お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

痛みがないので治療の必要はないように感じるのですが、歯周病はどうなった時が治療のタイミングですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

痛みがないので治療の必要はないように感じるのですが、歯周病はどうなった時が治療のタイミングですか?

「歯周病は症状が出たら治療をするもの」という考え方を少し変えた方がいいかもしれません。歯周病の受診のタイミングを含めて、歯周病について詳しく解説していきたいと思います。

1. 歯周病とは

歯周病は、歯ぐきや歯を支える骨(歯槽骨)などの歯の周りの組織を破壊する病気です。最初は、歯ぐきの腫れや出血といった症状から始まり、進行すると歯を支えている歯槽骨が溶かされていき、最終的には支えきれなくなった歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病は、徐々に進行していきます。溶かされてしまった歯槽骨は元には戻りません。ですから歯周病でいう“治療”とは、“今以上の進行を防ぐ”という事です。歯周病は状態が悪化する前に、予防をするのが良いと言えます。

2. 歯周病の原因

歯周病の原因は、プラークの中に含まれる歯周病菌です。歯周病菌が出す毒素によって、歯の周囲の組織は破壊されていきます。プラークは石灰化すると歯石になり、自分では除去できなくなります。歯石の周囲には歯周病菌が繁殖しやすくなり、歯周病を引き起こす要因になります。

歯周病菌の存在に加えて、歯周病を発症・進行させるのには、生活習慣が大きく関わっています。「喫煙」「歯ぎしりや食いしばりの癖」「ストレス」「糖尿病など全身の病気」は、歯周病の発症・進行を促す要因になります。

3. 歯周病はサイレントディシーズ

歯周病はサイレントディシーズ(静かなる病気)と言われています。歯周病は初期の段階では、痛みなどの自覚症状がほとんど無いまま進行していく事からこう言われるようになりました。
痛みが無いと、「治療しなくい良い」と感じてしまう方もいますが、間違いです。歯周病は、痛みが出るほどになると、既に重度にまで進行している可能性があります。そうなると、場合によっては歯が残せない事もあります。

歯周病に罹患している人、もしくは歯周病の予備軍である人は、成人の約8割とも言われています。しかし多くの人は、自分が歯周病である事に気がついていないのが現状です。「痛みが無い」「自覚症状が少ない」というのは、歯周病の怖い所です。歯を守るためには痛みが出る前に、受診し、歯周病予防・歯周病治療を進めるべきなのです。

歯ぐきの腫れや出血、歯が浮いたような感じ、歯ぐきの痛み、口臭など、何らかしらの症状に気がついた時には、即受診をするようにしましょう。

4. 歯周病の進行別症状

歯周病は初期の段階では、自覚症状が少ない病気ですが、日頃からお口の状態に注意していれば、歯周病による変化に気がつき、早めに受診をするなどの対処が可能です。

(1)歯肉炎
炎症が歯ぐきだけに限局した状態です。歯ぐきの出血や腫れが見られます。まだこの段階では、歯槽骨は影響を受けていないので、炎症箇所周囲の清掃を注意して行えば、改善します。歯石が付いている場合は、自分の力では除去する事ができませんので、歯周病に進行していくのを防ぐために、早めに歯科医院で除去するのが良いでしょう。

(2)軽度歯周病
炎症が少し大きくなり、歯を支えている歯槽骨が影響を受け始めた状態です。歯と歯ぐきの境目にある「歯周ポケット」が深くなり始め、歯周ポケット内に細菌が繁殖しやすい状態になります。まだ痛みはありません。歯ぐきの出血や腫れが見られます。この時点で進行を予防するようにしていけば、歯ぐきは引き締まり、歯槽骨の吸収が泊まり、ダメージは少なくて済みます。

(3)中等度歯周病
炎症が大きくなり、歯槽骨の半分程度が溶かされた状態です。歯ぐきの出血や腫れは見られますが、まだ痛みが現れていない事も多いです。硬いものを噛んだ時に痛む場合があったり、歯が浮いたように感じる事があります。放置しておくと、次第に歯ぐきから膿が出るようになってきます。

(4)重度歯周病
さらに炎症が大きくなり、歯槽骨の大部分が溶かされた状態です。歯ぐきの腫れや出血に加えて、歯がグラグラと動いたり、噛んだ時に強く痛みを感じるようになります。膿が排出し始め、口臭がするようになります。ここまで来ると、残念ながら、歯を残せない事もあります。

5. 歯周病を予防するには

歯周病は痛みなどの自覚症状が出る頃には、既に手遅れになってしまう事もあります。歯周病は症状が出る前に、予防をする事が大切です。歯周病予防には、歯科医院で定期的にクリーニングを受ける事と、自宅での清掃習慣が大切です。

(1)定期的なクリーニング・定期検診
定期的に歯科医院で、歯石除去や磨き残しのクリーニングを受けましょう。歯周病は自覚症状が少ないので、定期検診で歯ぐきのチェックを受けましょう。

(2)毎日の清掃習慣
歯周病の原因である歯周病菌を、毎日の丁寧な歯磨きによって除去していきましょう。できれば、歯科医院で一度ブラッシング指導を受け、ご自分に合った歯磨き方法を習得するのが望ましいです。歯と歯の間部分には、歯間ブラシやデンタルフロスを使うと良いでしょう。

6. 歯周病の治療

歯周病の治療とは、それ以上歯周病が進行しないように維持できる環境を作る事です。外から見える歯石だけでなく、歯周ポケット内の歯石を1本1本除去し、定期的に歯周ポケット内の歯周病菌を除去していきます。
重度の場合には、外科的に処置をして根っこについた歯石や感染した歯ぐきを徹底的に取り除く治療を行う場合もあります。

歯周ポケットが浅くなったら、再び歯周病が進行しないようにメインテナンスを行っていきます。進行してしまった歯周病には、治療の終わりはありません。歯をできるだけ長く残せるように管理していきます。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。痛みが無いと、治療の必要がないように感じるかもしれませんが、歯周病は痛みが出てからでは、手遅れになる事があるのです。症状が出る前から、歯周病の予防をする事が大切です。もし、歯ぐきに何らかしらの変化があった場合には、できるだけ早く受診をするようにしましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP