お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

矯正は、矯正装置を装着するのが嫌です|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

矯正は、矯正装置を装着するのが嫌です

矯正では矯正装置を装着しますが、この矯正装置の装着を嫌に思っている人は少なくないでしょう。
最も、矯正する上ではどうしても矯正装置の装着は必要なため、
それ自体が嫌だというなら残念ながらその要望に応える術はありません。

しかし、目立つことが理由で矯正装置の装着に抵抗があるのであれば、
文字どおり目立たない矯正装置を選んで矯正することが可能です。
そこで、ここでは目立たない矯正装置について解説していきます。

1. 裏側矯正のすすめ

舌側矯正もしくはリンガル矯正とも呼ばれる矯正方法で、矯正装置を歯の裏側に取りつけます。
矯正装置は歯に装着するため口を開くと目立ってしまいますが、
それは矯正装置が表側に装着されているためであり、これを裏側に装着する方法もあります。

それが裏側矯正であり、従来の表側矯正に比べて目立ちにくいのがメリットです。
ただ、矯正装置を舌側に装着することにはそれならではのデメリットもあり、
具体的には「発音がしづらい」、「会話時に違和感がある」などが挙げられます。

最も、このような違和感は近年では大幅に解消されており、
矯正装置のサイズが小さくなったため違和感は少なくなっていますし、慣れで解消できる問題です。

2. マウスピース矯正のすすめ

マウスピース矯正とは、マウスピースタイプの矯正装置を使用した矯正方法です。
マウスピースは自分で取り外しできますし、またマウスピースそのものが目立たない仕様になっています。
透明で目立たないマウスピースを使用したこの矯正方法は、「見えない矯正」とも呼ばれています。

最も、そんなマウスピースも審美性の点では大変優秀ですが、
一方で複雑な症例には対応しづらい欠点もあり、矯正力はそれほど高くありません。
歯を動かす力においては、表側矯正の方が優れています。

そのため、凸凹した歯並びだとマウスピース矯正では対応できないケースもあり、
マウスピース矯正は矯正を希望する全ての人におすすめできる治療方法ではないのです。

3. マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正ではいくつかの注意点があります。
最も、実際にマウスピース矯正を始める際に医師からも説明があると思いますが、
マウスピース矯正において多い質問とその回答を次にまとめます。

マウスピース矯正は治療期間が短い?

マウスピース矯正のメリットの一つとして治療期間の短さが挙げられますが、
これは表側矯正に比べて治療が早く終わるというわけではありません。
マウスピース矯正で対応できるのは簡単な症例であるため、必然的に治療期間も短いのです。

取り外しは自由に行っても良い?

マウスピース矯正では、矯正装置であるマウスピースを自分で取り外しできますが、
必要な装着時間は決められており、1日20時間ほど装着しなければなりません。
そのため、外すタイミングは歯磨き・食事・入浴時などに限られるでしょう。

マウスピース矯正は虫歯になりにくい?

矯正装置を取り外して歯磨きできることから、マウスピース矯正は虫歯を予防しやすいとされています。
しかし、矯正中の虫歯へのなりやすさはマウスピース矯正においても例外ではなく、
マウスピース矯正の場合は唾液による細菌の洗浄が難しくなるため、その点で虫歯になりやすいのです。

4. マウスピース矯正の種類


マウスピース矯正で使用するマウスピースには種類があり、
主に使用されているのがインビザラインとアソアライナーです。

インビザラインとは

世界全体で見れば、マウスピース矯正で最も多く使用されているのがインビザラインです。
歯型をとり、3Dシミュレーションによって最終的な歯並びが確認できるのが特徴で、
治療後の歯並びが分かることは長期間治療を継続する上でのモチベーション向上につながります。

アソアライナーとは

マウスピース矯正では、矯正装置であるマウスピースを自分で取り外しできますが、
必要な装着時間は決められており、1日20時間ほど装着しなければなりません。
そのため、外すタイミングは歯磨き・食事・入浴時などに限られるでしょう。

マウスピース矯正は虫歯になりにくい?

頻繁に歯型をとるため、常に違和感のない矯正装置の再現が可能です。
そのため、アソアライナーは矯正装置としての精度が高く、
通院の頻度は高くなるものの、精密な矯正装置によって高い治療の効果が期待できます。

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正についてまとめます。

1. 裏側矯正のすすめ :矯正装置を舌側に装着するため、矯正中でも目立たない
2. マウスピース矯正のすすめ :透明なマウスピースを装着するため、矯正中でも目立たない
3. マウスピース矯正の注意点 :自分で取り外し可能だが、1日20時間以上の装着が必要
4. マウスピース矯正の種類 :インビザラインとアソアライナーが一般的

これら4つのことから、見えない矯正について分かります。
矯正装置を装着したくない要望に応えることはできませんが、
目立つ矯正装置を装着したくない要望に応えることは可能です。

裏側矯正なら文字どおり裏側…つまり、舌側に矯正装置を装着するため目立たないですし、
マウスピース矯正は見えない矯正と呼ばれるほど人気の矯正方法です。
このように、現在では矯正装置の装着を目立たなくさせる方法が充実しています。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP