お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯周病がどんな病気なのかを分かりやすく教えてほしいです|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯周病がどんな病気なのかを分かりやすく教えてほしいです

歯周病は、虫歯と並ぶ「お口の中の二大疾患」です。成人の7割以上が、罹患していると言われている一方、自覚症状の無い人が多いのが現状です。歯周病は、歯を失う恐れのある怖い病気でもあります。そのような事にならないよう、歯周病から歯を守っていけるように、「歯周病とはどんな病気なのか」「歯周病はどうやって予防したら良いのか」詳しく解説していきたいと思います。

1. 歯周病とは?

歯周病とは、歯周病菌によって、歯の周りの組織が破壊されていく病気です。歯ぐきの腫れや出血といった症状から始まり、徐々に歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされていきます。進行すると、歯槽骨の大部分が溶かされ、歯は支えきれなくなり、グラグラと動くようになり、最終的には抜け落ちてしまいます。
お口の中の病気として代表的なものには、“虫歯”がありますが、虫歯が歯の病気なのに対し、歯周病は歯ぐきの病気です。

2. 歯周病はどのように進行するのか

では、歯周病はどのように進行していくのか、進行していく過程を、順に説明していきたいと思います。

(1) 歯肉炎
歯ぐきが赤く腫れたり、歯磨きの際などに歯ぐきからの出血がみられます。まだ炎症が歯ぐきに限局している状態です。歯槽骨は溶けていませんので、この状態で歯垢や歯石をきちんと除去し、歯周病を予防していけば、炎症は次第に治まって、元の状態に戻ります。

(2) 軽度歯周病
歯ぐきの炎症が進行し、歯槽骨が溶け始めている状態です。自覚症状は、歯肉炎の時とあまり変わらず、歯ぐきが赤く腫れたり、歯ぐきからの出血がみられます。歯槽骨が溶け始めた事により、歯と歯ぐきの間には、歯周ポケットが作られて、歯周ポケット内で、歯周病菌が繁殖するようになります。歯周ポケット内の歯石や歯周病菌を除去し、進行を止める事が必要です。

(3) 中程度歯周病
炎症が更に進行し、歯槽骨の半分程度溶けてしまった状態です。歯ぐきの腫れや、歯ぐきからの出血がみられます。歯周ポケットは更に深くなり、歯周病菌はどんどん繁殖するようになります。歯がグラグラし始める事や、物を噛んだ時に痛みが出る事もあります。しかし、この段階になっても、まだ痛みが現れない事も多く、気がつかない人も居ます。

(4) 重度歯周病
炎症が更に進行し続け、歯槽骨のほとんどが溶けてしまった状態です。歯ぐきの腫れや出血は酷くなり、膿も排出されるようになります。膿の臭いと、破壊された歯周組織の臭い、歯周病菌の臭いで、口臭が酷くなります。手で歯に触れると、グラグラと動きます。ここまでくると、残念ながら、歯を残せない事も多く、自然に抜けてしまう事もあります。

3. 歯周病はサイレントディシーズ

歯周病は「サイレントディシーズ(静かなる病気)」とも言われます。歯周病は重度になるまで自覚症状が少なく、静かに進行していく事から、そのように言われます。痛みなどの自覚症状が表れる頃には、歯周病は重度にまで進行してしまい、取り返しがつかない場合もあります。
歯周病は、自覚症状が少ない病気ですので、定期検診などを受け、自覚症状が少ない段階で、早めに気がつき、治療を進める事が大切なのです。

4. 歯周病の原因

(1) 歯周病菌
歯垢(プラーク)中の歯周病菌が原因です。歯周病菌は毒素を出して、歯周組織を破壊していきます。歯周病菌は酸素が少ない場所を好む細菌です。歯周病が進行し始めて、歯と歯ぐきの境目に“歯周ポケット”をつくるようになると、歯周ポケット内に、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

(2) 生活習慣
歯周病の直接の原因は、歯周病菌の存在ですが、歯周病の発症・進行には、生活習慣が大きく関わっています。歯周病のリスク要因となる生活習慣には次のものがあげられます。

a. 喫煙
タバコには、ニコチンをはじめとする様々な有害物質が含まれています。歯ぐきは、有害物質の刺激を受けやすく、吸い込んだ煙による刺激を直接受けるだけでなく、ニコチンは唾液中にも溶け込み、持続して歯ぐきに刺激を与え続けます。歯ぐきの内側の結合組織や骨膜にも、ニコチンは末梢血管を通じて刺激を与えます。血管収縮作用もあるので、歯ぐきに栄養が行き渡りづらくなります。
「タバコを吸っている限り、歯周病は治らない」と言われるほど、タバコは、歯周病にとって最大のリスク要因です。

b. 糖尿病
糖尿病の人は、そうでない人にくらべて2倍歯周病になりやすくなります。歯周病は糖尿病を悪化させます。糖尿病と歯周病は相互に悪影響を与え合ってしまいます。

c. 妊娠
妊娠中は、増加する女性ホルモンの影響で、女性ホルモンを好む種類の歯周病菌が繁殖しやすくなります。そのため、「妊娠性歯肉炎」にかかりやすくなります。妊娠性歯肉炎は、出産後、次第に治まってくる事が多いですが、お口の中の清掃環境が悪い場合など、歯周病に移行してしまう事もあるので注意が必要です。

d. ストレス
ストレスホルモンは、免疫力を低下させるため、歯周病にかかりやすくなります。また、ストレスによって間食が増えると、お口の中の細菌が増殖し、歯周病のリスクも高まります。

e. 食生活
間食の回数が多い場合や、やわらかい物ばかり食べる習慣は、プラークを蓄積しやすくさせるため、歯周病にかかりやすくなります。

f. 唾液の減少
唾液が減少すると、お口の中の細菌が繁殖しやすくなります。口呼吸の習慣がある場合や、飲んでいる薬がある方は、副作用の影響で口の中が乾きやすい場合があります。

5. 歯周病予防について

歯周病予防には、お口の中の歯周病菌を取り除く事、歯周病を発症・進行させる生活習慣を見直す事が大切です。歯周病は、自覚症状があまり無いまま進行していきます。歯周病から歯を守るためには、早い段階で歯周病に気がつき、進行しないように予防をしていく事が大切です。
歯周病予防の3つのポイントは次のとおりです。

・ 定期的に歯科医院で検診を受ける事
・ 毎日丁寧に歯磨きを行う事
・ 歯周病が発症、進行しやすい生活環境を見直す事

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯周病は、虫歯と並ぶ「お口の中に二大疾患」で、歯を失う危険のある怖い病気です。しかし、自覚症状が少ないため、自分が歯周病である事に気がついていない人も多いのが現状です。
歯周病で“痛み”がでるようになってきたら、歯周病がかなり進行している証拠です。そうなる前に、歯周病予防をして、歯周病から歯を守っていきましょう!

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP