お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯周病になっても、しっかり歯磨きしていればそのうち治りますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯周病になっても、しっかり歯磨きしていればそのうち治りますか?

歯磨きは歯周病の治療にとって、とても大切です。しかし、歯周病が進行している場合、歯磨きだけでは症状が改善しません。丁寧な歯磨きに加えて、適切な治療が必要です。
歯周病をテーマに、歯磨きで治るケース、歯磨きで治らないケースについて、治療法にも触れて解説していきたいと思います。

歯周病とは

歯周病は、歯周病菌による感染症です。繁殖した歯周病菌が毒素を出し、歯の周囲の組織を破壊していきます。はじめは、炎症は歯ぐきに限局した「歯肉炎」の状態ですが、そこから進行すると「歯周炎」の状態になり、次第に歯を支える骨、歯槽骨が溶けて破壊されていきます。歯槽骨の大部分が破壊されてしまうと、歯を支えきれなくなり、歯は抜け落ちてしまいます。
歯周病は、歯を失う可能性のある恐ろしい病気です。歯周病の発症・進行を予防するためには、毎日の丁寧な歯磨き・歯科医院での定期検診、クリーニングが大切です。

歯磨きで治るケースとは

炎症が歯ぐきに限局している「歯肉炎」の状態で、歯石の沈着が無ければ、歯磨きだけでも治る事があります。ただし、正しい歯磨きができている事が大切です。毎日きちんと歯磨きをしていても、“磨いているつもり”になっているだけで、汚れがきちんと除去できていなくては意味がありません。自分に合った“正しい歯磨き方法”を習得するためには、歯科医院の定期検診で一度ブラッシング指導を受けるのが良いでしょう。

歯磨きで治らないケースとは

「歯肉炎」から「歯周炎」に移行してしまった後は、歯磨きだけでなく、歯科医院での適切な治療が必要です。歯槽骨が溶け始めて、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットが出現し、自分の力だけでは、口の中の細菌を除去する事が難しくなってくるためです。歯科医院では、歯石の除去と、歯周ポケット内の細菌の除去をメインに行っていきます。歯石は、歯ぐきに上に沈着している「縁上歯石」だけでなく、歯周ポケット内の歯根に沈着している「縁下歯石」まで丁寧に除去する必要あります。

縁下歯石は、手用スケーラーで1本ずつ丁寧に手で除去していかなくてはならず、時間をかけて全てを除去していきます。
それでも、歯槽骨の大部分が溶けてしまった重度の歯周炎になると、治療をしても進行を止める事が出来ず、歯を残せない事があります。

歯磨きだけで治らない理由については、次でもう少し詳しく解説していきたいと思います。

歯磨きだけで治らない理由

(1)歯石は歯磨きでは除去できない

歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したもので、固く石のようになったものです。歯石自体、悪さはしませんが、歯石を放っておくと、歯周病菌の温床になります。歯石を除去しない限り、歯周病菌はずっと溜まりやすい状態になるため、歯周病の症状はいつまで経っても改善されません。歯石は、歯ぐきより上の「縁上歯石」と、歯周ポケット内の歯の根に沈着する「縁下歯石」があります。両方ともしっかりと除去しなくてはなりません。

(2) 歯磨きだけでは、磨き残しがある

歯磨きで除去できる汚れは全体の6割程度と言われています。いくら丁寧に歯磨きをしていても、磨き残しはできてしまうものです。歯磨きで全ての歯周病菌を除去する事ができれば、歯磨きだけでも改善するかもしれませんが、現実的に無理です。

ただし、歯周病治療では、家での正しい歯磨きは必要不可欠です。歯磨きだけでは、歯周病は治りませんが、歯磨きをしなくては絶対に治りません。毎日の丁寧な歯磨きが根底にあった上で、歯科医院での歯石除去や細菌除去などの治療を進めていくのです。

歯周病は自覚症状が少ない病気

最後に、歯周病は自覚症状が少ない厄介な病気である事を知っておいてください。歯周病は、痛みなどの自覚症状が現れる頃には、中程度〜重度にまで進行してしまっている可能性があります。自分が歯周病だと気がついた時には、既に歯磨きだけで治療をするのは難しいほど、歯周病が進行してしまっている可能性が高いのです。そればかりか、歯科医院で治療を行っても改善が難しいほどに進行してしまっている事もあります。

歯周病に早めに気がつき、早めに進行を予防するためには、きちんと定期検診を受ける事と、歯磨きの際に歯ぐきのセルフチェックを行う事が大切です。自分で歯ぐきの状態を注意してみる事で、わずかな出血や腫れなどの変化にいち早く気がつく事ができます。歯肉炎の状態で気がつく事ができれば、歯石の有無によりますが、丁寧な歯磨きだけでも症状が改善するかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯周病が進行している場合、歯磨きだけでは症状が改善しない事がわかりましたでしょうか。まとめると次のようになります。

歯磨きで治るケース:
炎症が歯ぐきに限局している「歯肉炎」の状態で、歯石の沈着が無い場合。適切な歯磨きができれば、治る可能性があります。

歯磨きで治らないケース:
「歯肉炎」から、炎症が歯槽骨にまで広がった「歯周炎」に移行した場合。歯石が沈着している場合。

歯磨きだけで治らない理由
・ 歯石は歯磨きでは除去できない
・ 歯磨きだけでは、磨き残しがある

ほとんどの場合、歯磨きだけでは治らない事がわかります。歯周病は自覚症状が少ないまま進行していきます。自己判断をするのは難しい病気です。歯周病から歯を守る為には、歯科医院での定期検診や定期的なクリーニングが必要不可欠です。定期的に、歯ぐきの状態のチェックを受けて、歯を守っていきましょう!

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP