お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

噛み合わせが悪いと、どのような悪影響があるのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

噛み合わせが悪いと、どのような悪影響があるのでしょうか?

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

噛み合わせは様々な影響を及ぼします。
悪い噛み合わせによる影響は、お口の中はもちろん、全身にまで波及します。
噛み合わせが悪いと、重心をずらしてバランスをとるようになります。
バランスの悪さをカバーするために、身体に歪みを生じるようになり、全身のあちこちに不調をきたすようになるのです。

では、噛み合わせが悪い事で、お口の中や全身にどのような影響がでてくるのでしょうか。

お口の中に及ぼす悪影響

虫歯になりやすい

噛み合わせが悪いと、お口の中に汚れが溜まりやすくなり、虫歯になりやすくなります。
食べカスや細菌の塊であるプラークが詰まりやすい事が原因のひとつです。
また、お口の中の食べカスや細菌などの汚れは、正しい噛み合わせであれば、食事などで歯と歯がぶつかる時に多少落とす事ができ、付着しにくくなります。
噛み合わせが悪いと、上下の歯がぶつかる部分が少なく、自然と汚れを落とす作用が期待できません。

歯周病になりやすい

悪い噛み合わせは、偏った噛み癖を作るので、よく噛む方の歯に負荷がかかりすぎてしまいます。
強い力がかかっている歯は、歯周病が進行しやすい状態になります。
食べカスやプラークなどの汚れが溜まりやすいのも、歯周病菌が繁殖する要因になります。

顎関節症になりやすい

顎関節症のリスクがあがると言われています。
顎関節症は、噛み合わせだけで無く、歯ぎしりやストレスなども影響していると考えられているので、悪い噛み合わせだけで顎関節症になるわけではありません。
しかし、噛み合わせが悪いと、顎関節症のリスクは高くなり、悪化傾向をたどる事が多いようです。

歯科治療が難しい

噛み合わせが悪いと、口の中に虫歯や歯周病などの症状が出ても、治療が通常よりも難しくなる事があります。
歯が斜めに生えていたり、凹凸があるため、通常よりも余計に歯を削ったりしなくてはならない場合や、歯の軸と違う方向に被せものをしなくてはならない場合があります。
よって、治療後に再び痛みが出る事や、歯が割れてしまったりする事が多くなります。

咀嚼能力の低下

噛み合わせが悪いと、上下の歯の噛み合う面積が狭いため、食べ物を咀嚼が効率良く出来ません。
きちんと咀嚼せずに飲み込んでしまう事が増えるため、胃腸に負担がかかり、栄養が吸収されづらくなります。
また、満腹中枢が刺激されづらい事から、肥満にも繋がります。
高齢の方の場合、悪い噛み合わせにより、咀嚼ができていないと、アルツハイマーにも繋がる事が分かっています。

全身に及ぼす悪影響

頭痛になりやすい

噛み合わせが悪いと、顎の周りの筋肉が緊張します。
顎の周りの筋肉は、頭の側に繋がっているものも多く、特に“側頭筋”は、顎関節から頭の横につながる大きな筋肉で、噛み合わせの影響を受けやすくなります。
筋肉の緊張が続くと、血行が悪くなり、痛みとなって頭痛を引き起こす事があります。

肩こりが起こりやすい

頭痛と同じ原理で、顎の周りの筋肉が緊張する事により、肩の周りに繋がっている筋肉の血行が悪くなり、肩こりが起こりやすくなります。
顎から首、肩に繋がる“広頸筋(こうけいきん)”が、影響を受けるためです。

顔貌のゆがみ

顔には咀嚼筋や表情筋など、約30種類の筋肉があります。
噛み合わせが悪いと、噛む力が左右片側に偏ってしまう事があります。
噛む力が偏ると、左右で筋肉の厚さに違いが出て、顔がゆがんでしまう事があります。
見た目にも影響を受けますし、筋肉の偏りによって余計に噛み癖に偏りが出て、悪循環になってしまいます。

自律神経への影響

噛み合わせが悪いと、交感神経と副交感神経のバランスが乱れにより、自律神経系が狂う事があります。
ストレスに噛み合わせの悪さが拍車をかけて、精神的に不安定になると、自律神経失調症になる場合もあるので、注意が必要です。
自律神経の乱れによる症状は様々で、例えば、倦怠感・目眩・立ち眩みなどがあります。
また、精神的な症状としては、不安感・疎外感・落ち込みなどがあります。

噛み合わせを悪くする原因

様々なところに悪影響を及ぼす悪い噛み合わせですが、もともと歯並びが悪い方だけでなく、歯を抜けたままにするなど、適切な歯科治療を受けていない場合も噛み合わせが歪みやすいので、注意しましょう。
また、頬杖やうつ伏せ寝などの生活習慣や、歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある方も注意が必要です。

現在、噛み合わせが悪くなってしまっている方は、歯科受診をおすすめしますが、現在は症状が現れていない方も、噛み合わせを悪くする習慣で思い当たる事がある場合には、この機会に見直してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。噛み合わせの悪さは、口の中の健康、ひいては全身の健康に影響するという事がわかりましたでしょうか。
肩こりや頭痛など、一見してお口の中に原因があるとは思えない症状も、もしかしたら悪い噛み合わせが原因かもしれません。
何か不安な症状がある場合には、早めに歯科受診をする事をおすすめします。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP