お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

虫歯の痛みがある日突然治まりました。なぜ急に痛まなくなったのですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

虫歯の痛みがある日突然治まりました。なぜ急に痛まなくなったのですか?

「虫歯の歯が急に痛まなくなった」場合、虫歯が進行し、歯の神経まで浸食し、神経が死んでしまった事が考えられます。

注意しなくてはいけないのは、「痛みが治まった=虫歯が治った」では無いという事です。痛みが治まったとしても治療が必要な事には変わりありません。

1. 虫歯の進行と痛みの変化

痛みの変化を虫歯の進行に沿って、解説していきたいと思います。

(1)CO(しーおー)

虫歯の初期段階です。表面のエナメル質が溶け始めます。白濁したり、水が少し茶色っぽく見えたりします。痛みはありません。適切な歯磨きや、フッ素塗布によって、再石灰化作用が働き、溶け始めた箇所は修復される事があります。

(2)C1

エナメル質が溶け、歯の表面に穴が空きます。黒っぽい色をしています。この時まだ痛みはほとんどありません。冷たいものを飲んだ時にわずかにしみる事があります。

(3)C2

虫歯が、エナメル質の下の象牙質まで進行した状態です。冷たいものしみたり、温かいものを食べると痛むようになります。

(4)C3

虫歯が、歯の神経まで進行した状態です。ズキズキとひどく痛みを感じるようになります。

(5)C4

歯の大部分が溶けてしまい、ほとんど根だけになった状態です。炎症が進行し続けると、歯の神経が死んでしまい、痛みが無くなります。

歯の根の先まで虫歯が進行してくると、歯根膜が化膿し、根の先に膿の袋を作るようになります。

2. 痛みが無くなった虫歯を放置して起こる事

虫歯の病状は、痛みが無くなったとしても、徐々に進行していきます。痛みを感じる神経が死んでしまうほど虫歯が進行した状態ですので、放置すると様々な悪影響があり、危険な状態になる事もあります。

(1)口臭が強くなる

神経が死んでしまうと、神経のあった歯の根の空洞に細菌が繁殖し、膿の臭いと混ざり合って、強い口臭を発するようになります。

(2)根の先に膿が溜まる(根尖性歯周炎)

神経のあった空洞の中に、細菌が繁殖し、根の先から漏れだし、膿の袋を作るようになります。膿の袋は徐々に大きくなり、大きく腫れたり、痛みが出るようになります。

(3)上顎洞炎

上顎の奥歯は、副鼻腔という空洞近くに位置しています。特に上顎洞は、奥歯の歯の根の先と距離が近いため、根も先に溜まった膿が流れやすくなっています。上顎洞に膿が流れて溜まり、炎症を起こすと、頭痛や目の下の痛みなどが現れます。場合によっては、顔が大きく腫れるほどになる事もあります。

(4)骨髄炎

歯の根の中の細菌が、顎の骨にまで広がり、炎症を起こした状態です。骨髄炎になると、強い痛みや、寒気、発熱、嘔吐など辛い症状が現れます。膿を排出させ、感染した骨や筋肉を取り除く外科治療が必要になり、入院が必要な事があります。

(5)心筋梗塞・脳梗塞

虫歯菌が、歯ぐきや顎の骨から血液中に入り込むと、脳や血管などにも感染が広がる事があります。心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があり、命にも関わりがあります。若い健康な方では、起こりにくいですが、抵抗力が落ちている場合は、危険です。

3. 虫歯の痛みが治まった歯の治療方法

虫歯の痛みが治まった場合でも、虫歯は自然に治る事はありませんので、虫歯になっている事に代わりはありません。虫歯治療が必要です。既に歯の神経が死んでしまっている事が考えられますので、その場合の治療方法を説明したいと思います。

(1)抜歯

虫歯により、歯の大部分を失ってしまった場合、残念ながら抜歯になる事も多いです。できるだけ歯を抜かない治療を心掛けていても、神経を失った後の歯の根が使用できないほど虫歯に侵されている場合や、顎の骨の中に炎症が大きく広がっている場合には、歯を残す事は難しくなります。

抜歯をした後は、ブリッジや取り外し式の入れ歯・インプラントなどで、歯が無い部分の機能を回復するための治療を行います。

(2)根管治療

歯の神経があった根管内の、汚染された歯の根や神経組織を除去・消毒し、蓋をする方法です。根幹治療後は、被せものをするための人工の土台を入れ、上から被せものをし、再び使えるようにします。

歯の根の先に膿が溜まっている場合には、中がきれいになるまで、消毒等の処置を繰り返す必要があるため、時間がかかります。顎の骨まで広く細菌汚染が広がっている場合には、再び痛みが出る可能性があり、根管治療がうまくできない事があります。

(3)外科治療

骨髄炎など重篤な症状になってしまっている場合には、抗生物質を投与しながら外科手術を行う必要があります。

骨髄の膿をきれいにし、周辺の細菌に感染している組織(骨・筋肉)を取り除きます。顎の骨など、欠損すると生活に支障が出るような部位には、人工骨や人工関節を移植する事もあるようです。

骨髄炎の場合、一度治療をしても、再び骨髄炎を起こす可能性があるため、経過観察を定期的に行う必要があります。

神経が死んで、痛みを感じない程、虫歯が進行していると、治療も負担が大きいものになってしまいます。虫歯の治療は早ければ早い程、身体的にも金銭的にも負担が少なくて済むのです。

4. まとめ

虫歯の痛みが突然治まった場合は、虫歯が進行して、歯の神経が死んでしまったため、痛みを感じなくなった可能性があります。虫歯は治ったわけではありませんので、出来るだけ早く受診をしましょう。早めの治療は、歯を守る事に繋がります。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP