お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

プラークと歯石に注意していれば、歯周病は完全に予防できますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

プラークと歯石に注意していれば、歯周病は完全に予防できますか?

結論からいうと、プラークと歯石に注意していても、歯周病は完全には予防できません。
確かに、プラークと歯石は、歯周病の原因になりますので、歯周病を予防するにあたって、プラークと歯石に注意するのは、とても大切な事です。しかし、お口の中の歯周病菌を完全に排除するのが難しい点、歯周病には多くの生活習慣が関係している点から、プラークと歯石にいくら注意していても、完全には歯周病の予防はできないと言えます。
歯周病の原因と予防方法について、もう少し詳しく解説していきたいと思います。

1. プラークと歯石の正体

プラークと歯石は歯周病の原因になります。プラークと歯石の正体について少し詳しく解説していきましょう。

(1) プラーク
プラークは歯垢(しこう)とも言われます。プラークは、食べカスでは無く、細菌の塊です。プラーク1mgの中には、1億個もの細菌がいると言われています。プラークの中には、様々な種類の細菌が含まれています。歯周病菌や虫歯菌だけでなく、悪さをしない常在菌なども含まれています。
プラークが歯に付着したままになると、プラーク中の細菌が悪さをします。歯周病菌は、毒素を出し、歯の周囲の組織である歯ぐきに炎症を起こします。さらに、歯周病が進行してくると、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてしまいます。歯にプラークが付着したままにならないよう、きちんと歯磨きをする事が大切です。

(2) 歯石
歯石とは、プラークが唾液の成分によって石灰化して石のように硬くなったものです。実は歯石自体は、悪さをしません。ただし、歯石が付着していると、歯石の周囲には、歯周病菌が繁殖しやすくなり、歯周病が発症・進行しやすくなります。歯周病の予防には、歯石除去が必要不可欠ですし、歯周病の治療においても、歯石除去はとても重要です。
歯石は、自分では取る事ができませんので、定期的に歯科医院で歯石除去を受ける必要があります。

2. 歯周病を発症・進行しやすくする要因とは

歯周病の発症・進行には、プラークや歯石による歯周病菌の存在だけでなく、生活習慣も大きく関わっています。歯周病は、“生活習慣病”の1つだとも言われています。歯周病を発症・進行しやすくする要因には、どのようなものがあるのでしょうか。

(1) 喫煙
喫煙している人は、そうでない人に比べて2倍〜5倍歯周病になりやすい事がわかっています。喫煙は身体に悪い事はご存知だと思いますが、歯ぐきにも悪い影響を及ぼします。歯ぐき中も毛細血管が収縮し、歯ぐきに影響が行き渡りづらくなり、歯周病が進行しやすくなります。また、組織の酸素濃度が低下する事で、歯周病菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。白血球の機能が低下し、歯ぐきの抵抗力も低下してしまいます。
喫煙は、歯周病の最大のリスク要因となります。

(2) 糖尿病
糖尿病の人は、歯周病の罹患率が倍以上になると言われています。糖尿病で、高血糖状態が続くと、身体の中の防御反応が低下して、感染症にかかりやすくなります。歯周病も歯周病菌による感染症ですので、歯周病にかかりやすくなると言えます。また、糖尿病は歯周病を悪化させてしまうとわかっています。相互に悪影響を与えてしまうので、糖尿病の方は、歯周病がハイリスクとなるので、お口の管理・歯周病予防が大切になります。

(3) 妊娠
妊娠すると増加する女性ホルモンの影響で、女性ホルモンを好む種類の歯周病菌が増殖しやすくなります。そのため妊娠中特有の「妊娠性歯肉炎」を起こしやすくなります。出産後、症状が治まる事が多いですが、お口の中の清掃環境が悪い場合など、そのまま歯周病に以降してしまう事もあるので注意が必要です。

(4) 食生活
間食の回数が多い場合や、やわらかい食べ物ばかりを好んで食べている場合、プラークが蓄積しやすくなり、歯周病になりやすくなります。

(5) ストレス
ストレスホルモン分泌による免疫力の低下は、歯周病のリスク要因となります。ストレスによって、間食が増える事も要因のひとつとなります。

(6) 唾液の減少
口呼吸の習慣で口の中が乾燥する場合や、飲んでいる薬の副作用で唾液が減少する場合、お口の中の細菌は増殖しやすくなります。

(7) 人からの歯周病菌感染
歯周病菌は唾液を介して、人から人に感染します。家族やパートナーが歯周病の場合、スキンシップなどにより、歯周病菌が感染しやすくなるので、家族やパートナーに歯周病がある場合には、きちんと治療をしてもらいましょう。一緒に歯周病予防をしていく事も大切です。

3. 歯周病予防のポイント

歯周病予防は、プラークと歯石だけに注意していれば良いわけではありません。歯周病を発症・進行しやすくする要因が、自分にあるかどうかを見直し、改善できるものはしていきましょう。病気や身体の状態など、改善できないものについては、自分の歯周病リスクをしっかりと意識して、歯周病予防をしていきましょう。歯周病予防の大切な2つの柱は次のとおりです。

(1) 歯科医院での定期検診とクリーニング
(2) 自宅での清掃習慣と生活習慣の見直し

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯周病は、プラークと歯石だけ注意していれば予防できるわけではありません。プラークと歯石に注意すると共に、生活習慣に注意する事が重要です。

歯周病を発症・進行しやすくする生活習慣をまとめると次のようになります。

  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 妊娠ストレス
  • 食生活
  • 唾液の減少
  • 人からの歯周病感染

これらの生活習慣を見直し、できるところは改善する事が大切です。その上で、定期的に、歯科医院の検診とクリーニングを受け、歯周病から歯を守っていきましょう!

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP