お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

親知らずは絶対に抜かないとダメ?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

親知らずは絶対に抜かないとダメ?

「親知らずは抜いた方がいい」そのように聞いた事のある方が多いかもしれません。実際には、抜かなくて良い場合、抜いた方が良い場合があります。
ただ、親知らずは、生えている状況によって、痛みが出やすく、他の歯に悪い影響を与えてしまう事がありますので、抜いた方が良い場合の方が多くなります。
親知らずを抜いた方が良い場合、抜かなくても良い場合について、詳しく解説していきたいと思います。

親知らずが、斜めや横向きに生えている

親知らずが、斜めや横向きに生えていると、智歯周囲炎(ちししゅういえん)や、手前の大臼歯の吸収を引き起こす事があります。
智歯周囲炎とは、歯ぐきに細菌が溜まり増殖する事で、親知らずの周囲の歯ぐきが炎症を起こす状態の事を指します。
手前の大臼歯の吸収とは、手前の歯の根が溶かされるように、親知らずに浸食される事を指します。場合によっては、手前の大臼歯を保存する事が難しくなるので、このようなケースは注意が必要です。

歯ぐきの腫れや痛みを繰り返している

親知らずが、斜めや横向きに生えている場合や、半分歯ぐきに埋まっている場合など、生え方によっては、歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。親知らずの周囲に汚れが溜まりやすく、不衛生になりがちなので、細菌が繁殖して炎症を起こします。このような状態の場合、いくら丁寧に歯みがきをしても、周囲に汚れが溜まりやすく炎症を繰り返してしまいます。

顎の骨の中に埋まっているが、膿の袋をつくっている

顎の骨の中に完全に埋まっている場合、何も問題が無ければ、通常放っておく事が多いですが、膿の袋をつくっている場合には、顎の中の神経を圧迫したり、痛みや腫れを生じる事があります。

親知らずを抜かなくて良い場合

親知らずが上下でしっかりと生えて、噛み合っている

親知らずが上下でしっかりと真っすぐ生えて、噛み合い、機能している場合には、抜歯する必要はありません。

顎の骨の中に完全に埋まっていて、周囲にも悪影響が無い場合

親知らずが完全に顎の骨の中に埋まっていて、腫れや痛みなどが出ていない場合には、直ちに抜歯する必要はありません。

入れ歯やブリッジの土台として親知らずが必要な場合

ある程度真っすぐ生えている場合には、手前にある大臼歯を何らかの原因で失ってしまった場合に、ブリッジの土台として使う事ができます。また、部分入れ歯のバネをかける歯にも使う事ができます。

矯正治療で親知らずを正しい位置に動かす事ができる場合

親知らずが正しく真っすぐ生えていなくても、矯正治療によって真っすぐ正しい位置に直し、噛める状態にする事ができる場合があります。矯正治療ができないケースも多いです。

親知らずを移植する場合

手前の大臼歯などを抜かなければならなくなった時に、親知らずをその部分に移植して、再び使用できる事があります。移植ができるかどうかは、親知らずの形や大きさ、移植する部位の状態などを、慎重に判断する必要があります。

親知らずを抜くのを避けた方が良い場合

最終的に抜いた方が良い状況の親知らずでも、抜くのを避けた方が良い場合があります。

親知らずの痛みや腫れが強い時

痛みや腫れが強い時は、急性的に強い炎症が起きている状態です。このような状況では、麻酔が効きにくく、また治療をしても治癒経過が良くありません。炎症が一旦治まるのを待ってから、抜歯をするのが良いでしょう。

受験や就職活動・仕事の多忙な時期など、時間がなかなか取れない時

親知らずの抜歯は、歯の状況によっては、抜歯後に腫れる事や、痛みが出る事もあります。時間がなかなか取れない時は、急な通院が難しいので、念のため避けるのが良いでしょう。親知らずの抜歯は、その他の歯の抜歯に比べて、抜歯後のトラブルも起こりやすくなります。大事な用事を控えている場合も、抜くのを避けた方が良いでしょう。

妊娠中・授乳中

親知らずの抜歯は、麻酔・抗生剤・鎮痛剤を使用します。妊娠中・授乳中は、服用できる薬が限られています。親知らずの抜歯は避けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?親知らずは必ずしも抜かなくてはいけないわけではありません。親知らずがきちんと真っすぐ生え、噛み合っており、なおかつトラブルが起きていなければ、抜く必要はありません。

最後に、抜いた方が良い場合、抜かなくて良い場合、抜くのを避けた方が良い場合についてまとめます。

親知らずを抜いた方が良い場合

  1. 親知らず、又はその手前の歯が虫歯になっている
  2. 親知らずが、斜めや横向きに生えている
  3. 歯ぐきの腫れや痛みを繰り返している
  4. 顎の骨の中に埋まっているが、膿の袋をつくっている

親知らずを抜かなくて良い場合

  1. 親知らずが上下でしっかりと生えて、噛み合っている
  2. 顎の骨の中に完全に埋まっていて、周囲にも悪影響が無い場合
  3. 入れ歯やブリッジの土台として親知らずが必要な場合
  4. 矯正治療で親知らずを正しい位置に動かす事ができる場合
  5. 親知らずを移植する場合

親知らずを抜くのを避けた方が良い場合

  1. 親知らずの痛みや腫れが強い時
  2. 受験や就職活動・仕事の多忙な時期など、時間がなかなか取れない時
  3. 妊娠中・授乳中

親知らずが生えている場合は、抜く場合でも、抜かない場合でも、トラブルを起こしやすい歯ですので、歯科医院の定期健診で時々チェックを受ける事をおすすめします。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP