お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

なぜ銀歯は保険が適用されるのにセラミックは適用されないのですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

なぜ銀歯は保険が適用されるのにセラミックは適用されないのですか?

審美性を重視したセラミック治療は、保険が適用されないので、自費治療になります。なぜ銀歯は保険が適用されるのに、セラミックは適用されないのか?

今回は、歯科治療における健康保険適用の仕組みについて、銀歯とセラミックの場合を例に詳しく解説していきます。

保険診療でできる歯の治療

そもそも、保険制度とは、病気や怪我をした場合に、少ない自己負担で最低限の治療が受けられる制度です。歯の治療でも、虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製から外傷の治療まで、ほぼ全ての基本的な治療を保険診療で行うことができます。

ただし、保険診療で行う歯科治療の場合、治療方法や使用する歯科材料に制限があります。例えば、被せ物や詰め物の治療をする場合には、いわゆる「銀歯」と言われる金銀パラジウム合金などの金属が使われるのが一般的です。
その他、保険診療でできる歯の治療の例を挙げていきます。

<保険診療内の歯科治療例>

  • 小さな虫歯を削り、レジンやセメントで充填する治療
  • 虫歯を削り、金属の詰め物や被せ物を入れる
    前歯のみ、表側に歯の色に近いプラスチック材を貼り付けた被せ物が保険適応となります。
    歯を失った場合、両隣の歯を支えとして装着する連結した金属の「ブリッジ」も保険適応となります。
  • 入れ歯の作製
    保険内の入れ歯は、粘膜の上にのせる入れ歯のピンク色の部分「床(しょう)」と「人工歯」は、基本的にプラスチック(レジン)でできています。部分入れ歯の場合には、残っている歯に「クラスプ」という金属のバネを引っ掛けます。

保険外診療でできる歯の治療

保険外診療では、治療方法や使用する材料を自由に選択する事ができます。そのため、最先端の治療法や精密治療を行うことができ、審美性を重視した被せ物などを選択することができます。

保険診療内でできる治療は、あくまで最低限度の治療ですが、保険外診療では、希望するもっとも最適な治療法をご自分で選択する事ができるのです。

セラミックは、いわゆる「陶材」と言われる素材で、自然の歯に近い透明感と色調を再現できる歯科材料です。審美性が高く「見た目の美しさ」を兼ね備えているため、保険は適用されません。

保険外診療の歯科治療例をいくつか紹介していきます。

<保険外診療の歯科治療例>

  • セラミック治療
    セラミックの詰め物や被せ物の他、歯の表面に貼り付け色調を改善させる「ラミネートベニア」も行う事ができます。
    セラミックの被せ物は、いくつかの種類があり、金属で裏打ちされている強度が高いものから、全てがセラミックでできている審美性の高いものまで選択する事ができます。
  • 精密根管治療
  • ホワイトニング治療
  • 矯正治療
  • インプラント治療
  • 入れ歯治療
    保険外診療で入れ歯を製作する場合には、「床」部分が金属でできている「金属床義歯」や、マグネットで固定をする「マグネット義歯」など、様々な材料を使った入れ歯を作る事ができます。

銀歯のメリットとデメリット

保険が適用される銀歯は、安価で作製できるというメリットはありますが、デメリットも多く存在します。保険適用の銀歯のデメリットをまとめると次のようになります。

<銀歯のデメリット>

  • 金属の色が目立ってしまう
  • 金属アレルギーの原因になる
  • 二次カリエスのリスクが高い
    銀歯と接着するセメントは劣化しやすいため、経年により隙間ができ、二次的に虫歯になってしまう可能性が高くなります。
  • メタルタトゥーの原因になる
    金属イオンが、溶け出して、歯茎にメタルタトゥーと言われる着色を起こす事があります。

医療費控除を利用する方法

保険外診療は、治療費を全額自費で支払わなければならないので、保険適用の治療と比較して高額になります。しかし、「医療費控除」という制度を利用すれば、一部の医療費が戻って来ます。医療費控除について簡単に解説します。

医療費控除とは

家計を共にする家族の医療費の合計が10万円を超えた場合、申請すれば、一定の所得控除を受ける事ができる制度です。税金の一部が戻ってきます。

歯科治療では、保険内診療で支払った医療費だけでなく、セラミックを使った治療やインプラント治療などの保険外診療費用も医療費控除の対象となります。
ホワイトニング治療は、審美性を高める事を目的としている場合には、対象になりませんが、矯正治療の場合は、身体の構造や機能を更正する事を目的としている場合には、対象となる場合がありますので、担当歯科医師に確認するようにしましょう。

まとめ

銀歯は保険が適用されるのに、セラミックは適用されないのか?という点について解説していきましたがいかがでしたでしょうか。

そもそも、保険制度とは、病気や怪我をした場合に、少ない自己負担で最低限の治療が受けられる制度なので、審美性を重視したセラミック治療は保険が適用されないのです。

虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製など、ほとんどの歯科治療に保険が適用されますが、保険内診療では、治療法や使用する材料に制限が出てしまいます。

最先端の治療法や精密治療・審美性を重視した治療を希望する場合には、保険外診療で治療を行なっていきます

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP