お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

初期段階だろうと進行していようと、虫歯の治療方法は基本的に同じですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

初期段階だろうと進行していようと、虫歯の治療方法は基本的に同じですか?

虫歯の進行状態によって、治療方法は異なります。簡単に言うと、初期段階であれば、簡単な治療で済みますが、虫歯が重度にまで進行していると、治療に時間がかかってしまいます。身体的にも費用的にも負担の大きい治療になってしまいます。今回は、虫歯の進行状態に応じた治療方法について、詳しく解説していきたいと思います。

虫歯の進行の仕方

虫歯は進行状態によって次のように分類されます。虫歯は、一度穴が開いてしまうと、自然に治る事はありません。放置しておくと、どんどん虫歯は深く進行していきます。

CO:初期虫歯と言われる状態です。歯の表面のエナメル質が少し溶けかかった状態で、白く濁った色をしています。まだ穴は開いていません。

C1:歯の一番表面のエナメル質が溶けて、黒ずんだ状態です。穴が開いた状態です。痛みはまだありませんが、冷たいものや甘いものがしみる事があります。

C2:虫歯が進行し、エナメル質の下の象牙質まで及んだ状態です。冷たいものや甘いものなどちょっとした刺激でしみるようになり、時々ズキンと痛んだりするようになります。

C3:さらに虫歯が進行し、歯の神経が通っている歯髄腔の中まで侵された状態です。何もしなくてもズキズキと強く痛んだり、常温のものもしみたりします。

C4:歯の神経は死んでしまい、歯は根だけになってしまった状態です。痛みは無くなりますが、根の先に膿がたまったり、顎の骨が感染したりすると、激痛になります。

虫歯の進行状態別、治療方法

次に虫歯の進行状態別に、詳しい治療方法を解説していきたいと思います。

(1)CO

まだ歯が溶けかかった状態で、穴が開いているわけでは無いので、日々のケアで歯の再石灰化を促進する事で、自然に元に戻る事があります。
歯の内部のカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出してきているので、歯の再石灰化を促して、再びミネラルを歯質に取り込む事で、歯は修復されます。
フッ素入りの歯磨き粉を使用したり、カルシウムやリンなどのミネラルが配合されたペーストを利用するのも効果的です。日常生活では、飲食後の適切な歯磨きと、ダラダラと食事をしない習慣が大切です。また、「よく噛んで食べること」で、唾液の分泌が促され、唾液の再石化作用がよく働きます。

(2)C1

虫歯はエナメル質に限局しているので、虫歯になった部分を全て取り除き、詰め物を詰める簡単な治療で済みます。虫歯になった範囲によって、詰め物は異なります。
ごく小さな虫歯であれば、コンポジットレジンという歯と同じ色をしたプラスチック素材のようなものを、穴の部分に詰めて、形を整えて治療は終了です。1回の受診で済みます。
虫歯の範囲が少し広い場合には、インレーという詰め物入れます。2回の通院が必要です。1回目は虫歯の除去・歯質の形成・インレーの型取りを行い、2回目は、インレーをセットして、噛み合わせなどの形を整えます。
インレーは、保険適用のものと自費のものがあり、保険適用のものは、金銀パラジウム合金という銀色をした金属です。自費の場合は種類が選べ、セラミック製のものなど、歯と同じ色をした見た目に美しいものも選べます。

(3)C2

象牙質に進行した虫歯も、C1の治療と同様に、虫歯になって部分を全て取り除き、詰め物を詰める治療を行います。コンポジットレジンでの治療は強度の面から難しい事が多く、インレーを装着するか、虫歯が広範囲場合には、歯全体に被せる被せ物(クラウン)を装着します。型取りと装着で2回の通院が必要です。
虫歯が象牙質にまで進行すると、一気に虫歯の進行速度が早くなります。外から見た時には、小さな穴でも、中で大きく広がっている事もあります。神経近くにまで進行している場合には、虫歯を削り取った後、セメントや薬剤で、穴の底部分を埋めて、神経を保護するようにします。

(4)C3

歯の神経が侵されてしまっており、ズキズキと痛む状態です。歯の神経を取り除く治療を行います。炎症を起こしていると麻酔が効きづらいので、治療も痛みを伴う可能性が高くなります。応急処置を行い、炎症が少し治まってから確りと治療を行う場合もあります。こうなる前に受診するのが一番良いです。しかしこうなってしまった場合には、神経を取り、歯の根の中を綺麗な状態にして蓋をするまで、きちんと治療を行わないと、後々再び痛みが出たり、もっと状態が悪くなってしまう事があります。きちんと最後まで治療を行う事が大切です。治療手順は長くなるので、順に説明していきます。全て終わるまでに最短で5週間必要です。

<治療手順>

・ 虫歯に侵された部分と歯髄(歯の神経)を取り除く
・ 歯髄腔の中をきれいにする
・ 歯髄腔の中にお薬を入れて借りの詰め物で蓋をする
その後、何日かに分けて、歯髄腔の中の消毒・お薬を入れう・仮の詰め物をするという治療を、中がきれいになるまで繰り返します。
・ 中が十分に消毒されたら、無菌状態で最終的なお薬を詰める
・ 被せ物をするための土台を立てるため、形を整える
・ 土台の型取りをする
・ 土台を装着し、被せ物の型取りをするため、形を整える
・ 被せ物の型取り
・ 被せ物を装着する

(5)C4

神経が死んでしまって歯は根っこだけになっています。残っている歯質の量によりますが、多くの場合治療が困難になります。残念ながら、歯根は抜歯して取り除き、傷が治った後、その部分をブリッジや入れ歯で補う治療を行います。残っている歯質が多く、どうにか歯を残せた場合、被せ物をする治療ができる場合もあります。
C4の状態になると、痛んでいた時期を通り越し、神経が完全に死んでしまい痛みが無い場合があります。痛みが無いと、受診を先延ばしにしてしまう方もいますが、放置してしまうと、更に酷い状態になり、強い痛みが現れる事があるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。虫歯は進行状態に応じて、治療方法が異なります。進行すればするほど、治療にかかる回数も増え、困難な治療が多くなります。虫歯は早期発見・早期治療が大切です。できるだけ早い時期に虫歯に気がつき、早めに適切な治療をする事が大切です。痛みが無い初期の虫歯に気がつくためには、定期検診が大切です。定期検診を受けて、歯を守っていきましょう!

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP