お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

総入れ歯になった場合、噛み方にコツなどはあるのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

総入れ歯になった場合、噛み方にコツなどはあるのでしょうか?

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

総入れ歯になってしまっても、上手に食事をする事ができるのか、不安を感じている方も居るでしょう。
また、既に総入れ歯になってしまった方では、上手く食事をする事ができずに悩んでいる方も居るかもしれません。
総入れ歯は、自分の歯とは全く異なります。
総入れ歯とはどういった物で、どうやって噛んだらよいのか、説明していきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

総入れ歯は噛む力が弱くなる!

自然の歯は、歯槽骨という顎の骨で固定されているので、ほとんど動く事はありませんので、しっかりと噛む事ができます。
比べて、総入れ歯の場合は、固定するものが無いので、歯ぐきの上に吸い付かせるようにのせているだけです。
そのため、噛むたびに、歯ぐきがクッションのように沈みこんでしまい、噛む力が弱くなってしまうのです。

総入れ歯の場合は、自分の歯と比べて、噛む力は約30%になってしまうと言われています。
ですから、食べにくくなるのは避けられません。
少しでも快適に総入れ歯で食事をするためには、どのようにしたら良いでしょうか。
次に、噛み方のコツをいくつか紹介したいと思います。

噛み方のコツ

噛み癖に注意する

誰でも、噛み癖というのは存在します。
総入れ歯の方の場合は、徐々に自分の歯を失っているケースが多いのが特徴です。
歯を失っていく過程では、どうしても人工の歯よりも神経のある自分の歯で噛もうとするので、噛み癖がついてしまいがちです。
偏った噛み方をすると、どこかに過剰な力がかかってしまい入れ歯が外れやすくなり、噛みづらくなりますので、注意しましょう。

軟らかいものから慣らしていく

総入れ歯を入れても、すぐに何でも食べられるわけではありません。
誰でも最初は難しいでしょう。
入れ歯は口の中に入っている異物のようなものなので、徐々に慣らしていく事が必要です。
はじめは、軟らかいものから始めて、徐々に慣れてきたら、少し硬いものや、葉物などの繊維質なものにも挑戦していきましょう。

奥歯で噛む

総入れ歯の方では、前歯で噛もうとしてしまう方が多くいらっしゃいます。
前歯の方が失いにくく、最後まで残っている事が多いので、噛み癖の影響もあるでしょう。
前歯でばかり噛む癖があると、入れ歯がシーソーのようになって、奥歯の側の浮き上がってしまい、入れ歯が外れやすくなります。

“噛み方の基本”は、「前歯で噛み切り、奥歯ですりつぶす」です。
総入れ歯になると、自然の歯のように、噛み切り、すりつぶす事は難しくなりますが、出来るだけ“噛み方の基本”を意識するようにしましょう

両側噛みを行う

自然の歯列の場合には、左右どちらかで噛む“片側噛み”を交互に行う事が多いのですが、総入れ歯の場合には、片側ばかりに力が加わると、反対側が浮き上がってしまい、入れ歯が外れやすくなります。
左右均等に噛む力が加わるように、“両側噛み”を意識すると良いでしょう。

多くを口に含まず、ゆっくり噛む

どうしても、噛む力が弱くなるのは避けられません。
色々なものが食べにくくなるので、多くを口に含まず、一口大の大きさにして、ゆっくり噛む事が必要です。
食べにくいからといって、流動食のような食事ばかりですと、なかなか食べられるようにはなりませんし、噛む刺激が脳に伝わらないので、認知症などの原因にもなります。

しっかりと入れ歯とお口の手入れをしよう!

“噛み方のコツ”を意識すると共に、しっかりと噛めるお口の環境を作る事も大切です。
自分の歯が無いからといって、入れ歯やお口の中の掃除をしないでいると、細菌が繁殖して、歯ぐきに炎症を起こす事があります。
総入れ歯は歯ぐきで支えているので、歯ぐきに炎症を起こしてしまうと、痛くて食べられなくなってしまいます。
きちんと毎日、入れ歯の清掃をし、口の中もマメにゆすぎ、舌磨きなどを行い、清潔にしておくようにしましょう。

なかなか噛めるようにならない方

「色々と試してみても、なかなか上手く噛めるようにならない」という方も居るかもしれません。
慣れるのには時間がかかります。特に総入れ歯の場合は、根気強く、慣らしていかなくてはなりません。
焦らず慣らしていくのが良いですが、始めのうちは、こまめに受診をするのがおすすめです。
何回か噛み合わせなどの微調整を行う事で、徐々に自分に合った入れ歯になっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
総入れ歯になると、自分の歯と比べて食事はしづらくなってしまうものです。
しかし、噛み方に気をつけるなどのコツで、改善できる事もたくさんあります。
入れ歯はすぐには慣れなくて当然です。
少しでも美味しく食事が食べられるように、少しずつ噛めるように慣らしていきましょう。
顎の形は変化しますので、しっかりと噛める状態を維持するためには、定期的に歯科医院で調整などを受ける事がおすすめです。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP