お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

歯周病と虫歯は、お口の中の2大疾患です。
両方とも罹患する人がとても多く、歯を失う原因になる怖い病気です。
どちらも、きちんと予防すれば、発症や進行を防ぐ事ができます。
歯周病と虫歯の違い、そして原因と予防方法の違いについて解説していきたいと思います。

歯周病と虫歯の違い

歯周病と虫歯は、両方ともお口の中の病気ですが、全く違うものです。
歯周病は歯周病菌による歯ぐきの疾患であるのに対し、虫歯は虫歯菌による歯の疾患です。
それぞれについて説明していきます。

1) 歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌によって、歯を支える組織である“歯ぐき”や“歯槽骨”が破壊されていく病気です。
はじめは、歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れから始まります。
痛みなどの自覚症状なく進行していくのが恐ろしい所です。
重度にまで進行すると歯はグラグラとするようになり、最終的には抜け落ちてしまいます。
「気づいた時には手遅れ」にならないよう、早い段階から予防をする事が大切です。

2) 虫歯とは

虫歯とは、虫歯菌の出す酸によって、歯が溶かされていく病気です。
歯の1番表面のエナメル質が溶かされているだけの状態では、ほとんど痛みはありません。
象牙質まで進行すると、痛みを自覚するようになります。
更に歯の神経にまで虫歯が進行すると、ズキズキと耐えられないほどの痛みになります。

歯周病と虫歯の原因の違い

1) 歯周病の原因

原因は歯周病菌です。歯周病菌が出す毒素によって、歯ぐきや歯を支える骨(歯槽骨)が破壊されていきます。
“歯周病菌”の存在に加えて“お口の中が歯周病になりやすい状態”であるかも、歯周病の発症に関わっています。

歯周病菌

歯周病菌がお口の中に棲息しているだけなら問題無いのですが、プラーク(細菌の塊)となって歯に付着していると悪さをします。特に歯と歯ぐきの境目に付着したプラークが、歯周病の原因になります。歯周病が進行すると、歯と歯ぐきの境目に“歯周ポケット”を形成し、ポケット内で歯周病菌が繁殖しやすくなります。

歯周病になりやすい状態

歯周病の原因なる“歯周病菌”の存在に加えて、歯周病になりやすい状態であるかどうかが、歯周病の発症に関係しています。次のような環境や状態にある場合には、注意が必要です。

  • 喫煙習慣がある
  • ストレスが多い
  • 噛み合わせが悪い
  • 歯ぎしりがある
  • 糖尿病などの持病がある

などです。また、年齢や遺伝などによって歯周病になりやすい場合もあります。

2) 虫歯の原因

原因は主に“ミュータンス菌”という虫歯菌です。
ミュータンス菌が作り出した“酸”によって歯が溶かされ、虫歯になります。
「虫歯菌」の存在に加えて、「糖分の摂取状況」や、「虫歯になりやすい歯の質」など、虫歯になりやすい状態であるかどうかも関わってきます。

虫歯菌

ミュータンス菌は、食べ物の糖を栄養に、“酸”を作り出します。その酸が歯の表面のエナメル質を溶かし虫歯になります。ミュータンス菌は、誰のお口の中にも存在します。プラーク(細菌の塊)となって歯に付着していると悪さをします。また、生まれたばかりの赤ちゃんに、ミュータンス菌は存在しません。周りの大人から感染するのです。誰しも徐々にミュータンス菌に感染しますが、早い段階で感染しないように、口移しを避け、お箸スプーンなどのカラトリーを共用しないようにしましょう。

虫歯になりやすい状態

虫歯菌の存在の他、「糖分の摂取状況」や「虫歯になりやすい歯の質」が虫歯の発症に影響します。ダラダラと糖分の含まれた飲食物を摂取していると、お口の中が中性から酸性に傾く時間が長くなります。酸性に傾く時間が長いと、歯が溶けやすくなります。また、生えたばかりの未熟な歯や、歯の形や生え方によって虫歯になりやすい状況になります。

歯周病と虫歯の予防方法

どちらも主な原因は“細菌”の存在です。
予防に一番必要なのは、歯周病も虫歯も「歯に付着した細菌を除去すること」です。
正確には、歯周病の場合は、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)付近に付着した細菌、虫歯の場合には、歯の面に付着した細菌を除去する事が必要です。
気をつけるポイントは異なりますが、お口の中全体をキレイにすれば、問題ありません。

そのためには、自宅で行う「セルフケア」と歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」を組み合わせて、歯に付着したプラーク(細菌の塊)を除去する事が大切です。

1) セルフケアの方法

毎日の歯磨き習慣が大切です。
歯ブラシでのケアに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなど補助器具を使うようにしましょう。
歯周病予防と虫歯予防で注意するポイントは違いますが、基本は同じです。

  • 歯ブラシはペンを持つように軽く持ち、毛先を使って優しい力で磨く
  • 順番を決めて磨き、磨き残しが無いようにする

この2点に注意して、全体をくまなく磨く事が大切です。

加えて、歯周病により歯周ポケットが深くなっている場合には、歯ブラシを歯と歯ぐきの間に45度の角度に当てて、ブラシを震動させるようにして、歯周ポケット内の細菌をかき出すようなみがき方が有効です。

2) プロフェッショナルケアの方法

普段のセルフケアだけでは、細かい汚れまで、十分に除去する事はできません。
定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを受ける事をおすすめします。
合わせて歯科検診をする事ができるので、歯周病や虫歯のどちらの予防にも効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
虫歯と歯周病は全く異なる疾患ですが、どちらも細菌が原因です。
予防するためには、まず細菌の塊であるプラークを除去する必要です。
歯周病と虫歯で、細菌の種類は異なりますが、お口の中の細菌を除去する事が必要な点では同じです。
毎日のセルフケアに加えて、歯科医院で定期的にプロフェッショナルケアを受けて、お口の中の細菌を減らすようコントロールしましょう。
また、歯周病になりやすい状態・虫歯になりやすい状態を作らないよう、食習慣や生活習慣を見直しましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP