お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

虫歯がきっかけで脳梗塞が起こると聞きました。一体どういうことですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

虫歯がきっかけで脳梗塞が起こると聞きました。一体どういうことですか?

「虫歯」と「脳梗塞」一見関係の無さそうな2つの病気ですが、実は関わりがあります。「虫歯」を放置した事が原因となって「脳梗塞」を起こす事があるのです。脳梗塞を起こすと、最悪の場合は死に至る事もあります。たかが虫歯と思われがちですが、深刻な状態を引き起こす事もある恐ろしい病気なのです。
では、虫歯がきっかけで脳梗塞を起こすというのは、一体どういうことなのか、虫歯の進行と合わせて、詳しく解説していきたいと思います。

1. 虫歯を放置するとどうなるか

一度穴が空いてしまった虫歯は、自然に元に戻る事はありません。放っておけば、虫歯はどんどん進行して深くなります。放置した虫歯は、どのように進行していくのでしょうか。

(1) CO(シーオー)

初期虫歯と言われる状態です。虫歯になりかけの状態で、歯の表面が白くなり溶け始めています。まだ穴は空いていません。厳密には、まだ虫歯になっていない状態で、この状態であれば、フッ素塗布を行うなどして、歯の再石灰化が進めば元に戻る事もあります。自然に治る可能性がありますが、丁寧な歯磨きを行い、食生活を見直すなど、よく注意する必要があります。

(2) C1

歯の一番表面のエナメル質に、小さく穴が空いてしまった状態です。黒色や茶色をしています。まだエナメル質だけが虫歯に侵された状態で、痛みはありません。冷たい飲み物などがしみる事があります。

(3) C2

虫歯が、エナメル質の下の象牙質にまで進行した状態です。冷たいものや温かいもの口に入れるとしみるようになります。虫歯が歯の神経に近くなるほど、痛みがでるようになります。

(4) C3

虫歯が歯の内部の神経(歯髄)にまで到達した状態で、何もしなくても、我慢できないほどにズキズキと痛むようになります。歯の神経を取る治療が必要になります。

(5) C4

虫歯が進行した最終段階です。歯の頭の部分は虫歯で溶け、歯の神経も死んでしまった状態で、痛みも感じなくなります。神経が死んでしまった後、虫歯が歯の根の先まで進行すると、歯を支える歯槽骨にまで炎症が進んでしまう事もあります。歯の残っている部分が多ければ、被せ物などで治療をする事もできますが、場合によっては、歯を残せない事もあります。

2. 虫歯の痛みが無くなったら要注意

虫歯がC4にまで進行し、痛みが無くなったら要注意です。本来、その前の段階で、虫歯の治療をするべきなのですが、虫歯がC4まで進行すると、痛みが無くなるため、緊急性を感じなくなってしまい、そのまま治療をせずに放置してしまう事があるようです。
そのまま放置し続けると、虫歯の最近が、歯ぐきや顎の骨から、毛細血管を通じて、血液中に入り込み、全身に感染が広がり、命に関わる深刻な事態になる事があります。考えられる深刻な病気には次のものがあります。

(1) 上顎洞炎

上顎洞とは、顔の骨の中にある空洞のひとつで、上の奥歯の上方、目の下あたりに位置しています。上の奥歯の根の先ととても近い位置にあるので、歯の根の先に溜まった膿が、上顎洞に流れると、上顎洞に炎症を起こしてしまう事があります。顔が大きく腫れたり、顔全体に痛みが出る事があります。

(2) 骨髄炎

歯の根の先の炎症が、顎の骨にまで広がった状態です。強い痛みや吐き気、発熱、寒気などが起こります。治療には入院が必要になる場合があります。

(3) 脳梗塞・心筋梗塞

虫歯の細菌が、歯の根の先から顎の骨に広がり、毛細血管を通じて血管に入り込み、全身をめぐると、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす事があります。高齢の場合や極端に抵抗力が落ちている場合には、注意が必要です。

3. 虫歯が原因となる脳梗塞

脳梗塞とは、脳の血管が血栓などで詰まり、血流が行き渡らなくなり、脳の組織が壊死してしまう病気です。
虫歯を放置して、虫歯菌が血管内に入り込むと、全身を巡り、血栓を作る事があります。放置した虫歯に、頭痛、吐き気、嘔吐という症状が重なったら注意が必要です。
虫歯菌によってできた血栓が、心臓に流れた場合には、心筋梗塞になります。いずれにしても、命に関わる事もある怖い病気です。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。虫歯がきっかけで脳梗塞が起こるメカニズムが理解できましたでしょうか。ズキズキと痛みがある虫歯を放置すると、次第に痛みが治まってきますが、痛みが治まった後の虫歯ほど、特に注意が必要です。
一旦痛んだ歯の痛みが治まると、治っていないにも関わらず、状態が良くなったと感じて、通院が億劫になる事もあるかもしれません。しかし、虫歯は単に歯だけの問題ではありません。脳梗塞など全身の状態とも関わりがある病気です。たかが虫歯と捉えずに、虫歯に気がついたら、早めに受診をしましょう。

最も良いのは、虫歯になる前に、虫歯予防で定期的に歯科医院を受診する事です。早めに虫歯予防をする事で、虫歯に関わる深刻な事態を未然に防ぎ、健康な歯の寿命を延ばす事ができます。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP