お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

なぜ歯間ブラシは使ったほうがよろしいのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

なぜ歯間ブラシは使ったほうがよろしいのでしょうか?

歯間ブラシを毎日行っている人は少ないかもしれません。
実は、歯間ブラシを使った清掃はとても重要です。
歯ブラシによる清掃では除去しきれない汚れを取る事ができ、虫歯や歯周病の予防に大きな効果を発揮します。

歯間ブラシを使うメリット

1. 歯ブラシでは取りきれない汚れがとれる

歯ブラシだけの清掃方法では、約60%の歯垢しか落とせていません。
歯間ブラシやデンタルフロスなどの清掃補助器具を使うと、80%程度の歯垢が落とせるようになります。
残りの20%は、自分では取りきれない細かな汚れになるので、定期的に歯科医院でクリーニングをする必要があります。
歯間ブラシで、歯垢の除去効率が上がると、虫歯予防や歯周病予防にとても効果的です。

2. 歯の根元の汚れがとれる

歯間ブラシというと、“歯と歯の間”の汚れをとるのに適しているイメージがある方が多いでしょうが、歯の根元の汚れをとるのにも効果的です。
歯と歯の間の根元部分は、特に汚れが溜まりやすいので、普通の歯ブラシだけでは、なかなか汚れを除去する事ができません。
歯周病が進行しやすい箇所なので、歯間ブラシを使用するのが良いでしょう。

歯の根元部分は、表面が象牙質で出来ているので、歯の表面の白いエナメル質に比べて、虫歯になりやすい箇所でもあります。
歯の根元の虫歯予防にも、歯間ブラシは効果的です。

3. 口臭の予防になる

歯と歯の間に溜まった、食べカスや歯垢は、口臭の原因になります。
口臭の原因は様々ですが、口の中の汚れも大きな原因です。
「しっかりと歯みがきをしているのに口臭が気になる」という方は、もしかしたら歯ブラシでは届かない“歯と歯の間”に汚れが溜まっているかもしれません。

特に歯間ブラシを使う必要がある場合

虫歯の治療経験や、歯周病の有無など、ご自分のお口の状態によっては、歯間ブラシが必要不可欠な場合があります。
勿論、お口に何も問題が無い場合でも、歯間ブラシは使用した方が良いでのすが、次の状態に当てはまる場合には、必ず使うようにしましょう。

1. ブリッジが入っている方

ブリッジとは、歯を失ってしまった場合に、その歯の両隣の歯を利用して橋渡しをするように金属を被せる治療方法です。
実際には歯が無い部分も、橋渡しの金属で補う事ができます。
歯が無い部分には、“ポンティック”といわれるダミーの歯が入ります。
ポンティックの下部周辺は非常に汚れが溜まりやすい部分です。
両隣の健康な歯までもが、虫歯や歯周病に罹患してしまわないよう、丁寧に歯間ブラシをする必要があります。

2. 歯と歯の間の隙間が広い方

歯と歯の間の隙間が広いと、その部分に汚れが非常に溜まりやすくなります。
歯ブラシでは、なかなか除去しきれない部分なので、歯間ブラシを使用する必要があります。

3. 歯周病が進行している方

歯周病が進行している場合、治療において、歯の根元の歯周病菌を徹底して除去する必要があります。
歯ブラシだけでは、根元の汚れを除去しきれません。
特に歯と歯の間にあたる歯の根元部分は、歯間ブラシを使用しなければ除去できません。

歯間ブラシの使用方法

1. 使い方

歯間ブラシを、歯と歯の間にゆっくり挿入し、数回前後させるようにして動かします。
時々“つまようじ”で隙間の食べカスを除去する時のように使用する方が居ますが、間違いです。
歯間ブラシの毛で、歯の面をみがくようなイメージで数回動かします。

歯間ブラシは、主にI字型のものとL字型のものが市販されています。
どちらでも良いのですが、奥歯の場合には、L字型の方が使いやすいです。

2. 使用の注意点

① 無理な力を加えない

挿入する角度が悪い時や、歯間ブラシのサイズが合わない時には、なかなか歯間ブラシが入りにくい場合があります。
そのような時は、無理に入れると、歯ぐきを傷つける可能性があるので、気をつけましょう。
また、何度も動かしすぎるのも、歯ぐきを傷つける可能性があります。
5往復程度やさしく擦るようにしましょう。

② 適切なサイズの歯間ブラシを使用する

歯間ブラシの大きさは、入れる時に、ほんの少し抵抗がある位がちょうど良い大きさです。
小さいサイズの歯間ブラシは、挿入しやすいのですが、歯ブラシの毛が、周囲の歯にしっかり当たらず、汚れが取れていない事が多いです。
逆に大きすぎると、歯ぐきを傷つけてしまう可能性があります。
自分の歯に合った歯間ブラシを選択する事が大切です。
ご不安がある方は、一度歯科医院で歯間ブラシの使用方法・選択方法を聞いていただけると良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。なぜ歯間ブラシを使ったほうがよいのか、わかりましたでしょうか。
歯間ブラシを使用するメリットは主に次の3つです。

  1. 歯ブラシではとりきれない汚れがとれる
  2. 歯の根元の汚れがとれる
  3. 口臭の予防になる

歯ブラシだけの歯みがきではとれない汚れをとる事ができ、歯周病や虫歯の予防に効果的です。
みがき残しは“口臭”のもとにもなりますので、歯ブラシに併用して歯間ブラシも使用するのが望ましいでしょう。

特に「ブリッジが入っている方」「歯と歯の間の隙間が広い方」「歯周病が進行している方」は、歯間ブラシは必要不可欠です。

歯間ブラシの効果を最大限に発揮するためには、歯間ブラシを正しく選び、正しく使用する事も大切です。
歯間ブラシを使用する時には、「無理な力を加えない」「適切なサイズの歯間ブラシを使用する」といった注意点を守るようにしてください。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP