お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

痛くもないのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われました。治療の必要はあるのですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

痛くもないのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われました。治療の必要はあるのですか?

「虫歯は痛くなったら治療をする」と思っていませんか?
それは間違いです。虫歯は初期の状態では痛みはありませんが、放っておくとどんどん進行するため、治療が必要になります。痛みが無いと、治療の必要性についてなかなか納得できない場合もあるかもしれませんが、歯を守るためには、痛みが出る前の段階で、治療をする事が最善の場合もあるのです。

1. 虫歯の進行と痛み

虫歯は進行していく病気です。一度虫歯になると、自然に治る事はありません。虫歯の進行に応じた痛みの程度と治療方法について解説します。

(1)CO(シーオー)
初期虫歯と言われる状態です。痛みがありません。歯の表面のエナメル質が溶け始めているものの、まだ穴は空いていない状態です。表面が白濁したり、茶色っぽくなります。この時点では治療の必要はありません。

(2)C1
初期段階の虫歯です。エナメル質に穴が空いた状態です。痛みはまだありませんが、治療が必要な段階です。冷たいものを飲んだ時にしみる事があり、虫歯に気がつく事があります。放っておくと虫歯は進行していきますので、早めに治療が必要です。この段階では、簡単な虫歯治療で済み、歯への負担も少なくて済みます。

(3)C2
エナメル質の下の象牙質まで虫歯に侵された状態です。冷たいものがしみたり、温かいものを食べた時に痛む事があります。ここまでくると自覚症状があるので、自分で虫歯に気がついて歯医者に行く事も多いようです。虫歯部分も削り取り詰め物をする治療や、虫歯が大きい場合には、被せ物の治療をする事になります。

(4)C3
虫歯が、歯の神経にまで到達した状態で、何もしなくてもズキズキとした強い痛みが出る場合があります。この状態になると、神経を取る治療をしなくてはなりません。神経を取ってしまうと、歯は脆くなり、歯の寿命が短くなります。虫歯が神経に到達する前に、虫歯に気がつき治療をする事が大切です。

(5)C4
歯の大部分が虫歯によって溶かされ、歯が根だけになってしまった状態です。歯の根の先に膿が溜まっている事もあります。歯の神経は死んでしまい、痛みはありません。歯の根の先の炎症が大きくなり、膿がたくさん溜まってしまうと、強い痛みの症状がでる事があります。
歯の根がまだしっかりとしていれば、根の中や根の先をきれいにした後、差し歯のようにして修復が可能な場合もありますが、残念ながら歯を残す事が難しい場合もあります。

2. 痛くも無いのに歯の治療を勧められるケースとは

痛くも無いのに、「虫歯がある」と言われるケースは、虫歯の程度が「C1」もしくは「C4」の状態である事が考えられます。

「C1」の状態は、痛みはありませんが、軽度の虫歯で歯に穴が空いた状態なので、治療が必要です。治療は早ければ早いほど良いと言えます。

「C4」の状態は、虫歯が重度に進行しているものの、痛みがあった時期を経過し、歯の神経が死んでしまっているため、既に痛みが無くなっている状態です。痛みが無くなると、虫歯があった事を忘れてしまう方も居ますが、「C4」の状態は、歯を失う可能性もある状態のため、早めに治療をする必要があります。治療が早ければ、まだ歯を残せる可能性も高くなります。

3. 虫歯を早めに治療する方が良い理由

虫歯の進行が「C1」である早めの状態のうちに、治療をする方が良い理由は2つあります。

(1)歯への負担が少ない
虫歯が軽度であれば、歯を削る量が少なく済みます。虫歯部分の歯を削り、歯科用のレジンを詰める治療で済む場合も多く、1回で治療が終わります。虫歯が深くなると、歯を削る量が多く、結果的に歯の寿命を縮める事になります。特に虫歯が歯の神経にまで進行してしまった場合、神経を取る治療をしなくてはならず、歯が脆くなってしまいます。

(2)治療費の負担が少ない
早めに治療をする事で、治療回数が少なくなるという事は、治療費の負担も軽くなります。歯科用レジンを詰めるだけの治療であれば、1回の保険診療で済み、費用も1500円〜3000円程度になります。しかし、虫歯が大きくなり、人工の被せ物をする事になると、保険診療の銀歯で4000円〜になります。白い色の歯を希望の場合には、自費診療になるので、およそ3万円〜になります。
被せ物だけでも、これだけの金額がかかるのに加えて、歯の根の治療が必要な場合には、2〜3回程度の通院が必要になりますので、さらに負担は大きくなります。

4. 定期検診のすすめ

虫歯に早く気がつき、早めに治療をするためには、定期検診が大切です。痛みが無いと、自分で虫歯に気がつく事は難しいものです。目で見てわかるほどの虫歯は限られていますし、歯と歯の間から始まるような虫歯の場合には、見ても分からない事があります。定期的に歯科医院で虫歯のチェックを受けるようにしましょう。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。痛くもないのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われた場合でも、治療の必要がある事がわかりましたでしょうか。痛みの無い虫歯には2つの段階の虫歯が考えられます。

・ C1 歯のエナメル質だけが虫歯になっている初期の状態
・ C4 歯の大部分が無くなり、歯の神経が死んで、歯が根だけになった状態

C1の段階は、「痛みが無いが、治療が必要」です。早めに治療する事で、歯の負担も少なく済み、治療費の負担も軽く済みます。C4の段階は、目で見て虫歯だとわかるので、ほとんどの場合は自分で気がつくと思いますが、こちらも歯を出来る限り残すためには、早めに治療が必要です。

虫歯に早く気がつき、早めに治療をするためには、定期検診が大切です。痛みが無いと、自分では虫歯に気がつかない事が多いので、定期的に歯科医院で虫歯のチェックを受けるようにしましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP