お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

入れ歯の寿命はどれくらいですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

入れ歯の寿命はどれくらいですか?

入れ歯は、一生使えるわけではありません。物である以上、年月が経てば劣化します。入れ歯は噛む機能を補っている大切な道具で自分の一部です。寿命で使えなくなった場合には、再度作り替えをし、噛む機能を維持していかなければなりません。入れ歯の平均寿命と、入れ歯を長持ちさせるための秘訣について詳しく解説していきたいと思います。

入れ歯の平均寿命

使用状態、清掃状態、使用している入れ歯の種類によって大きく異なりますが、保険のプラスチックの入れ歯の場合、平均寿命は3年〜5年といわれています。
入れ歯は毎日使うものなので、使っているうちに噛む面が擦り減って平らになってきます。噛み合わせも悪くなり、外れやすくなるので作り替えが必要になります。
例え、入れ歯に不具合を感じていなくても、10年も20年もプラスチックの入れ歯を使い続ける事は止めた方が良いです。口の中も年を取るので、歯ぐきの形が変わり、実は入れ歯が合わなくなっている可能性が高いです。噛み合わせも変わっているでしょう。細かい傷ができて汚れやすくなっているので、衛生的にもよくありません。

保険の入れ歯と自費の入れ歯、寿命の違いは?

(1)保険の入れ歯の寿命
保険の入れ歯の材料で使われているプラスチックは劣化しやすい材料です。変形しやすいという弱点もあります。毎日の使用で繰り返し歯がぶつかると、そうしても擦り減って合わなくなってきます。そのまま使用していると噛む機能が低下したり、発音に不具合がでてきます。細かい傷もできやすいので、汚れが溜まって不衛生になりがちです。3年〜5年で作り替えが必要です。

(2)自費の入れ歯の寿命
自費の入れ歯は、金属やセラミックなどの固い材料を使う事ができますので、保険の入れ歯より寿命は長くなります。使用に問題が無ければ、5年以上使う事ができます。きちんと定期的に歯科医院で入れ歯のチェックを受けて、丁寧に扱えば10年以上使う事も可能です。
ただし、自費の入れ歯でも、金属の留め具の代わりに歯ぐきと同じ色のシリコンを使用したノンクラスプデンチャーは、審美性に優れる代わりに耐久性は劣りますので、寿命はもっと短くなります。

寿命がくる前に作り替えが必要な場合

せっかく入れ歯を作ったのなら、寿命まで使いたいものですが、寿命がくる前に作り替えが必要になる場合があります。

(1)残っている歯が抜けてしまったり、治療をして形が変わった場合
部分入れ歯は、周囲の残っている歯に留め金を引っ掛けて固定する仕組みになっています。残っている歯が抜けてしまったり、虫歯や歯周病など治療をしなくてはいけない状態になると、留め金を引っ掛けられなくなります。入れ歯を上手く固定できなくなるので、新しい入れ歯を作らないといけません。

(2)入れ歯を破損、もしくは紛失してしまった場合
入れ歯が、修復が難しいほど破損してしまったり、紛失してしまった場合は、新しい入れ歯を作らないといけません。健康保険のシステムで、入れ歯は一度製作すると、半年以内は保険を適用した入れ歯作る事ができませんので、特に注意が必要です。製作する場合には、保険を適用せずに自費で製作する事になるので、費用は高額になってしまいます。
入れ歯をきちんと管理する事で破損や紛失を防ぐ事ができます。高齢の方の場合、家族も一緒に管理してあげるのが良いでしょう。

入れ歯を長持ちさせるための秘訣

使い方や手入れを雑にしていると、入れ歯の寿命を短くしてしまいます。入れ歯を長持ちさせるためには、適切にきちんと手入れをする事、定期検診を受ける事が大切です。

(1)手入れ方法
・ 毎日お掃除する
入れ歯も自分の歯を同じようにお掃除をしましょう。できれば毎食後が良いですが、外食などで難しい事もあるでしょう。一日入れ歯を装着した後は、夜必ずブラシで擦り洗いをするようにしましょう。

・ 入れ歯洗浄剤は補助的に利用する
入れ歯洗浄剤ではプラークの汚れは落とせません。洗浄剤は補助的に使うようにし、必ずブラシで擦って汚れを落としましょう。

・ 歯磨き粉は使わない
歯磨き粉は使わないようにしてください。歯磨き粉に配合されている成分によっては、入れ歯が削れてしまう事があります。

・ お湯は使わない
お湯は入れ歯の変形をまねく事があります。水を使うようにしましょう。掃除中に落として割れてしまうのを防ぐため、水を張った洗面器の上で手入れをするのがおすすめです。

・ 就寝中は水を入れた容器で保管する
入れ歯は乾燥に弱く、乾燥はヒビや変形の原因となります。就寝前に外したら、水を入れた容器に入れて保管するようにしましょう。

(2)定期検診
お口の中は、日々変化します。いつの間にか入れ歯が合わなくなっている事があります。3か月〜半年に1度は定期検診を受け、入れ歯の調整とクリーニングを受けましょう。自分の歯が残っている場合には、自分の歯を守る事にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。入れ歯には寿命があります。保険の入れ歯の場合には3年〜5年が目安となります。長い間使い続けると、入れ歯は擦り減り、噛み合わせが合わなくなってきます。合わないまま使用すると、噛む機能が低下したり、発音に不具合がでる事があります。劣化した入れ歯は、衛生的にも良くありません。入れ歯を作ったらそれで終わりでは無く、定期検診を受けて、入れ歯を長持ちさせると共に、適切な時期に作り替える事が大切です。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP