お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯医者さんは予約無しでいってもいいのでしょうか。予約しない場合どのようなデメリットがありますか。|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯医者さんは予約無しでいってもいいのでしょうか。予約しない場合どのようなデメリットがありますか。

歯科医院は基本的には予約診療となります。「予約をするのが面倒」「電話番号が調べないとわからない」などと思うこともあるかもしれませんが、予約無しでの来院はデメリットが多く存在しますので、おすすめしません。
急な痛みの場合には、応急処置ができる場合もありますが、“予約の患者様を待たせない”のが基本となりますので、予約の患者様の合間に診る事になります。

歯医者さんは、なぜ予約が必要なのか、予約無しの来院はどのようなデメリットがあるのか、詳しく解説していきたいと思います。

1. 歯科医院が予約診療の理由

歯科治療は、虫歯・歯周病・抜歯・ホワイトニング・クリーニングなど様々な治療があり、患者様によって治療内容が異なります。
患者様ひとりひとりに、治療内容に合った診療時間・診療台の確保、そして治療にかかるスタッフの時間を確保し、治療をスムーズに行うための準備を行うためには、予約診療にする必要があるのです。

また、歯科治療を進めるにあたって、治療内容や治療方針、効果や危険性など、きちんと患者様が理解し納得をした上で治療を進めたいと考えています。診療時間の確保は、患者様ときちんと話をする時間も含まれています。治療内容に納得し、安心して治療を受けていただくためにも予約診療である必要があります。

2. 予約をしない場合のデメリット

(1)待ち時間が長くなる
予約の患者様が優先になります。ですから歯科医師やスタッフの手が空き、診療台が確保できるまで待つ事になります。
患者様1人につき、歯科医師は最低でも30分の時間の確保が必要と言われています。麻酔をする場合には、麻酔が効くまで時間を置かなければならない事もあります。その合間で診療をするわけですから、かなり長い時間待つ事になってしまいます。その時々で、待ち時間は異なると思いますが、1時間2時間と待たされる事もあるでしょう。場合によってはそれ以上という事もあり、お断りする事もあると思います。

(2)十分な治療が受けられない
歯科治療は、きちんと時間を確保し、事前に準備をしておく必要があります。予約をしていただく事で、時間の確保と事前の準備が可能となりますが、予約無しの場合はそれができません。合間に治療をする事になるので、応急処置がメインになります。
本来、歯を長く健康に保っていくためには、きちんとした治療計画の元、治療を行い、定期検診やクリーニングなどのメンテナンスを受けていただく事が大切です。応急処置は、あくまで応急的なものでしかありません。きちんと予約をされた上で、受診していただく事をおすすめします。

3. 痛みが強い場合

歯の痛みが強い場合には、我慢できない事もあると思います。通常の予約の枠外で、急患として診る事が可能な場合があります。あらかじめ電話で確認をしておきましょう。

予約を取っている患者様が優先になりますので、合間に診る事になりますので、応急処置なります。予約では無いので、お待たせしてしまう可能性が高くなります。しかし、あらかじめ電話で確認していただく事で、「いつ、何時に行けば良いか」をお伝えする事ができます。指定の時間に来ていただければ、予約の方の合間で、診療台を確保するなど、予め応急処置の準備を行う事ができ、お待たせする時間をなるべく短くする事ができます。運良く別の方がキャンセルになっていれば、空いた枠に当日予約をしてもらえる事もあります。

4. 無断キャンセルはNGです

最後に、予約が必要な歯科治療ですが、絶対に止めていただきたいのは「無断キャンセル」です。歯科治療は、患者様ひとりひとりに対し、治療時間と診療台、スタッフを確保し、治療に必要な器具器材を準備しています。キャンセルをされると、その時間全てが空白になってしまいます。やむを得ない事情でキャンセルをする場合には、事前に必ず電話連絡をするようにしてください。

歯科治療は、患者様のお口の中がより良い状態になるように、綿密な計画を立てて治療を進めています。キャンセルになってしまうと治療計画も狂ってしまいます。歯科医師やスタッフも人間ですから、一生懸命に患者様のためと思い準備をしても、キャンセルになってしまうと、やる気を失い兼ねないという事もご理解いただければと思います。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯科医院が予約診療の理由、予約をしない場合どのようなデメリットがあるかが理解できましたでしょうか。

患者様のお口の中がより良い状態になるよう、きちんと治療時間を確保し、綿密な治療計画の元、ご理解・納得をいただいた上で、治療を進めていきたいと考えています。そのためには、予約をしていただく事、予約をきちんと守っていただく事がとても大切なのです。

「予約をするのが少し面倒だな」と感じていた方は、面倒であっても、ご自分の歯の治療のために、予約をして受診をしていただければと思います。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP