お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯周病を放置しておくとどうなってしまうのか、詳しく教えてほしいです|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯周病を放置しておくとどうなってしまうのか、詳しく教えてほしいです

歯周病を放置すると、歯を支えている骨(歯槽骨)が徐々に溶けていき、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。
歯周病は、放置して治る事は絶対にありません。放置すると症状は進行し続けてしまいます。
進行を食い止めるためには、適切な処置を受ける必要があります。

1. 歯周病の進行

歯周病はある日突然、重度に進行するわけではありません。
徐々に進行していきますので、早い段階から予防する事が大切です。
歯周病の進行程度に沿って、症状を解説したいと思います。

(1) 歯肉炎

炎症がまだ歯ぐきに限局している状態です。歯槽骨へ炎症は広がっていません。
歯ぐきが赤く腫れ、歯ブラシをすると歯ぐきから出血があります。
この段階では痛みは無いので、放置してしまいがちです。
歯と歯ぐきの間に溜まったプラークを丁寧に除去する事で、歯ぐきは改善してきます。
歯石が付着している場合には、歯科医院で除去する必要があります。

(2) 軽度歯周炎

歯周病の初期の状態です。炎症が歯槽骨へと広がり始めています。
歯と歯ぐきの間の溝“歯周ポケット”が深くなり始め、歯周ポケット内に歯周病菌が繁殖し始めます。
自覚症状は、歯ぐきの腫れや出血などが挙げられますが、歯肉炎とさほど変わらない症状なので、放置してしまう事が多いです。
しかし、実際には歯槽骨の吸収は始まっており、歯周病が進行し始めている状態です。
歯科医院で歯周ポケット内のクリーニングや歯石除去など適切な処置を受ける必要があります。

(3) 中等度歯周炎

炎症が更に進み、歯槽骨も半分程度吸収されてきます。
歯ぐきの腫れや出血も多くなり、歯ブラシを当てると痛む事があります。
歯周組織の破壊が進んでいるため、膿が排出され、口臭も強くなります。
溶けてしまった歯槽骨は、再びもとの状態には戻りません。骨を再生する治療法もありますが、全てが適応となるわけではありません。
歯周病から歯を守るためには、歯槽骨の吸収が進むまで放置しない事がポイントです。
歯周組織の破壊がかなり進んでいるので、ここまできて適切な処置を受けずに放置しておくと、歯周病は歯が抜けるまで悪化する一方です。

(4) 重度歯周炎

歯槽骨がほとんど溶かされて、歯がグラグラと動くようになります。
硬いものが食べにくくなり、歯が揺さぶられて痛みを感じるようになります。
膿が排出され、強い口臭があります。この状態まで放置すると、改善が見込めない場合がほとんどです。いつの間にか抜けてしまう場合や、周囲の歯まで影響が広がらないように、抜歯になる場合もあります。

歯周病は放置すればするほど進行していきます。
初期の段階であれば、改善しやすいのですが、進行すればするほど改善するのが難しくなります。
歯槽骨が溶かされていくと、歯周ポケットが深くなり、歯周ポケット内に歯周病菌が繁殖しやすくなり、また歯槽骨が溶かされていく…という悪循環に陥りやすくなります。

2. 腫れや出血が治まっても注意が必要!

歯周病の代表的な症状で、「歯ぐきの腫れ」や「歯ぐきからの出血」があります。
「歯ぐきの腫れ」や「歯ぐきからの出血」など歯周病の症状は、身体が弱っている時に発現しやすくなります。
風邪をひいている時、ストレスが溜まっている時、睡眠不足の時など、身体の免疫力が低下している時は症状が出やすいです。
女性の場合は、月経前後や出産前後など、ホルモンバランスが変わる時期も症状が出やすい時期にあたります。

ですから、身体の状態によって、一時的に歯ぐきの症状が消失し、歯周病が改善したかのように感じる事があります。
しかし、これはあくまで一時的なものです。
症状が落ち着いていても、このまま歯周病が改善する事はありません。
放置しておくと、必ずゆっくり進行していきますので、油断せず、きちんと治療を受けるようにしましょう。

3. 歯を失ってしまうとどうなるの?

歯周病を放置し続けると、歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯を支えきれなくなるので、歯は抜け落ちてしまいます。
自然と抜け落ちるとまでいかなくても、重度にまで進行している場合には、周囲の他の歯に悪影響を及ぼすのを防ぐため、抜歯しなくてはならない事もあります。

歯を失ってしまうと、残念ながら元には戻りません。
再び噛めるようにするために、入れ歯を入れる治療や、ブリッジ治療などを行う事になります。
ブリッジ治療は、自分の歯と同じように噛める事がメリットの1つですが、支えとなる歯も健康である事が条件のため、周囲の歯にも影響を及ぼしやすい歯周病によって歯を失った場合には、適応できない場合が多いです。

歯を失ってしまった場合、考えられる影響

  • 口元に自身が無くなり、自然な笑顔が出来なくなる
  • 噛む力が弱くなり、食べたいものが噛めなくなる
  • 咀嚼能力が低下し、消化器系への負担が大きくなる
  • 発音がしづらくなり、しゃべり辛くなる
  • 残った歯の負担が大きくなり、残った歯の寿命が縮まる
  • 噛み合わせへの悪影響により、頭痛や肩こりが起こる

歯を失ってしまうと、歯だけでは無く、身体のいたる所に、様々な悪影響があります。口元に自信が無くなり、精神的にも影響があるでしょう。

歯周病を放置すると、歯を失う事になりかねません。
また、歯周病で歯を失った場合の傾向として、1本だけの歯を失うのでは無く、次々と歯が抜けてしまう傾向にあります。
その結果、多数の歯を失ってしまう事になるのです。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。
歯周病を放置しておくと、歯周病は進行し続けます。
歯周病は、放置して、自然に治る事はありません。
歯周病により、歯を失ってしまうと、食べ物を噛み砕く機能が低下するだけでなく、身体のいたる所にも悪影響を及ぼします。
歯周病は、早期に治療を開始すればそれだけ、改善する可能性も高くなります。
出来るだけ早く歯科医院を受診し、適切な処置を受ける事が大切です。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP