お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

入れ歯を希望しています。保険と自費の入れ歯はどう違うのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

入れ歯を希望しています。保険と自費の入れ歯はどう違うのでしょうか?

吉祥寺の歯科、こばやし歯科です。

入れ歯には、保険が適用される入れ歯と、保険外の自費の入れ歯があります。
保険と自費の入れ歯は、何が違うのでしょうか。それぞれの特徴と違いについて解説していきたいと思います。

保険の入れ歯の特徴

費用が安く済みます。ただし、耐久性や審美性よりもコスト重視になります。
保険で使用できる材料は限られており、基本的に入れ歯本体の部分はプラスチック(レジン)でできています。
歯ぐきの色をした入れ歯の床(しょう)の部分、人工の歯の部分も全てプラスチック製になります。
部分入れ歯の場合には、必ず入れ歯を固定するための金属(クラスプ)が付いています。
強度を保つため、厚みのある作りになりがちなので、装着時の違和感が出やすくなります。

自費の入れ歯の特徴

材料の選択肢が多く、審美性・耐久性・機能を重視して、様々な入れ歯を作る事ができます。
保険の入れ歯と異なり、制作費用が決められていないので、じっくりと技術と時間をかけて作製する事ができるので、その人それぞれに合った入れ歯になります。
装着時の違和感が少なく、審美的に良く、耐久性もありますが、その分、費用が高額になります。

自費診療で作られる入れ歯の種類

前に説明したように、自費の入れ歯は、様々な材料で時間と技術をかけて入れ歯を作製する事ができるので、様々な種類のものがあります。代表的なものを紹介したいと思います。

金属床義歯

入れ歯の床(しょう)の部分の一部が金属でできています。目立たない上顎の部分や、舌側の部分が金属になりますので、見た目も安心です。強度があるので、プラスチックよりも薄く、装着時の違和感が少ないのが特徴です。また、食べ物の温度を粘膜に伝えやすいので、温かさ冷たさを感じながら、美味しく食事をする事ができます。

マグネット義歯

残っている歯がある時に使う事ができます。残っている歯と入れ歯に磁石を埋め込み、磁石の力で入れ歯を顎に固定させます。残っている歯に金属のバネ(クラスプ)をかけるよりも、歯にかかる負担が少なくなります。入れ歯がしっかり固定されるので、使用感が良くなります。

ノンクラスプ義歯

弾力のある素材でできており、金属を使わないで入れ歯を固定する事ができます。審美的にとても優れています。軽く軟らかいので、装着時の違和感が少ないのが特徴です。耐久性はあまり無いので、何年かに1度作り替えなくてはなりません。

テレスコープ義歯

残っている歯がある時に使う事ができます。残っている歯を金属でコーティングし、その上からキャップ状の金属で歯を覆いかぶせる事で、入れ歯を固定させます。安定感があり、歯にかかる負担も少ないのが特徴です。残っている歯を多く削らなくてはならないのが難点です。

インプラント併用義歯

インプラント治療も必要になるので、特殊な方法です。インプラントを顎の骨に数本埋め込み、その上に入れ歯を固定する装置を取り付け、入れ歯を固定します。自分の歯に近い安定感で使用する事ができます。インプラントのメインテナンスは必ず必要です。

保険と自費の入れ歯、製作方法の違い

保険の入れ歯は、国で決められた製作費用の中で作らなくてはなりません。
ですから、どうしても長い時間と技術をかけて製作する事ができません。

保険の入れ歯の製作手順は、1.顎の型取り 2.噛み合わせの確認 3.歯が並んだ状態での歯並び・噛み合わせの確認 4.装着 これだけです。最低限の製作手順で完成させます。

自費の入れ歯の場合は、これらの手順に加えて、

  • 細かな治療計画の策定
  • 顎の動きの確認
  • 治療用義歯の作製
  • 治療用義歯を使い、咬み合わせや顎の位置の確認・発音・審美などの確認
  • 最終義歯の型取り

というような、細かな段階を踏んで完成させます。

保険の入れ歯の場合には、1か月〜1か月半で入れ歯が完成しますが、自費の入れ歯の場合には、早くて3か月、長い方では8か月くらいかかります。
時間がかかる分、よりお口に合った入れ歯を作る事ができ、使用し始めてからの違和感や不具合が少なくて済みます。

保険と自費の入れ歯、どちらを選ぶべきか

費用面を除けば、自費の入れ歯を選ぶ方が良いと言えます。費用以外のメリットは圧倒的に自費の入れ歯の方が多いからです。
望んで入れ歯になる方は居ないと思いますが、残念ながら入れ歯になってしまった場合には、できるだけ自分の歯に近い感覚で美味しく食事をして欲しいと考えています。
違和感が少なく、美味しく食事がとれるのは、自費の入れ歯です。
しかし、費用は高額になります。保険の入れ歯であっても、最低限の噛む機能を回復する事はできますから、ご自分の望む状況と、費用面を踏まえて、入れ歯を選択するのが良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最後に保険と自費の入れ歯の違いについてまとめます。

1.保険の入れ歯の特徴
費用は安価。耐久性、審美性に劣り、装着時の違和感が出やすい。

2.自費の入れ歯の特徴
費用は効果。耐久性、審美性に優れている。装着時の違和感が出にくい。

3.自費診療で作られる入れ歯の種類
材料の選択肢が増えるため、様々な種類の入れ歯を作る事ができる。代表的 な“金属床義歯”は、薄く強度のある入れ歯のため、違和感がでにくく、食べ物の熱を粘膜に伝えるため、美味しく食事がとれる。

4.保険と自費の入れ歯、製作方法の違い
保険の場合は、最低限の手順で製作されるが、自費の場合は、長い時間と技術をかけて製作される。

5.保険と自費の入れ歯どちらを選ぶべきか
費用面以外では、自費の入れ歯はメリットが多い。お口の状況・望む状況・費用の面から、自分に合った入れ歯を選択するのが良い。

入れ歯は毎日使うものです。「食べる」「話す」など、入れ歯は自分の一部として役割を果たします。
自分に合った入れ歯で、生き生きと楽しく生活ができるよう、入れ歯を選択するのが良いでしょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP