お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

虫歯だらけで歯医者さんに怒られる気がして中々いけないのですが。|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

虫歯だらけで歯医者さんに怒られる気がして中々いけないのですが。

虫歯があると分かっていて放置してしまっている方は、「歯医者さんに行くと怒られるのではないか」という理由で、歯医者に行くのを躊躇している場合がよくあります。しかし、「怒られるから」という理由で、歯医者に行かないのは、とても無謀です。

「怒られるかどうか」では無く、「虫歯を放置したらどうなるか」を考えてみましょう。

1.虫歯を放置するとどうなるか

虫歯は、放置しておいて治る事はありません。一度穴があいてしまうと、どんどんと進行していきます。

(1)虫歯はどのように進行するのか
はじめは、歯の一番表層のエナメル質のみが侵された状態で、痛みはほとんどありません。放置すると、次第にエナメル質の下の象牙質にまで進行し、冷たい物や温かいものがしみるようになります。
さらに放置すると、虫歯は歯の神経にまで達し、ズキズキと強い痛みを感じるようになります。

(2)歯を失う事もある
虫歯が歯の大部分を溶かしてしてしまうと、抜歯をしなくてはならない場合があります。本来、虫歯治療は出来る限り、歯を残していけるように治療計画を立てていきます。しかし、歯の大部分が溶けてしまい、歯の根の部分も使用できない程虫歯に侵されている場合や、顎の骨に炎症が大きく広がっている場合は、歯を残す事が難しくなります。

(3)虫歯を放置すると治療費も高くなる
身体的負担だけではありません。虫歯を放置すると、それだけかかる治療費も高くなります。
虫歯は初期の状態なら、1回〜2回の詰め物などの比較的簡単な治療で済みます。治療費も1箇所2000円から3000円で済みます。しかし、例えば歯の神経にまで虫歯が達してしまうと、歯の根の治療・人工の土台の作製・人工の被せ物の作製などの治療を行わなくてはなりません。保険適用の治療であっても1箇所1万円程度はかかります。
虫歯の状態が深刻であればあるほど、治療期間も長くなり、治療費も高額になります。

2. 虫歯の痛みが無くなったら注意が必要

例えば、虫歯の痛みが無くなったとしても、虫歯が治ったわけではありません。ズキズキと痛む虫歯を放置すると、次第に痛みが治まる事があります。しかしこれは、虫歯が治ったわけでは無く、痛みを感じる歯の神経が死んでしまったために起こります。

痛みが治まった後も、虫歯は進行し続けます。歯の根の先まで虫歯が進行してくると、歯根膜が化膿し、根の先に膿の袋を作るようになります。「根尖性歯周炎」という状態で、大きく腫れ、強い痛みが出る事があります。

このような状態になってまで放置すると、様々な重い症状が現れ、危険な状態になる事もあります。具体的には次のようなものがあります。

・ 上顎洞炎
歯の根の先に溜まった膿が、上顎洞に流れて溜まり、炎症を起こしてしまった状態です。頭痛や目の下の痛みが現れ、場合によっては、大きく顔が腫れてしまう事もあります。

・ 骨髄炎
歯の根の中の細菌が、顎の骨にまで広がり、炎症を起こした状態です。症状は重く現れ、強い痛み・寒気・発熱・嘔吐などがあります。入院が必要な外科手術になる場合があります。

・ 心筋梗塞、脳梗塞
細菌が、歯ぐきや顎の骨から血液中に入り込み、全身に感染が広がってしまう事があります。心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる事もあります。特に抵抗力が落ちている場合には注意が必要です。

3. 怒られても良いから、受診してみましょう

「怒られる気がするので歯医者に行かない」というのは、虫歯を放置する事になり、とても危険です。虫歯は放置して治るものではありません。仮に怒られたとしても、それは、一生使う歯とお口の健康のために“注意をしてくれている”と考えるようにすると良いですね。

多くの歯医者さんは、“注意”はするでしょうが、“怒る事”はしないはずです。歯医者に行く習慣が無く、不安が多い方は、受診の時に正直に「怒られる気がして、中々歯医者に行けませんでした。」と話してみるのも良いかもしれません。きっと気持ちを理解してくれるでしょう。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。
「歯医者さんに行くと、怒られるのではないか」という理由で、歯医者に行かず、虫歯を放置するのは、とても危険です。
虫歯を放置すると、どのような影響があるのかをまとめたいと思います。

  1. 放置していると虫歯は進行し続けます。
  2. 歯の大部分が虫歯に侵されると歯を失う事もあります。
  3. 放置すればするほど、虫歯の状態は深刻になり、治療期間は長く、治療費は高額になります。
  4. 虫歯の痛みが無くなった後、さらに放置すると、「根尖性歯周炎」を引き起こし強い腫れと痛みが出ます。
  5. 虫歯を放置し続けた結果、ひどい場合には「上顎洞炎」「骨髄炎」「心筋梗塞・脳梗塞」など重い症状を引き起こす事もあります。

「怒られるのではないか」という心配は、たしかに気が重くなる問題かもしれませんが、虫歯を放置した結果起こる悪影響を考えると、早めに受診をした方が良い事がわかると思います。

歯は一生使うものです。大切な歯を守っていくためには、早めの受診が大切です。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP