お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

入れ歯を使用する上で注意点はありますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

入れ歯を使用する上で注意点はありますか?

入れ歯の使用には、いくつかの注意点があります。入れ歯は、噛む機能を維持するための大切な道具であり、身体の一部でもあります。適切に使用して、入れ歯を長く快適に使っていきましょう。

入れ歯の管理方法の注意点

(1)毎日清掃すること
入れ歯も、自分の歯と同じように毎日の清掃が必要です。入れ歯にも歯と同じようにプラークが付着します。そのままにしておくと、口の中が不衛生になり、口臭の原因にもなります。自分の歯が残っている場合には、自分の歯を虫歯や歯周病から守るためにも毎日の清掃が大切です。入れ歯の清掃方法のポイントを挙げると次のようになります。

a. 入れ歯は、歯の部分だけでなく床の部分もしっかりとブラシで擦ります。粘膜と接する内面や金具周囲も丁寧にみがきます。特に残っている歯と接触する部分は汚れが溜まりやすいので入念にみがきます。

b. 入れ歯を落として排水口に流したり、破損させたりしないように、水をはった洗面器の上でみがきましょう。

c. 歯磨き粉は使用してはいけません。

d. お湯は変形の恐れがあるため使用してはいけません。

(2)適切に保管すること
口内炎を予防し、粘膜を休ませるためにも、夜間は入れ歯を外しましょう。外した入れ歯は、乾燥に弱く、乾燥させるとヒビ割れや変形を起こす事があります。水をはった容器に入れて保管するようにしましょう。

食事の注意点

入れ歯を入れても、残念ながら自分の歯と同じように食事ができるわけではありません。噛む力が弱くなるので、食事の内容も工夫をすると良いでしょう。入れ歯を使った「食べ方の工夫」と「食事の内容の工夫」を参考にしてみてください。

(1)食べ方の工夫
一口量を少なくして、噛む事が負担にならないようにしましょう。特に総入れ歯の場合には、満足して噛めるようになるまでに1〜2か月は必要です。ゆっくり慣らしていきましょう。
特に総入れ歯の場合、前歯で噛むと外れやすくなっています。食べ物を噛み切る時に、前歯の真ん中よりも少し犬歯や臼歯よりに食べ物を乗せて噛み切るようにしてみましょう。

(2)食事の内容の工夫
a. 食材の大きさ
小さめに切ったり、隠し包丁を入れて、噛み切りやすくなるよう工夫をしましょう。薄すぎるとかえって噛み切りにくくなるので、程よく厚みがある方が良いです。また、みじん切りも細かすぎると、口の中でまとまりにくく、入れ歯の端の方や粘膜との間に食べカスが入り込みやすいので、程よい大きさがある方が良いです。

b. 食べ物のかたさ
自分の歯と比べて噛む力は弱くなります。総入れ歯の場合は3分の1程度になります。食材がやわらかくなるように、煮物にしたり、あらかじめよく茹でるなど工夫しましょう。

c. 食べ物の温度
入れ歯が大きければ大きいほど、食べ物の温度が感じにくくなります。熱い食べ物は、喉を火傷してしまう事があるので、十分に注意をしましょう。

入れ歯が合わなかったり、痛みがあると、美味しく食事をする事ができなくなってしまいます。食欲が無くなってしまったり、栄養不足になってしまう事があります。歯科医院で入れ歯の定期検診を受けて、適合状態のチェックや、噛み合わせの調整をするようにしましょう。

日常生活での注意点

(1)誤飲や誤嚥に注意
小さな部分入れ歯は誤って飲み込んでしまう危険があります。誤嚥(ごえん)を起こすと、窒息の危険があるので、十分に注意が必要です。誤飲や誤嚥の防止のために、夜間は必ず取り外しておくようにしましょう。
高齢の方など、小さな入れ歯で日中も誤飲や誤嚥の心配がある場合には、入れ歯を飲み込みにくい形態に作り替える方が良い場合もあります。

(2)紛失や破損に注意
入れ歯は製作してから半年間は、保険を適用して新たに入れ歯を作る事ができません。保険のシステムで決まっている事なので、万が一紛失したり、修復が難しいほど破損してしまった場合には、自費で入れ歯を作らなくてはなりません。費用が高額になってしまうので、注意しましょう。
認知症の方は、家族の方や施設の方も一緒に管理をしてください。他の人の入れ歯を付けたり、紛失する事が無いように、名前を入れておくと良いでしょう。

定期検診の必要性

入れ歯を入れると安心して、通院を止めてしまう事があります。入れ歯を入れたら、必ず定期検診が必要です。入れ歯は、使っているうちに噛み合わせが悪くなったり、合わなくなったりしてきます。自分自身では気がつかない事も多いので、定期検診で噛み合わせや適合状態をチェックする必要があります。

またどんなに手入れをしていても、使用していると入れ歯は劣化してきます。無理に使用していると、食事や発音に影響が出たり、歯ぐきや残っている歯にも悪影響を及ぼします。数年に1回は作り替える必要があります。定期検診を受けていると、作り替えのタイミングもわかるので安心です。
残っている自分の歯を、虫歯や歯周病から守るため、入れ歯の寿命をのばすために、必ず定期検診をうけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。入れ歯を使用する上での注意点をまとめると次のようになります。

(1)入れ歯の管理方法の注意点:毎日清掃し、適切に保管すること
(2)食事の注意点:食べ方に注意し、食事は大きさ・かたさ・温度に注意しましょう
(3)日常生活での注意点:誤飲や誤嚥、破損や紛失に注意しましょう
(4)定期検診の必要性:残っている歯を守り、入れ歯を長く安全に使うために必要不可欠です

入れ歯の使用には以上の注意点を守ることが大切です。入れ歯になると、なかなか自分の歯と同じように使う事はできませんが、美味しく食事をとり、周囲と楽しくコミュニケーションをとりながら生活していくために、大切な道具です。入れ歯と上手に付き合い、安全に使用していきましょう。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP