お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯医者さんに初めて行く場合、どのような手順を踏めばいいのでしょうか|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯医者さんに初めて行く場合、どのような手順を踏めばいいのでしょうか

始めて歯医者に行く場合、「どこの歯医者に行ったらよいのか」「予約は必要なのか」「受診する前にしておく事はあるのか」など様々な不安があるでしょう。誰しも、始めての事をする時には不安なものです。安心して受診する事ができるよう、歯医者を受診する手順について詳しく解説していきたいと思います。

1.歯医者を選ぶ

最初に、通院する歯医者さんを選びましょう。家族や友人に紹介してもらう事ができれば安心ですが、何もあてが無い場合には、次のような事を心に留めて、通院する歯医者さんを選ぶのが良いでしょう。

(1)継続して通える歯医者さんである事
虫歯や歯周病など問題があった場合、1回で治療が終われる事は少ないので、継続して通う事ができる歯医者さんを選びましょう。通いやすい距離にある事、診療時間、診療日などを考慮すると良いでしょう。いくら評判が良い歯医者さんであっても、通うのに1時間もかかってしまったり、仕事の時間と診療時間が合わず、なかなか予定が合わせられないようでは意味がありません。
検診を目的に受診する場合は、1回で治療が終われる事も多いですが、定期的に検診をする歯医者さんは、同じ医院を選ぶ方が良いですので、継続して通える事が条件になります。

(2)ネットの口コミに左右されすぎない事
歯医者さんをあまり知らない場合に、ネットの情報を参考にする事もあると思います。ネット上には、たくさんの歯科医院情報が載っており、口コミも寄せられています。ここで注意して欲しいのは、「口コミに左右されすぎない事」です。参考にするのは良いと思いますが、歯医者さんも患者さんも人間ですので、相性があると思います。いくら口コミの評判が良いからといって、自分にとっての相性とは違いますので、口コミを鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

(3)専門的な治療を希望する場合には、良く調べる事
審美歯科や矯正歯科、インプラント治療など、専門的な治療を希望する場合には、よく調べてから受診をする事をおすすめします。これら専門的な治療は、高い技術を必要としますし、失敗するリスクもあります。自分だけで探すのが難しい場合には、ネットなどで調べた後、一度治療の相談に来院されると良いでしょう。その際には、あらかじめ連絡をしておくようにしましょう。「相談だけでもいいの?」と心配な方も居るかもしれませんが、この時点で断られたり、無理に治療を勧められるような場合は、あまりお勧めできない歯医者さんです。

2. 予約の電話をする

(1)歯科医院が予約である理由
歯科医院の治療は、基本的に予約制となります。歯科治療は、虫歯治療・歯周病治療・審美歯科治療・クリーニング・定期検診など、多岐にわたります。治療内容に応じて必要な時間が決められており、スタッフもかかりきりになるため、決められた時間をあらかじめ確保しておく必要があります。
また、治療で使用する器具・器材も細かく、治療内容によって異なります。予約システムによって、1日の治療内容を把握しておく事で、治療の準備をスムーズに行う事ができ、患者さんの治療をスムーズに進める事ができます。

(2)予約の電話の方法
予約の電話をする際は、診療時間内にするようにしましょう。予約をする時には、以下の項目について伝える必要があります。
・初診であること
・名前や連絡先等
・希望する治療内容や歯の状態(痛みがある・定期検診を希望・クリーニングを希望など)
あらかじめ、痛みなどの状態や、希望する治療内容を説明しておく事で、来院時にスムーズに治療を進める事ができます。

3. 受診をする

(1)受診の際の注意点
歯医者を受診する際には、最低限守っていただきたいマナーがあります。安心・安全に治療を進めるため、お互いに気持ちよく治療を進めるために大切な事ですので、必ず守るようにしましょう。

a. キャンセルをしない事
歯医者では、患者様ひとりひとりのために、時間と診療台、治療にあたるスタッフを確保し、あらかじめ治療の準備をして待っています。キャンセルはしないようにしましょう。やむを得ない事情でキャンセルする場合には、早めに電話連絡をするようにしましょう。無断キャンセルは、マナー違反なので、絶対に止めましょう。

b. 歯を磨いてから受診する事
受診の前には、マナーとしてきちんと歯を磨いてから来院するようにしましょう。口の中が不衛生なままだと、治療の前に汚れを取り除かなくてはいけません。それに、それでは「歯を大切にしていない」と思われても仕方ありません。受診前に、きちんと歯磨きをしておく事で、“磨き残し”を発見する事もできますので、必ず歯を磨いてから受診するようにしましょう。

c. 口紅をつけたまま受診しない事
口紅を付けていると、治療の邪魔になります。治療器具に口紅が付着して、治療しにくくなったり、血液と間違えてしまう事があります。また、治療中は、患者さんの身体の状態を知るバロメーターとして、“唇の色”も常に観察しています。口紅は、受診前に必ず取るようにしましょう。

(2)受付から会計までの流れ
来院したら、まず受付で名前と予約時間を伝え、保険証を提示します。詰め物や被せ物が取れてしまっている場合は、持参し手渡すようにしましょう。
受付を済ませたら、初診の場合は「問診票の記入」があります。治療をスムーズに進めるために大切な事ですので、正しく記入するようにしましょう。
待合室で待ち、名前を呼ばれたら診療室に入ります。診療台を案内されますので、座ってなるべくリラックスをして待つようにしましょう。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯医者さんに初めて行く場合には、不安があると思います。受診の手順は難しい事ではありません。初診の時の手順さえ頭に入れておけば、2回目以降はスムーズかと思います。手順とポイントについてまとめたいと思います。

(1)歯医者を選ぶ
通える歯医者さんを選びましょう。ネットの口コミには鵜呑みにしすぎず参考程度にしましょう。審美歯科や矯正歯科・インプラント治療など、専門的治療を希望する場合には、よく調べ

(2)予約の電話をする
歯科医院は基本的に予約制になります。患者さんひとりひとりに対し、必要な診療時間とスタッフを確保するために必要な事ですので、あらかじめ電話で予約をするようにしましょう。その際に初診である事、歯の状態や希望の治療を伝えるようにしましょう。

(3)受診をする
受診をするにあたって3つのマナーを守りましょう「キャンセルをしない事」「歯を磨いてから受診をする事」「口紅をつけたまま受診しない事」治療に対する恐怖心や治療内容に対する不安がある場合には、診療中はなかなかタイミングがない事もありますので、受付で伝えたり、電話で伝えたりしておくと安心です。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP