お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

本人が見栄えを気にしないなら、いくら歯並びが悪くても矯正する必要はないですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

本人が見栄えを気にしないなら、いくら歯並びが悪くても矯正する必要はないですか?

歯並びは見た目だけの問題ではありません。
歯並びが悪いと、虫歯や歯周病のリスクが増加や、顎関節機能に問題が起きるなど、歯やお口の健康に悪影響があります。それだけではありません。肩こりや頭痛など、全身の健康状態にも悪影響を及ぼす場合もあるのです。
ですから、歯並びが悪い場合には、見栄えが気にならなくても、歯やお口を生涯健康に保つために矯正治療はおすすめです。
今回は、歯並びが歯やお口にどのような影響があるのかについて、詳しく解説します。

見た目への影響

まず1番は、「見た目への影響」です。実際、「見た目を改善したい」という理由で、矯正治療を始める人が多いです。歯並びが悪いと、口元の印象が悪くなりがちです。矯正治療により、歯並びを整えると、口元の印象が良くなり、笑顔にも自信がもてるようになるでしょう。
悪い歯並びを改善することで、コンプレックスが解消され、精神的にも良い影響があります。

歯やお口の健康への影響

歯並びは見た目だけでなく、歯やお口の健康にも影響があります。歯並びが悪いと、虫歯や歯周病のリスクが高くなる場合や、顎関節症の原因になることがあります。

(1)虫歯リスク

歯並びや噛み合わせが悪いと、歯並びの凹凸部分に汚れが溜まりやすくなる他、自浄作用の低下により汚れが溜まりやすくなります。また、十分に歯を清掃できない事もあり、虫歯のリスクが高くなります。
自浄作用とは、唾液の循環と噛み合わせにより、お口の中の汚れを自然に洗い流そうとする作用の事を指します。

(2)歯周病リスク

虫歯リスクが高まるのと同様の理由で、汚れが溜まりやすく、清掃しにくい状態になるため、歯周病菌が繁殖しやすくなり、歯周病のリスクが高まります。
また噛み合わせが悪いと、一部の歯にばかり過度な負担がかかってしまうことがあります。そうすると、負担になっている歯は、歯周病が進行しやすい状態になるので、注意が必要です。

(3)顎関節症の原因になる

歯並びや噛み合わせが悪く、歪みがあると、顎関節に余計な負荷がかかってしまうことがあります。片方の顎関節ばかりに過剰な負荷がかかってしまうような状態が続くと、顎関節症の原因になる事があります。

(4)歯ぎしりや食いしばりの原因になる

特に奥歯の噛み合わせが悪いと、歯ぎしりや食いしばりの原因になります。歯ぎしりや食いしばりは、歯を摩耗させて痛めたり、顎関節に負荷がかかり顎関節症の原因になることがあります。

全身への影響

悪い歯並び・噛み合わせは、歯やお口だけでなく、全身の健康にも影響を与えます。肩こりや頭痛・めまいなどの症状がある場合、噛み合わせが影響している場合があります。
その他、全身の骨格に歪みを生じさせ、様々な全身の不調を招きます。

(1)顔や身体の骨格の歪み

歯並びや噛み合わせが歪んでいると、歪みをかばうために、顎や首・肩などの骨格にも歪みを生じます。歪みは全身に広がり、様々な身体の不調を招くことがあります。
また、歯並びや噛み合わせが歪んでいると、口の周りにある噛む筋肉などが偏って発達して
しまい、顔が歪んで見えるようになってしまうことがあります。

(2)肩こり・頭痛・めまいなど

肩こり・頭痛・めまいなどの、原因がはっきりしない身体の不調がある場合、歯並びや噛み合わせが原因になっていることがあります。必ずしも、歯並びや噛み合わせばかりが原因とか限りませんが、不調が続いている場合には影響も疑われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。悪い歯並び・悪い噛み合わせは、お口や歯の健康・全身の健康に悪影響を与えます。見栄えが気にならないという場合でも、矯正治療を行い、歯並びを整えるのが望ましいです。
矯正治療は、乳歯から永久歯に生え変えわるくらいの時期から、始める事もあります。お子さん自信が矯正治療の必要性を理解する事はなかなか難しいでしょうから、保護者の方が、早めに矯正相談の予約をするなどして、歯並びを整える必要があるかどうかを判断していくのが良いでしょう。

最後に、歯並びが歯やお口・全身に与える影響についてまとめます。

<見た目への影響>
矯正を希望する方が最も気になる「見た目」を改善する事により、精神的にも良い影響が期待できます。

<歯やお口の健康への影響>
・悪い歯並びや噛み合わせは、虫歯や歯周病リスクを高める
汚れが溜まりやすく、清掃しにくいため、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

・歯ぎしりや食いしばり、顎関節症の原因となる
噛み合わせの歪みは、歯ぎしりや食いしばりの原因となり、顎に偏った負荷がかかると顎関節症の原因にもなります。

<全身の健康への影響>
・顔や身体の骨格の歪み、全身の不調
歯並びや噛み合わせが歪んでいると、歪みをかばうために、顎や首・肩・背中など、全身の骨格に歪みを生じます。それにより、肩こりや頭痛、めまいなどの全身の不調が現れる事があります。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP