お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯が動いたような、浮いたような感じがします。原因としてどのようなものが考えられますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯が動いたような、浮いたような感じがします。原因としてどのようなものが考えられますか?

歯に起こるトラブルには、歯の痛みだけで無く「歯が動いたような感じ」や「浮いているような違和感」を感じる事があります。
歯が動いたような感じや、浮いているような違和感は、多くの場合、歯を支えている歯周組織のトラブルによるものです。
では、その原因と対処法について詳しく解説していきたいと思います。

1. 歯周病

歯が動く原因で1番に考えられるのは「歯周病」によるものです。歯周病は、成人の約8割が罹患しているもしくはその予備軍だと言われている身近な病気です。歯周病にかかると歯を支えている歯槽骨が徐々に溶かされていき、歯がグラグラと動くようになります。最終的には、歯を支えきれなくなって、歯は抜け落ちてしまいます。

2. 歯周病が進行してしまった場合の対処法

歯がグラグラと動くような状態になると、歯周病は中程度から重度にまで進行した状態だと考えられます。ここまでくると、歯を残せない可能性も出てきます。治る可能性のある場合には、歯科医院での治療と自宅での歯周病ケアを徹底的に行う必要があります。

(1)歯科医院で行う治療
歯石除去と、歯周ポケット内の歯周病菌の除去を行います。歯石は外から見えるものから、歯周ポケット内部の歯石まで徹底的に除去し、歯周ポケット内に繁殖している歯周病菌を定期的に除去していきます。
歯周病が重度にまで進行している場合には、歯肉を切開して中の感染を取り除く外科手術や自費治療で「エムドゲイン療法」という歯周組織の再生治療を行う方法があります。

(2)自宅での歯周病ケア
歯科医院での治療だけでは、歯周病は改善しません。毎日の自宅でのケアがとても重要です。自宅でのケア方法は、徹底的に歯磨きで歯周病菌を除去する事です。ほとんどの場合、歯科医院での治療時にブラッシング方法の指導を受けます。ご自分の合った歯ブラシや歯間ブラシを使用して、歯周ポケット内の歯周病菌をかき出すように歯磨きし、歯と歯の間部分も毎日丁寧に磨くようにします。

(3)違和感を感じたら早めに受診する事がポイント
特に歯周病の場合、初期の状態では、痛みなどの自覚症状がほとんど無く、多少の違和感でも放置してしまいがちです。歯が大きくグラグラと動くようになると、手遅れになってしまう可能性が高くなります。“歯が浮くような感じ”は、初期の歯周病でも、風邪をひいている時や疲れている時など免疫力が低下している時に感じる事が多い症状です。少しでも歯の動揺を感じたり、歯が浮いたような感じがしたら、早めに受診をする事が、自分の歯を守るポイントです。

3. 歯周病以外によるもの

(1)歯根膜炎
歯根膜炎(しこんまくえん)とは、歯根膜に炎症が起こった状態です。歯根膜とは、歯と歯槽骨の間にある組織です。歯は直接、歯槽骨にくっついているわけでなく、歯根膜を介して繋がれています。歯根膜は、歯につたわる刺激を和らげたり、噛んだ時の感覚を脳に伝える働きをしています。この歯根膜が炎症を起こすと、歯が動いたような、浮いたような違和感を感じる事があります。歯周病も歯根膜炎の原因のひとつですが、歯周病以外にも様々な原因があるので紹介していきたいと思います。

a. 食いしばりや歯ぎしり
食いしばりや歯ぎしりによって、歯に持続的に強い力が加わると、歯根膜がダメージを受けます。食いしばりや歯ぎしりの癖を改善する事が必要です。食いしばりは、気がついた時に、上下の歯を離すように意識する事で、少しずつ癖が無くなってくる事があります。
歯ぎしりは、寝ている間にしている事が多く、無意識である事が多いので、改善しにくい問題です。歯ぎしりの原因となっている噛み合わせがあれば、噛み合わせ治療で改善する場合があります。マウスピースを作製し、寝ている間に装着する方法があります。

b. 歯の根の先に膿が溜まっている
神経にまで進行した虫歯を放置しておくと、歯の根の先にまで感染が広がり、膿の袋ができる事があります。歯の根の先に膿が溜まると、歯を押し出そうとして歯が浮いたような感じがする事があります。
歯の根の治療を行い、根の先の膿を完全に放出させます。場合によっては、外側から歯ぐきを切開して膿を排出させる事があります。

c. 歯の使い過ぎ
硬いものや歯ごたえがあるものを食べ続けると、歯に過度な力が繰り返し加わり、歯根膜がダメージを受ける事があります。このような場合は、少し歯を使わず休ませる事で、多くの場合回復してきます。

d. 疲労やストレス
疲労やストレスが溜まっている時、また風邪をひき免疫力が低下している時は、歯が動いたような、浮いたような感じがする事があります。血液やリンパの循環が悪くなっているためだと考えられます。女性の場合は、出産前後や月経前後も注意が必要な期間です。
なるべく身体を休める事が一番です。このようなものが原因になっている場合には、他に歯周病などの原因があり、疲労やストレスによって、悪化している状態とも考えられますので、他にも原因が無いか探ってみましょう。

(2)歯を強くぶつけた
歯を強くぶつけた場合、亜脱臼といって、歯が半分抜けかけている可能性があります。動いている歯を固定し、経過をみていきます。中の神経が死んでしまった場合には、神経を取る治療を行う必要がありますが、適切な処置をすぐに行えば、再びしっかりと歯が固定され使用できるようになります。

(3)歯の根が割れている
神経のある歯の場合は、強い痛みを伴います。神経が無い歯の場合には、歯が動いたような、浮いたような違和感として感じる事があるでしょう。
歯の割れ方によって対処方法は異なります。被せ物で修復できるような状態であれば、被せ物を装着する治療を行います。歯の根が縦に割れているような状態の場合は、残念ながら歯を残す事が難しい場合が多いです。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。
歯が動いたような、浮いたような感じがする場合、最も考えられる原因は歯周病によるものです。歯が動くような場合には、歯周病が中程度〜重度にまで進行している可能性があり、場合によっては歯を残せない事もあります。違和感を感じたらできるだけ早く治療を開始するのが、歯を守るポイントです。
歯周病でなくても歯根膜炎を起こしている場合、歯を強くぶつけた場合、歯の根が割れている場合も、同様の症状が現れる事があります。
原因は様々ですので、自己判断だけで決めつけるのは危険です。歯が動いたような、浮いたような感じがしたら、できるだけ早く受診をするようにしましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP