お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

入れ歯は一度作ってもらえばずっと使い続けることができるのでしょうか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

入れ歯は一度作ってもらえばずっと使い続けることができるのでしょうか?

入れ歯は、歯を失ってしまった場合に、歯の機能を回復するための手軽な方法です。取り外し式の人工の歯を装着する事で、失った部分の歯を補う事ができます。歯を失ってしまった時、顎骨に金属の人工歯根を埋め込む「インプラント」という治療法がありますが、比較すると費用が安く、治療が簡単だというメリットがあります。

1. 入れ歯の寿命

入れ歯の寿命は平均して5年程度だと言われています。残っている歯の状態や、顎の骨の状態によって、個人差があります。また、将来的に、歯や顎の骨がどのように変化していくかによっても左右されます。入れ歯のタイプ別に、作り替えが必要なケースを説明していきたいと思います。

(1) 部分入れ歯(保険)
保険の部分入れ歯は、プラスチック素材でできているため、自然の歯と比較して軟らかいため、使用していると徐々に擦り減り劣化していくので、作り替えが必要です。また、部分入れ歯は、固定するために、自分の歯に留め金を引っ掛けています。留め金を引っ掛ける歯が、虫歯や歯周病で使えなくなってしまった場合には、入れ歯を作り替えなければなりません。

(2) 部分入れ歯(自費)
自費の部分入れ歯で代表的なものでは「ノンクラスプデンチャー」があります。留め金の替わりに、歯ぐきを同じ色をした弾力性のあるプラスチックや樹脂素材でできたバネで固定します。目立たない部分入れ歯で人気がありますが、こちらも寿命はあります。金属の留め金は無くても、自分の残った歯を利用して、入れ歯を固定している事には変わりません。残っている歯が虫歯や歯周病で使えなくなってしまった場合には、入れ歯の作り替えが必要になります。

(3) 総入れ歯(保険)
保険の総入れ歯は、全体がプラスチック素材でできているため、使用していると徐々に擦り減り劣化していきます。特に噛み合わせが悪くなっていると、擦り減りが激しくなります。歯ぐきが痩せて入れ歯が緩くなってしまった場合、ある程度は、内側に樹脂を足すなどして、調整して使う事ができます。極端に緩くなってしまった場合や、噛み合わせが悪くなってしまった場合には、作り替える必要があります。

入れ歯の着脱時や手入れの際に、落としてしまうと、割れてしまう事もありますので注意が必要です。

(4) 総入れ歯(自費)
自費の総入れ歯で代表的なものでは、入れ歯の床(しょう)部分が金属でできている「金属床義歯」があります。多くの歯を失ってしまった場合の「部分入れ歯」でも、このようなものがあります。丈夫で薄いので、装着感が良いのがメリットです。壊れにくく、保険のプラスチック義歯より、劣化しにくいといえます。ただし、金属は修正がしにくいので、歯ぐきが極端に痩せてしまった場合には、修正が難しく新しい入れ歯を作らなければならない場合があります。

2. 入れ歯をできるだけ長く使うためのポイント

入れ歯は残念ながら“一生もの”ではありません。寿命は平均5年程度と言われますが、入れ歯の劣化状況、ご自身の残った歯と顎骨の状態によって、もっと長く使う事は可能です。入れ歯と口腔内をきちんと管理できて、状態がよければ、10年以上使える事もあり得るでしょう。入れ歯をできるだけ長く使うためのポイントを紹介していきましょう。

(1) 毎日のお手入れ
毎日きちんとお手入れする事で、入れ歯の寿命は延びます。自分の歯と同じようにブラシで磨いて汚れを落とすようにしましょう。お手入れ時の注意点は5つあります。

a. 歯磨き粉は付けない
歯磨き粉には、研磨剤が含まれているものがあります。最近は、含有されていない商品の方が多いですが、念のため使わないようにしましょう。歯磨き粉をつけなくても十分に汚れは落ちます。基本は擦り洗いです。入れ歯専用のブラシもしくは歯ブラシで擦り洗いをして汚れを落としましょう。

b. 熱湯を使わない
洗う時に熱湯を使うと、入れ歯が変形する恐れがあります。冷たい水もしくはぬるま湯で洗うようにしましょう。

c. 入れ歯洗浄剤は補助的に使う
様々な入れ歯洗浄剤が市販されています。補助的な効果は期待できるものもありますが、洗浄剤だけで汚れが落ちる事はありません。まずは、きちんとブラシで擦って洗うようにし、洗浄剤は補助的に使いましょう。また、入れ歯の種類によっては、洗浄剤を使わない方が良いものもあります。事前に歯科医院に確認をしておくようにしましょう。

d. 留め金の周囲は丁寧に行う
留め金の周囲は、特に汚れが溜まりやすい箇所です。ブラシを使って細かく磨きましょう。留め金が変形しないように丁寧に扱う必要があります。力を加えて曲げたりしないようにしましょう。

e. 落とさないように注意をする
落としてしまうと、入れ歯が割れてしまう心配があります。洗面所で手入れをしていても、洗面台の材質によっては、簡単に割れてしまう事もあります。念のため、水を貼った洗面器などの上で手入れをする事をオススメします。

(2) 定期検診
入れ歯の寿命や状態は、自分では判断できません。入れ歯を作ったら、定期検診を受けて、入れ歯の状態と残っている歯を、定期的にチェックする必要があります。噛み合わせの不具合等も、すぐに調整する事ができるので、定期検診を受ける事で、大きなズレや不具合が起きる前に対処する事ができ、入れ歯を長く使えるようになります。

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。入れ歯は残念ながら“一生もの”ではありません。一番良いのは、「入れ歯にならずに、自分の歯を長く使う事」ではありますが、入れ歯になってしまった場合には、入れ歯を長く正しく使い、きちんと噛める状態を維持する事が大切です。残っている歯がある場合には、残っている歯の寿命をできるだけ長くする事が重要です。「毎日の入れ歯のお手入れ」「定期検診」をきちんと行い、“きちんと噛めるお口”を維持していきましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP