お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯周病は母子感染する?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯周病は母子感染する?

吉祥寺の歯医者さんこばやし歯科です。今回は、歯周病は母子感染するのか、についてお送りいたします。

母子感染(ぼしかんせん)という言葉を聞いた事がありますか?母子感染とは、親のお口の中の細菌が、子どものお口の中にうつってしまう事を差します。母親だけでなく一緒に生活する父親・祖父母からでも、細菌は感染します。子どもと一緒にいる時間が多い大人から感染する事が多いので、“母子”という言葉が使われています。

では、お口の中の病気で代表される“歯周病”は母子感染するのでしょうか。

1. 歯周病は母子感染するのか?

結論からいうと、母子感染します。
歯周病は、歯周病菌による感染症です。歯周病菌は、唾液を介して周囲の人に感染する可能性があります。
親子、特に母親は、子どもと触れ合う事が最も多いものです。それだけお口の中の細菌が子どもに感染するリスクが高いので注意が必要です。

赤ちゃんのお口の中は、生まれた時は無菌状態です。生まれてから、生活していく中で自然と細菌に接触し、お口の中に様々な細菌が棲息するようになります。細菌の感染自体は悪い事ではありません。早かれ遅かれ、お口の中に細菌は感染しますし、悪さをする細菌ばかりでは無く、免疫効果のある必要な細菌なども感染します。歯周病菌や虫歯菌など悪さをする細菌が、必要以上に多く感染ししてしまう事が問題です。

2. どのようにして感染するのか

では、どのような状況の時に、歯周病菌が感染するのでしょうか。歯周病菌は、唾液を介して感染します。唾液の接触の多い次のような機会に注意しましょう。

(1)食器の共有
食器・箸・スプーンはできるだけ共有しないようにしましょう。特に大人が食べているお箸で、そのまま子どもに取って食べさせるのは止めた方が良いでしょう。

(2)食べ物の口移し
子どもに食べさせやすい形状にするためなどで、一度大人の口に入れたものを、子どもに与えるのは止めましょう。

(3)キスなどのスキンシップ
かわいい我が子。ついついキスをしてしまいたくなる事も多いでしょう。しかし、キスなどのスキンシップは、直接唾液から歯周病菌が感染しやすいので、口へのキスは控えるようにしましょう。

3. 子どもに歯周病菌がうつるとどんな影響があるのか

歯周病は、大人になってから発症する事が多いので、子どもと歯周病との関わりはイメージしづらいかもしれません。
お口の中の二大疾患は“歯周病”と“虫歯”です。どちらも将来的に歯を失ってしまう可能性のある怖い病気で、罹患する人が多いのが特徴です。子どもは歯が未成熟であるため、虫歯にかかりやすなります。一方、歯周病は、自覚症状が無いままゆっくりと進行する事が多く、成人になってから発症する事が多いのが特徴です。

だからといって、子どもに歯周病菌がうつっても良いわけではありません。子どもの時期に、歯周病菌に多く感染すると、将来、歯周病を発症するリスクが高まります。また、10代の若いうちに発症する“若年性歯周炎”別名“侵襲性歯周炎”になる事もあります。若年性歯周炎は、進行が早く、通常の歯周病治療では治りにくく、歯を失う原因にもなります。

4. 歯周病菌をうつさないために

お口の環境を作る事が大切です。歯周病の治療・予防を積極的に行いましょう。

(1)歯周病の治療をする
歯周病にかかっている場合には、まずは歯周病の治療をしましょう。歯周病にかかっているという事は、お口の中に大量の歯周病菌が繁殖した状態という事です。自分のお口の健康を守るためには勿論、子どものお口の健康を守るためにも、きちんと歯周病治療をしましょう。

(2)毎日丁寧に歯磨きをする
丁寧な歯磨きを継続的に行い、お口の中に細菌が少ない状態を維持しましょう。歯ブラシでの清掃だけでなく、歯と歯の間の汚れの除去に効果的な“歯間ブラシ”や“デンタルフロス”を併用するのが良いでしょう。
また、自己流の歯磨き方法では、丁寧に磨いているつもりでも、磨き癖などにより、磨き残しがでてきてしまう事あります。一度歯科医院のブラッシング指導を受けていただき、ご自分に合った歯磨き方法を習得していただく事をおすすめします。

(3)定期的に歯科検診を受ける
歯周病は、初期の段階では、自覚症状がほとんど無いまま進行していきます。歯周病の予防には、定期検診が必要不可欠です。問題が無い場合でも、半年に1度は、検診を受けるようにしましょう。合わせて、歯のクリーニングも行い、普段、自分での歯磨きでは取りきれない汚れや、歯石を除去するのが良いです。

5. まとめ

歯周病は、母子感染します。
一昔前は、口の中の病気の母子感染についてあまり言われていませんでした。今のおじいちゃんおばあちゃんの世代では、大人が口の中で噛み砕いたものを離乳食としてあげていた事もあるようです。今と昔とでは、育児方法が違います。歯周病菌は、唾液を介して感染しますので、赤ちゃんが生まれたら、周りの大人が皆、母子感染に注意ができるように、家族全員で意識をするようにしましょう。

また、感染を恐れて必要以上にスキンシップを恐れる必要はありません。周囲の大人が、歯周病菌が少ないお口の中にしておく事が大切です。「歯周病の治療」「毎日の丁寧な歯磨き」「定期検診」を行い、自分のお口の健康と、子どものお口の健康を守っていきましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP