お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

毎日ブラッシングしているのになぜ虫歯になる?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

毎日ブラッシングしているのになぜ虫歯になる?

毎日のブラッシングは、虫歯予防に有効な方法です。しかし、同じように歯みがきをしていても、虫歯のなりやすさには個人差があります。
毎日丁寧にブラッシングしていても、虫歯になりやすい人は、虫歯になりやすい原因や習慣に当てはまっている可能性があります。
虫歯になりやすくなる原因や習慣について詳しく解説していきたいと思います。

虫歯になりやすくなる2つの原因

唾液の量が少なく、ネバネバとしている

唾液には、虫歯予防に効果的な作用がもともと備わっています。代表的なものは次の作用です。

  • 口の中の細菌を洗い流す“自浄作用”
  • 細菌に対する“抗菌作用”
  • 歯から溶け出したカルシウムやリンを再び歯に取り込む“再石灰化作用”

口の中に当たり前に存在している唾液ですが、虫歯予防に効果的な作用が備わっており、知らず知らずのうちに虫歯予防に一役かっているのです。
唾液の質がサラサラとしている場合には、唾液の作用を充分に発揮しやすくなります。一方、唾液の質がネバネバとしている場合には、唾液の作用は発揮しにくくなり、虫歯になりやすくなります。

噛み合わせのバランスが悪い

歯並びがでこぼことしていたり、上下しっかり噛み合ってい歯並びが悪いと、唾液の自浄作用が働きにくくなり、更に歯みがきもしづらくなるので、汚れがたまりやすくなります。
また、噛み合わせが悪く、どこかの歯に強い負荷がかかっている場合、歯質の表面がひび割れてしまい、そこから虫歯になる事もあります。

虫歯になりやすくなる習慣

口呼吸

口呼吸の癖があると、口の中が乾燥しやすくなるので、唾液の虫歯予防効果が発揮できなくなり、虫歯菌が繁殖しやすくなります。
“噛み合わせのバランスが悪い”事が原因で、唇が上手く閉じられない場合も、口呼吸と同様、口の中が乾燥しやすくなるので、注意が必要です。

間食が多い

虫歯菌が、糖分を吸収する事によって、歯を溶かす酸を出します。間食で甘いものを食べる事が多い場合には、虫歯になりやすくなります。
特に虫歯になりやすく、注意が必要なのは、“甘いものをダラダラと食べる”癖のある人です。甘いものをダラダラと食べていると、通常は中性状態に近い口の中が酸性になる時間が長くなります。酸性になると歯が溶けやすい時間が長くなります。

甘い飲み物を飲む事が多い

甘いものは、食べ物だけでなく飲み物でも虫歯になりやすくなります。甘い飲み物は想像以上に糖分が含まれている事があります。特に飲み物の場合には、一気に飲むのでは無く、ダラダラ飲みをする事が多いので、虫歯になりやすくなります。

ブラッシング以外にするべき虫歯予防方法

ここまで「虫歯になりやすくなる原因」と「虫歯になりやすくなる習慣」について解説してきました。「毎日ブラッシングをしているのに、虫歯になる」と感じている人は、虫歯になりやすくなる原因・習慣を見直してみる事が必要です。それぞれについてどのようにアプローチをするのが良いのでしょうか。

唾液の量と質

唾液の量と質は、体質によるものもあります。また、飲んでいる薬の影響や、持病により、唾液が減少する事があります。日頃から、充分に水分補給を行い、唾液の分泌を促すよう、しっかりと噛んで食事をするようにしましょう。

噛み合わせ

噛み合わせの改善には、矯正治療が必要なものとそうでないものがあります。矯正治療がすぐにできない場合でも、治療した歯の被せ物や詰め物を、削って微調整する事や、作り替える事で、噛み合わせが改善する事があります。

口呼吸

普段から口がポカンと開いてしまいがちな方は、意識して唇を閉じるようにしましょう。次第に唇の周りの筋肉がついて、口を閉じる力がついてきます。鼻炎があり、鼻呼吸が難しい場合には、歯科医院だけで治療をする事はできませんので、耳鼻科を受診し相談してみてください。
歯が前方に突出しており、唇を閉じる事ができない場合、口呼吸を改善するためには、矯正治療が必要な場合があります。

間食

間食は時間を決めて食べるようにし、ダラダラ食べは控えるようにしましょう。特にアメやガムは、ダラダラと口に入れたままになるので、虫歯になりやすくなります。アメばかり食べるのは避け、ガムは虫歯にならないキシリトールガムなどに切り替えるのが良いでしょう。

甘い飲み物

日頃の水分補給として、甘い飲み物を飲むのは止めましょう。水分補給はお茶か水にし、甘い飲み物は間食のひとつとして位置づけるのがオススメです。

ブラッシング方法を見直してみよう

ブラッシングで、虫歯菌を除去する事は、虫歯予防でとても大切です。「毎日ブラッシングしているのに虫歯になる」と感じているのであれば、ブラッシング方法を今一度見直してみる事も必要です。
より丁寧に歯みがきをするのには、日頃から歯間ブラシ・デンタルフロスといった補助用具を使用するのが効果的です。
自分ではみがけていると思っていても、多くの場合、知らず知らずのうちに“みがき残し”を作っています。
自己流の歯みがき法では、汚れが除去できていない事も多いので、一度歯科医院でのブラッシング指導を受けてみてください。

定期健診を受診しましょう

定期健診で虫歯をより早く発見する事ができます。勿論虫歯を作らないのが一番の良いのですが、虫歯ができてしまった場合でも、早くに発見する事で、虫歯の程度が軽い段階で治療をする事ができるので、歯を守る事につながります。定期健診と合わせて、歯のクリーニングを行う事で、虫歯予防効果が高まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「毎日ブラッシングしているのに虫歯になってしまう」と感じている方は、虫歯になりやすくなる原因や習慣に当てはまっているかもしれません。

虫歯になりやすくなる原因

  1. 唾液の量が少なく、ネバネバとしている
  2. 噛み合わせのバランスが悪い

虫歯になりやすくなる習慣

  1. 口呼吸
  2. 間食が多い
  3. 甘い飲み物を飲む事が多い

虫歯予防のためには、毎日のブラッシング方法を見直す事と、これら虫歯になりやすくなる原因・習慣についても見直してみる事が必要です。
そして、歯科医院の定期健診を受診し、虫歯になりにくい環境を作っていきましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP