お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯医者に行くたびに歯周病と言われます。日常生活で何か問題があるのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯医者に行くたびに歯周病と言われます。日常生活で何か問題があるのでしょうか?

歯周病は、歯周病菌による感染症ですが、歯周病菌の存在だけで無く“生活習慣”が大きく関わっている“生活習慣病”でもあります。“生活習慣病”ですから、“何かをすればすぐに治る”というものでもありません。歯周病の原因となる生活習慣と、歯周病の治療方法について、詳しく解説していきたいと思います。

1. 歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌が出す毒素によって、歯を支える周囲の組織、歯ぐきや歯槽骨が壊されていく病気です。放置すると最終的には、歯層骨の大部分が破壊されてしまい、歯は抜け落ちてしまいます。成人の約8割が、歯周病に罹患している、もしくは歯周病予備軍だと言われています。しかし、そのほとんどは、自分が歯周病だとは気がついていません。痛み無く進行していき、気がついた時には、既に進行が進んでいるというのが、歯周病の恐ろしい所です。

2. 歯周病の原因

歯周病の直接的原因は、歯垢(プラーク)中に含まれる歯周病菌です。また、間接的原因として、歯周病になりやすい“口腔内の環境”“生活習慣”の存在があげられます。それぞれについて解説していきたいと思います。

(1)歯周病菌
歯垢(プラーク)中に含まれる歯周病菌が、毒素を出す事によって、歯周組織を破壊していきます。歯周病菌は、特に酸素の少ない環境を好み、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)を中心に棲息します。

(2)口腔内環境
次のような環境は、歯周病の危険因子となります。

a. 歯石
歯石とは、歯垢が唾液の成分によって石灰化したものです。歯石には「はぐきの上にできる「歯肉縁上歯石」と、歯肉の縁より下の外側からは見えない所に付く「歯肉縁下歯石」があります。歯石は周囲に歯垢が付着しやすいため、炎症が悪化する危険があります。特に縁下歯石は、歯周ポケット内で歯周病菌が繁殖しやすくなるので、注意が必要です。歯垢は、歯磨きで除去する事ができますが、歯石は自分で除去する事はできません。定期的に歯科医院で歯石除去を行う事が大切です。

b. 歯並び
歯並びが悪いと、周囲に歯垢が溜まりやすくなり、また歯磨きもしづらくなり磨き残しを作りやすくなります。歯周病菌が繁殖しやすく、歯周病を悪化させる原因となります。

c. 不適合な被せ物
治療でつけた被せ物や詰め物が、ぴったりと合っていない場合、細かな段差ができ、周囲に歯垢が溜まりやすくなります。

d. 口呼吸
口呼吸が癖になっていると、口腔内が常に乾燥しやすい状態になるため、歯周病菌が繁殖しやすい環境になります。また、歯ぐきの抵抗力も弱まるため、炎症を起こしやすくなります。

e. 歯ぎしり
歯ぎしりや食いしばりなどの癖があると、歯に強い負荷がかかる時間が増え、歯周組織に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。既に歯周病菌により炎症を起こしている場合には、強い負荷がかかる事で、悪化しやすくなります。

(3)生活習慣・全身状態
歯周病のリスクを高める生活習慣には次のようなものが挙げられます。日常生活の中で、思い当たる物があれば、歯周病の要因になっているかもしれません。また、全身的な病気や身体の状態も歯周病の発症や進行と大きく関わっています。

a. 喫煙
喫煙は、歯周病を悪化させる大きな危険因子だと言われています。喫煙は、歯ぐきの血管を収縮させ、血行不良を起こします。出血や腫れが少ない事から、見た目は炎症の無い歯ぐきに見える事もありますが、歯周病を重症化させる事がわかっています。
歯ぐきへ十分な栄養が行き渡りにくく、歯周病菌への抵抗力も低下するため、歯周病治療を行っても治りにくい事もわかっています。

b. ストレス・睡眠不足
ストレスや睡眠不足は、身体の抵抗力を弱めます。歯周病菌への抵抗力も低下し、歯周病のリスクが高まります。また、風邪をひいている時なども、炎症が悪化する傾向にあります。

c. 食生活
やわらかいものや甘いものは、歯に付着しやすく、口腔内の歯垢を増やします。間食が多く、ダラダラと食べる習慣も、歯垢を増やし、口腔内の環境が悪くなります。また、食事の栄養が偏っていると、歯ぐきにも栄養が行き渡りにくくなるので、気をつける必要があります。

d. 糖尿病
糖尿病と歯周病は、相互に悪化する関係である事がわかっています。糖尿病があると、細菌に対する抵抗力が弱く、歯周病になりやすくなります。また、歯周病あると、インスリンが作られにくくなり、糖尿病の症状が進行します。

e. 女性ホルモンの影響
女性の場合は、月経前後・出産前後・閉経期など、女性ホルモンのバランスが変化し乱れる時期になると、歯周病が悪化しやすい傾向にあります。

f. 薬の影響
日頃から飲んでいる薬がある場合には、その薬の副作用が口腔内に影響を与える事があります。例えば、抗てんかん薬・降圧剤等の服用は、歯ぐきの増殖を引き起こす事があり、歯周病が悪化しやすくなります。また、多くの薬が、唾液の分泌量を減少させる副作用があります。唾液が減少すると、口腔内の細菌が増殖しやすくなり、歯周病のリスクも高まります。

3. 歯周病の治療方法

歯周病の治療方法は、歯科医院での歯周病治療と、自分で行う「セルフケア」の両方が大切です。また、歯周病は、“生活習慣病”ですから、歯周病に悪い影響を与えている“生活習慣”を改善しない限り、歯周病は回復しません。

(1)歯科医院での歯周病治療
歯科医院では、歯周病の状態を検査した後、進行状態に合わせて治療を進めていきます。治療の中心は、歯石の除去と原因となる歯周病菌の除去です。
歯石(縁上歯石・縁下歯石)を除去した後、歯周ポケット内に繁殖している歯周病菌を除去していきます。歯周病が進行し、歯周ポケットが深くなっている場合には、歯周ポケット内の縁下歯石の除去・細菌の除去を繰り返し行う必要があり、時間もかかります。
重度にまで歯周病が進行している場合には、外科的治療を行う事もあります。

(2)セルフケア
自分でできる事は、次のようなものがあります。悪い習慣を見直し、できるものから改善していくようにしましょう。

a. 毎日の丁寧な歯磨き
毎日の歯磨きを、時間をかけて丁寧に行い、口腔内の歯周病菌を減らすようにします。特に歯周ポケット内の歯垢が、歯周病の原因となります。やわらかめの歯ブラシで、ポケットからかき出すようにします。また、歯と歯の間部分は、歯ブラシだけの清掃では不十分です。デンタルフロスや歯間ブラシを使うようにしましょう。歯科医院での治療時に、一度、ブラッシング指導を受けると安心です。

b. 禁煙
「禁煙をしない限り歯周病は治らない」と言われます。タバコは歯周病にとって、最大のリスク要因です。禁煙が簡単で無い事はわかりますが、歯を守るために、自分の喫煙習慣を見直し、できるだけ禁煙できるようにしていきましょう。

c. 食生活の改善
規則正しい食生活・栄養バランスの良い食事を心がけましょう。間食は時間を決めてする事、甘いものを食べ過ぎない事もポイントです。

d. 食いしばりの改善
食いしばりや歯ぎしりの癖がある場合には、できるだけ改善をするように勤めましょう。食いしばりは、自分で「今食いしばっているな」と感じたら、口元の筋肉を緩めるといったように、意識一つで減らす事ができます。

e. 口呼吸の改善
鼻呼吸になるように意識をしましょう。口呼吸に気がついたら、自分で意識して口を閉じるようにするだけでも効果があります。鼻炎など、鼻に問題を抱えている場合には、耳鼻科を受診するようにしましょう。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯周病の発症と進行は、歯周病菌の存在だけで無く、生活習慣が大きく関わっています。

歯周病に罹患している場合には、自然に治る事はありませんので、治療が必要になります。歯科医院での治療と合わせて、原因となる生活習慣の見直し・改善が必要となります。できるだけ早く受診し、歯周病の治療を開始するようにしましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP