お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯が黒ずんで虫歯っぽいのですが痛くありません。今はまだ歯医者に行かなくても大丈夫ですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯が黒ずんで虫歯っぽいのですが痛くありません。今はまだ歯医者に行かなくても大丈夫ですか?

痛みが無くても、歯が黒ずみ、虫歯の可能性があるようでしたら、早めの受診をおすすめします。

「歯医者は、痛くなったら行く所」だと思っていませんか?痛くなるという事は、虫歯はかなり進行した状態であるという事です。
今回は、早めに歯医者に行った方が理由や、虫歯を放置して起こる事などを詳しく解説したいと思います。

初期の虫歯は痛みが無い

歯の表面には、エナメル質という層があります。エナメル質は歯の神経と離れているため、虫歯になってもほとんど痛みを感じません。
虫歯がエナメル質に限局した状態のC1の虫歯は、歯が黒くなったり茶色くなったりするものの痛みはありません。冷たいものが時々しみるような症状がでる事はありますが、ズキズキと痛むわけでは無いので、そのままやりすごしてしまう事も多いようです。

歯が黒ずむ場合、虫歯以外の原因とは

歯が黒ずむ原因は虫歯以外にもあります。虫歯の可能性がある以上、自己判断は厳禁ですが、次のような原因である場合もある事を知っておきましょう。

黒い歯石

歯石というと、白い色のイメージを持たれている方も多いと思いますが、実は黒い歯石も存在します。歯周病が進行してくると、歯周ポケット内に血液の色が混じった黒い歯石が付着するようになります。縁下歯石というのですが、縁下歯石が付いている場合、歯と歯ぐきの境目あたりに黒っぽい歯石が見える事があります。早めに受診し、歯石除去・歯周病治療を受けるようにしましょう。

詰め物の変色

プラスチック製の詰め物などは、年月の経過と共に劣化し茶色や黒色に変色する事がよくあります。

着色汚れ(ステイン)

黒というより、少し茶色っぽくなっている場合には、着色汚れ(ステイン)の可能性があります。タバコを吸う方だけでなく、コーヒーやワインを良く飲む方も付着しやすくなります。見た目の問題だけでなく、表面にプラークが付着しやすくなる等の問題があります。歯科医院で着色除去を受けましょう。

神経が無い歯の変色

歯の根には、歯を健康に保つための神経や血管が通っています。虫歯の治療などで、歯の内部の神経を取る治療をした場合、年月が経つと歯質の水分量が減り、黒く変色する事があります。歯をぶつけるなどして、歯の神経が死んでしまった場合も同様です。

薬の副作用による変色

妊娠中や幼少期に、テトラサイクリン系の抗生物質を服用した場合に、黒っぽく(グレー色)に変色した歯になる事があります。歯の健康には影響ありません。テトラサイクリン歯は、生まれつきのものなので、突然歯が黒ずんだような場合は、他の理由があります。

虫歯は自然には治らない?

よく知っておいて欲しいのは、「進行してしまった虫歯は自然には治らない」という事です。一度穴が開いてしまうと、必ず治療をしなければ虫歯は治りません。ただし、ごく初期の虫歯であれば、自然に治る場合があります。「CO(シーオー)」といわれる状態で、歯の表面のエナメル質が溶け始めて白く濁っているような状態です。まだ穴は開いていません。COの虫歯は、歯から抜けだしたミネラルを再び歯質に取り込む「再石灰化」を促す事で、自然に治す事ができます。フッ素塗布や、食生活の改善、キシリトールガムなどが有効です。

歯が黒ずんでいて虫歯の場合には、自然に治る段階を通り越してしまっているため、必ず治療が必要になります。逆に言えば、歯が黒ずむ前に初期虫歯に気がつけば治療をせずに済む場合もあります。自分では初期虫歯を発見する事は難しいので、定期検診をきちんと受ける事をおすすめします。

早期治療のメリット

虫歯はなるべく早く治療を開始した方、歯のダメージが少なく、将来的に長く歯を使う事ができます。また、治療回数も少なく済み、費用的な負担も身体的な負担も減ります。

虫歯がエナメル質に限局している場合には、1回で治療を終わらせる事ができますが、虫歯が象牙質まで進行している場合には2〜3回、虫歯が神経にまで到達している場合には、歯の神経を取る治療をしなくてはならず4〜5回の治療が必要になります。もっと治療が遅れてしまうと、根の先に膿が溜まってしまい、10回以上の治療が必要になる事もあります。

虫歯を放置するとどうなるか

虫歯を放置すると、虫歯はどんどん進行していき、次第に強い痛みが出るようになります。虫歯に侵された部分が多くなると、歯を失ってしまう事もあります。歯は一度失ってしまったら、元に戻す事はできません。また、放置が続けば、炎症が顎の骨にも波及し、激痛になる事もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯が黒ずんで虫歯っぽいと感じた場合には、痛みが無くても早めに受診をすることをおすすめします。初期の虫歯は、痛みが無い場合がほとんどです。痛みが出る前に治療をする事で、簡単な治療で済むため治療費の節約になりますし、何より生涯に渡って歯を長持ちさせる事につながります。歯が黒ずんでいるのを発見したら、早めに受診をするようにしましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP