お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯周病になりやすい人となりにくい人っていますか?もしいるならその違いは何ですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯周病になりやすい人となりにくい人っていますか?もしいるならその違いは何ですか?

歯周病は歯を失う可能性がある恐ろしい病気です。歯周病、またはその予備軍である人は、日本人の成人の7割とも言われており、多くの人が歯周病に罹患すると言われています。
誰にでも罹患する可能性のある“歯周病”ですが、歯周病の発症は、歯周病菌の存在に加えて、歯周病になりやすい環境であるかどうかが関わっています。
歯周病になりやすい人、なりにくい人の違いは何なのか、詳しく説明していきたいと思います。

1. どのようにして歯周病になるのか

歯周病の主原因は、歯周病菌です。プラーク中の歯周病菌が毒素を出す事によって、歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える骨(歯槽骨)を破壊します。
歯周病にかかるのには、この歯周病菌の存在に加えて、体質や持病、生活習慣の要因が関わってきます。歯周病菌の存在に、体質や持病、生活習慣の要因がかさなった時、歯周病は発症します。

2. 体質や持病による歯周病リスク

よく歯を磨かなくても、虫歯や歯周病にかかりにくい人がいます。そのような人は、体質や持病が歯の状態に関係している可能性があります。

(1) 噛み合わせや歯並びが悪い

噛み合わせや歯並びが悪いと、一部の歯に強い負荷がかかり、歯周病を発症進行しやすくします。また、歯並びが悪いと、歯に汚れが溜まりやすく、除去しづらいので、歯周病のリスクが高くなります。

(2) 女性ホルモンのバランス

女性は、歯ぐきにホルモンバランスの影響を受けやすくなります。出産前後の方、閉経前後の更年期の方、思春期の方は、ホルモンの分泌の関係で、歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。
妊娠中は、妊娠中に増えるホルモンを好む、特有の歯周病菌が増殖するため、「妊娠性歯肉炎」にかかりやすくなります。
歯ぐきは女性ホルモンの影響を受ける事から、男性より女性の方が、多少歯周病リスクが高いと言えます。

(3) 糖尿病

糖尿病の方は、感染に対する抵抗力が弱まってしまうため、歯周病が進行しやすくなります。

(4) 遺伝

歯周病自体が遺伝する事はありませんが、歯周病になりやすいリスク要因は、遺伝する可能性があります。
歯周病は免疫力が低いと、発症しやすくなります。遺伝的に免疫力が低い場合、遺伝的疾患である糖尿病や白血病は、歯周病に影響を及ぼす事がわかっています。

3. 生活習慣による歯周病リスク

次のような生活習慣や癖があると、歯周病のリスクを増加させます。歯周病が治りにくくなる事もありますので、歯周病の治療には、これら生活習慣の改善が必要不可欠です。

(1) 喫煙

喫煙は、歯周病の最大のリスク要因です。1日10本以上の喫煙で、歯周病にかかるリスクは5倍以上になると言われています。
また、10年以上喫煙習慣がある人は、歯周病が重症化しやすい事もわかっています。
タバコの煙には、多数の有害物質が含まれています。ニコチンは、歯ぐきの毛細血管を収縮させ、歯ぐきに栄養が行き渡りにくくなります。
免疫機能も低下するので、歯周病が悪化しやすくなります。
また、タバコを吸っていると、歯ぐきの腫れや出血が見た目上、抑えられるので、患者さん自身が、歯周病である事に気がつきにくくなります。
見た目上症状が抑えられているだけなので、実際には歯周病の状態はどんどん悪化していきます。気がついた時には、既に手遅れになる程、進行してしまっている事もあります。

(2) 歯磨きが不十分

歯磨きは、ただ毎日すれば良いのではありません。きちんと汚れが取れている事が大切です。自己流だと、どうしても磨き残しができてしまうので、
一度歯科医院のブラッシング指導を受けてみるのがオススメです。患者さんひとりひとりに合ったブラッシング方法を習得する事ができます。

(3) 口呼吸、歯ぎしり、食いしばり

口呼吸の癖があると、口の中が乾燥しやすくなり、汚れが溜まりやすくなります。歯周病菌も繁殖しやすくなり、歯周病の発症・進行の要因になります。
歯ぎしりや食いしばりの癖があると、一部の歯に強い負荷がかかりがちになります。歯ぐきに炎症を起こしている箇所の歯に、強い負荷がかかると、歯周病が悪化しやすくなります。

(4) 食生活

粘着性の強い食べ物や、糖分が多い食べ物は、プラークをつくりやすくします。
一般的には、虫歯との関係を言われる事が多いですが、プラークが増えるという事は、虫歯菌だけでなく、歯周病菌も増殖するという事です。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯周病になりやすい人となりにくい人が居る事がわかりましたか?歯周病は、歯周病菌が原因となりますが、
歯周病の発症には、体質や持病、生活習慣によって、歯周病リスクが増加する事がわかっています。歯周病リスクと関わる項目をまとめると次のようになります。

<体質や持病による歯周病リスク>

  • 噛み合わせや歯並びが悪い
  • 女性ホルモンのバランス
  • 糖尿病
  • 遺伝

<生活習慣による歯周病リスク>

  • 喫煙
  • 歯磨きが不十分
  • 口呼吸、歯ぎしり、食いしばり
  • 食生活(粘着性の強い食べ物、糖分が多い食べ物)

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP