お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

現在虫歯の治療で通院していますが、痛みはなくなりました。もう通院をやめてもいいですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

現在虫歯の治療で通院していますが、痛みはなくなりました。もう通院をやめてもいいですか?

勝手に通院をやめるのは、良くありません。「痛みが無くなった」=「虫歯が治った」という事ではありません。きちんと最後まで治療をし、虫歯を治す事が大切です。

1. 治療中断の歯に起こる様々な悪影響

時々、痛みが無くなると、途中で治療を止めてしまう人がいます。痛みが無くなると、お口の状態が良くなったかのように感じ、続けて治療に通うのが面倒になってしまうのかもしれません。治療を中断すると、様々な悪影響が起こります。起こりえる悪影響をあげていきたいと思います。

(1) 虫歯が進行する

治療途中で痛みが無くなることはよくある事です。そもそも、虫歯治療をするのにあたって、痛みを取る治療から最初に始めます。ですから、痛みが取れたからと言って、治ったわけではありません。まだ虫歯に侵された歯質が残っている事もあるでしょう。完全に治る前に、治療を中断してしまうと、再び虫歯が進行してしまう可能性があります。

(2) 再び虫歯になりやすくなる

仮に、虫歯部分の歯を全て除去した状態であっても、再び虫歯になる可能性が高くなります。虫歯の治療は、最終的に人工の詰め物や被せ物をする事がほとんどですが、治療途中の段階では、仮の詰め物をしている状態になります。仮の詰め物は、最終的なものとは異なり、外れやすく、永久的にきちんと密閉できる訳ではありません。
仮の詰め物が外れた後、再び虫歯菌が侵入すれば、以前の虫歯より酷い状態で、虫歯は進行していきます。再び虫歯になった場合、虫歯が歯の神経にまで到達してしまう可能性が高く、歯の神経を抜く治療や、歯の根の治療が必要になってきます。

(3) 歯が割れてしまう

治療途中の歯は、詰め物や被せ物をしていないため、歯がとても薄い状態で、割れやすくなっています。食事をするなどの普通の行動であっても、少し強い力がかかると、割れてしまう可能性があります。
割れてしまうと、再び痛みが出る可能性があります。また、割れ方によっては、歯を残す事が難しいような場合もあります。

(4) 周囲の歯にも悪影響がでる

治療途中のまま中断してしまうと、噛み合わせが改善されないままという事になります。噛み合わせが悪いと、周囲の他の歯の噛み合わせの崩れてきてしまいます。噛み合わせが悪い状態が続くと、頭痛や肩こりの原因にもなります。
また、虫歯が残ったままになっていると、隣の歯へも虫歯が進行してしまう可能性があります。

2. 再治療は手間と費用がかかる

治療を中断しても、虫歯が治る事はありませんから、多くの場合、再び何らかしらの問題が起きて、再治療になります。
再治療といっても、治療を中断した所から始められるわけではありません。多くの場合、歯の状態は悪化していますので、再び最初から治療を始める事になります。再治療になるという事は、それだけ手間と費用がかかるのです。

3. 治療を中断すると歯科医院に通いにくくなる

歯科医師もスタッフも人間ですから、治療計画を立てて、一生懸命治療をしていても、途中で来なくなってしまうのは、とても悲しい事です。患者さんのお口の健康を守りたいと思う気持ちや、やる気を無くしてしまう事もあります。
それに、患者さん自身も、途中で治療を止めてしまった歯科医院には、通いにくくなるのでは無いでしょうか。

4. 「虫歯になってから行く」から「虫歯にならないように通う」歯科医院へ

歯科医院は、「虫歯になってから行く」だけではありません。本来、「虫歯にならないように通う」のが、お口の健康を守るためには大切です。
虫歯にならないように、定期的にお口のチェックとクリーニングをするのが理想的です。虫歯がある場合でも、早めに発見する事ができれば、早めに治療を開始する事ができます。痛みが出る前の虫歯であれば、簡単な治療で済む事が多く、身体的にも経済的にも負担は少なくなります。

「虫歯になってから行く」を繰り返していると、虫歯治療を何度も繰り返す事になり、だんだんと自分の歯は失われ、結果的に歯の寿命は短くなってしまいます。
一生使う歯を守るために、かかりつけの歯科医院を持って、「虫歯になってから行く」から「虫歯にならないように通う」へ変えていきましょう。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。これまでの説明で、“治療中の歯の痛みがなくなった場合、通院をやめても良いか”の答えがわかったと思います。
痛みが無くなったからといって、虫歯が治ったわけではありません。治療を中断する事で起こる悪影響をまとめると次のようになります。

  • 虫歯が進行する
  • 再び虫歯になりやすくなる
  • 歯が割れてしまう
  • 周囲の歯にも悪影響がでる

このように、歯にとって良い事は何もありません。またこれからの歯科治療にも次のような悪影響があります。

  • 再治療は手間と費用がかかる
  • 治療を中断すると歯科医院に通いにくくなる

一生使っていく歯を守るためには、「きちんと最後まで治療を続ける事」そして、「虫歯になってから行く」から「虫歯にならないように通う」歯科医院へ、変えていきましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP