お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

子供に虫歯を感染させない方法について詳しく教えてください|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

子供に虫歯を感染させない方法について詳しく教えてください

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

子供を虫歯にさせないためには、適切な虫歯予防対策が必要です。
虫歯予防には、虫歯の原因となる「虫歯菌の感染を防ぐ」事と、「虫歯になりにくい口腔内環境をつくる」事が大切です。

それぞれについて説明していきたいと思います。

1.虫歯菌の感染を防ぐ

虫歯は、主にミュータンス菌という虫歯菌の感染によって起こります。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、ミュータンス菌は存在しません。
それが、いつの間にか、周りの人の唾液から感染してしまうのです。

母親から感染する事が多いので、一般的に「母子感染」という言葉が使われますが、感染するのは母親からだけではありません。
一緒に暮らしている家族から感染するのです。
なるべく一緒の食器を使わないようにし、大人が口にしたものを与えないようにしましょう。
特に2歳半までは、虫歯菌が感染しやすい状態です。
2歳半を過ぎれば虫歯菌が多く感染する事は少なくなりますので、この時期までは特に注意するようにしましょう。

しかし、虫歯菌の感染を恐れて、必要以上にコミュニケーションを避ける必要は全くありません。
なるべく注意をするように心がけ、周りの大人に“治していない虫歯”が無いように、歯科治療を済ませておくようにしましょう。

2.虫歯になりにくい口腔内環境をつくる

虫歯の原因は「虫歯菌」「食事」「歯の質」の3つの要因によるものです。
「虫歯菌」の感染を出来るだけ防ぐと同時に、それぞれの要因に対して虫歯予防のアプローチを行い、虫歯になりにくい口腔内環境をつくる事が大切です。
では、どのようなアプローチをするのが良いのでしょうか。

1) 虫歯菌

歯に虫歯菌が付着したままにならないよう、正しい歯磨き方法を習慣にしましょう。

子供の場合は、仕上げ磨きがとても重要になります。
大人でも上手に歯磨きをするのは難しいものですので、子供が自分の口の中をきちんと磨くのは、とても難しい事です。
子供自身の歯磨きを、毎日の習慣として行うと共に、子供が磨いた後の仕上げ磨きも、毎日の習慣として行いましょう。

仕上げ磨きはいつまで?

幼児期の仕上げ磨きはもちろん必要ですが、永久歯の生え変わりが完了するまでは、保護者がお口の中をチェックしてあげるのが望ましいです。
永久歯の生え変わりが完了するまでは、口の中に乳歯と永久歯が混在した状態になり、汚れが溜まりやすくなります。
そうなると、子供だけで汚れを除去するのが難しくなります。
小学校に入るまでは、必ず保護者が仕上げ磨きを行い、小学校に入学しても4年生くらいまでは、保護者がお口の中をチェックし、磨きにくい部分だけでも仕上げ磨きをするようにしましょう。

2) 食事

食事とは特に甘いものを指します。
砂糖(ショ糖)は、虫歯の主な原因になります。
虫歯菌は、糖を糧に繁殖します。
朝昼晩3食の食事には、必ずどこかに糖が入ってきますので、糖を避ける必要はありません。
重要なのは、食べ方です。
ダラダラと食事や間食をすると、お口の中が酸性に傾き虫歯になりやすくなります。
朝昼晩規則正しく食事をし、おやつも時間を決めるようにしましょう。

子供のおやつ

おやつ=お菓子ではありません。
砂糖の多く含まれるお菓子は、虫歯のリスクが高まります。
おやつも栄養補給の1つとして考えるのが望ましいです。
例えば、芋類やチーズ、ヨーグルト、冷やしたプチトマトなど、3食の食事で不足している栄養をその子供に合わせて選ぶと良いでしょう。

ジュースは危険

甘いものはお菓子だけではありません。
子供の大好きなジュースは、糖分がとても多く、お口の中にとどまりやすいので、虫歯になりやすいものの1つです。
コーラやスポーツ飲料だけでなく、野菜ジュースや乳酸菌飲料も糖分が多いので、注意が必要です。
甘いジュースを飲む事もあると思いますが、普段の水分補給としてではなく、特別な時だけにするのが良いでしょう。
普段の水分補給には、お茶やお水を選ぶようにしましょう。

3) 歯の質

虫歯になりにくい“歯の質”にする方法に、フッ素を使う方法があります。
フッ素は、歯磨き粉などに含まれている虫歯予防成分です。
水道水や海産物など、自然界にも多く存在する物質なので安全です。

フッ素は、歯の質を虫歯の酸に溶けにくい強固な質に変えます。
また、再石灰化作用といって、歯から溶け出したカルシウムやリンを再び歯質に取り入れられるのを促す作用があります。
フッ素が含まれている歯磨き粉やジェルを、普段の歯磨きに取り入れてみましょう。
仕上げ磨きの最後に、フッ素入り歯磨き粉やフッ素ジェルを、塗ってあげるように利用するのがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子供に虫歯を感染させないための方法は、2つです。

  • 虫歯菌の感染を防ぐ
  • 虫歯になりにくい口腔内環境をつくる

そして虫歯になりにくい口腔内環境をつくるためには

  • 虫歯菌を除去するために歯磨きと仕上げ磨きを習慣にする事
  • 規則正しい食生活をし、間食はなるべく甘いものを避け、時間を決めて食べる事
  • 歯の質を強くするためにフッ素を利用する事

これらが大切です。

子供に虫歯を感染させないために、今日から出来る事から始めてみるのは、いかがでしょうか。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP