お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

虫歯のない人が歯周病になることはあるのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

虫歯のない人が歯周病になることはあるのでしょうか?

虫歯がなくても歯周病になります。
虫歯と歯周病は、原因となる細菌が異なる全く違う病気です。
ですから、“虫歯のなりやすさ”と“歯周病のなりやすさ”は比例しません。
歯を守るためには、虫歯と歯周病、両方とも別の病気としてとらえ、病気の予防を行う必要があります。

1. 虫歯と歯周病の違い

(1)原因菌

虫歯の原因菌は、主にミュータンス菌という細菌です。
歯の表面に付着して、酸を出し、歯質を溶かします。
歯周病の原因菌は、P.g.菌(ポロフィロモナス ジンジバリス菌)など、10種類以上の細菌が関わっており、主に嫌気性菌という酸素の無い場所を好む細菌で、歯周ポケット内で増殖し、歯の周囲の組織である“歯ぐき”や“歯槽骨”を破壊していきます。

(2)病気の起こる場所

虫歯は、歯を溶かしていく病気であるのに対し、歯周病は、歯ぐき・歯根膜・歯槽骨といった歯周組織を破壊していく病気です。
虫歯が歯ぐきに影響を及ぼす事はほとんどありませんし、歯周病が歯質に影響を及ぼす事はほとんどありません。
全く起こる場所が違う病気なのです。

(3)病気の進行

虫歯は、歯の表面を徐々に溶かし、最後には歯の神経にまで到達します。
虫歯が歯の表面(エナメル質)に限局している時は、痛みはほとんどありません。
象牙質まで進行すると痛みが出てきます。
そして神経にまで到達すると何もしなくても激痛が走るようになります。

歯周病は、歯と歯ぐきの間で増殖した歯周病菌が毒素を出し、歯の周囲の組織を徐々に破壊していきます。
時間をかけてゆっくりと破壊していきますが、歯周病が中程度から重度に進行するまで、自覚症状が無い事も多いため、歯周組織が破壊されているのに気がつかない事もあります。
最終的には、歯を支えている骨(歯槽骨)の大部分が溶かされ、歯はグラグラとし、抜け落ちてしまいます。

2. 虫歯予防と歯周病予防

虫歯と歯周病、全く違う病気で、原因となる細菌も異なります。
ただ、予防の観点から見ると共通点があります。
病気の予防として“細菌を除去しなくてはならない”という点は同じです。
原因となる細菌が付着しやすい部位は異なるものの、“歯みがきが重要”という点は一致していますので、歯みがきをする事で、両方の病気を予防する事ができます。

(1)虫歯予防

虫歯予防では、歯の表面に付着している細菌を除去する事が大切です。
歯の表面を丁寧に磨くと共に、歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯と歯の間の虫歯も予防しましょう。

虫歯の原因は、歯に付着した細菌の存在に加えて、「甘いもの」や「歯の質」が関係します。
特にダラダラと甘い食べ物や飲み物を食べる習慣のある人は、食事習慣を見直す必要があります。
「歯の質」は人それぞれです。
虫歯になりやすい人は、定期的にクリーニングを行う事が効果的です。

(2)歯周病予防

虫歯の場合と同様、歯に付着した細菌を除去する事が大切です。
ただし、歯周病の細菌は、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に多く繁殖しているので、歯の根元部分の汚れを重点的に除去するのが良いでしょう。
歯の根元部分全体をくまなく磨くよう意識して磨きましょう。
歯間ブラシ・デンタルフロスも、虫歯予防の場合と同様に、とても有効な方法です。

毎日の磨き残しの積み重ねにより、自分では気付かないうちに、歯周病菌が繁殖してしまう事があります。
歯周病予防にとっても、歯科医院での定期的なクリーニングは重要です。

3. 虫歯のない人は歯周病になりやすい!?

虫歯のない人ほど、歯周病になりやすいとも言われる事があります。
必ずしも、そうだとは言い切れないのですが、「虫歯のない人こそ、歯周病に注意しなくてはいけない」理由があるので、紹介したいと思います。

(1)虫歯のない人は、日々のケアを油断しがち

虫歯のない人は、お口の中に虫歯菌が少ない事が考えられます。
「きちんと歯磨きをしなくても、なかなか虫歯にならない」事もあるでしょう。
そのような経験から、毎日の歯磨きを丁寧にする習慣が無いなど、油断している場合があります。

お口の中に、虫歯菌が少ないからといって、歯周病菌が少ないとは限りません。
歯周病菌が通常より多い場合もあり得ます。油断せず毎日の歯磨きは丁寧に行いたいものです。

(2)虫歯のない人は歯科医院に通う習慣が無い

虫歯経験のある人は、治療で歯科医院に通う事があります。
歯科医院では、歯のチェックをする時には、必ず歯ぐきやお口の中全体のチェックも行います。
ですから、患者様自身は、虫歯の治療のために来院していても、知らず知らずのうちに歯周病チェックも行っている事になるので、歯ぐきのトラブルに気付きやすいといえます。

また、虫歯経験がない人では、「今まで一度も歯医者に行った事がない」という場合もあるでしょう。
そうなると、どうしても歯科医院に対する敷居が高くなってしまい、気軽に定期検診を受けにくいともいえます。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。
虫歯のない人でも歯周病になる事はあります。
虫歯と歯周病は、全く異なる病気で、原因となる細菌も、発生する場所も異なります。
虫歯と歯周病を違う病気としてとらえ、病気の予防をする事が大切です。
虫歯も歯周病も、予防に必要なのは、毎日の歯磨き、歯科医院での定期検診とクリーニングです。

虫歯がないからといって、安心は禁物です。
歯周病には、なりやすい場合も考えられます。両方の病気から歯を守れるように、虫歯予防・歯周病予防を行っていくのが良いでしょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP