もあると思いますが、糖の多く含まれるアメを常に舐めているのは危険です。キシリトールガムなどで、代用するのがオススメです。

3. フッ素の入った歯磨き粉やマウスウォッシュを使う

フッ素は、歯を酸に溶けにくい構造に変化させ、虫歯から歯を守ります。
抗菌作用や、歯の再石灰化作用を助ける作用もあるので、毎日の習慣の歯磨きに取り入れると効果的です。

妊娠と歯周病の関係

「妊娠性歯肉炎」という言葉があります。
妊娠中のホルモンバランスの変化により、歯ぐきに炎症を起こしてしまう状態で、歯ぐきが腫れたり、出血したりします。
妊娠中に増加する女性ホルモンは、ある特定の歯周病菌を増殖させ、炎症を起こしやすくします。

多くの場合は、出産後に次第に落ち着いてきますが、場合によっては、歯を支える骨まで脅かす「歯周病」に移行する可能性もあるので、注意が必要です。
歯周病は、早産低体重児出産の原因になるとも言われています。
歯肉炎のうちに治していくようにすると良いでしょう。

妊娠中の歯周病予防方法

歯周病予防には、とにかく“歯磨き”です。歯と歯ぐきの間を、優しく丁寧に磨くようにしましょう。
出来るだけ“デンタルフロス”や“歯間ブラシ”など、歯と歯の間の汚れを除去する清掃補助器具を使用しましょう。

つわりによって磨けない場合には、虫歯予防の場合と同様に、できる方法で口腔内清掃をするようにしましょう。

妊娠性エプーリスとは

妊娠中に起こりやすい口の中の異常に「妊娠性エプリース」と言われるものがあります。
妊娠性エプーリスは、歯ぐきにみられる良性の腫瘍です。
歯ぐきが赤く膨らみ、出血しやすいのが特徴です。
通常のエプーリスは、外科的に切除する治療を行いますが、“妊娠性”の場合には、出産後に自然と消失する事もあります。
しかし、放って置くと悪化して歯周病になってしまう事もありますので、一度歯科医院を受診する事をおすすめします。

妊婦歯科検診を受けましょう

妊娠中は、口の中の環境も大きく変わります。
自分では、口の中の状態を把握しきれない事も多いでしょう。
虫歯や歯周病になり悪化する前に、歯科検診を受けるようにしましょう。
自治体によっては、妊婦歯科検診費用の助成があります。
自治体によって助成の方法が異なりますので、一度確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「妊娠中は歯が弱くなる」と言われる理由が分かりましたでしょうか。
妊娠・出産を機会に、虫歯や歯周病などで、歯を悪くしてしまう人が多いのは事実です。
妊娠中に出来る方法で、虫歯や歯周病を予防していくようにしましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP