お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-6142

再診・その他のお問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

虫歯が進行すると根管治療が必要になると聞きましたが、どういう意味ですか|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

虫歯が進行すると根管治療が必要になると聞きましたが、どういう意味ですか

虫歯が進行して、歯の神経が通っている歯髄にまで到達してしまうと、「根管治療」が必要になります。根管治療では、歯の神経を抜いて、歯髄腔の中をきれいにし、中に最終的な薬を詰めていきます。
今回は、歯の構造と虫歯の進行について解説し、根管治療が必要になるケースを確認した後、根管治療の内容について詳しく解説していきます。

歯の構造と虫歯の進行

最初に、歯の構造と虫歯の進行について確認していきましょう。

歯の構造

歯は、表面から順に、「エナメル質」「象牙質」という組織でできており、その下は「歯髄(しずい)」という神経や血管が通っている組織でなりたっています。歯根部分の表面は、「エナメル質」ではなく「セメント質」という組織でなっています。
歯の表面から始まった虫歯が徐々に深くまで進行し、「歯髄」にまで到達してしまうと。歯の根の治療「根管治療」が必要になります。

それぞれの特徴について解説します。

・エナメル質
歯の一番表面の組織で、人間の身体組織の中で最も硬いです。硬さはありますが、酸に弱いので、虫歯菌の出す酸で簡単に溶けてしまいます。
神経は通っていないので、エナメル質だけが傷ついても痛みは感じません。

・セメント質
歯根部の表面を覆っている組織です。歯根膜によって、歯槽骨(歯を支えている顎の骨)と結合しています。エナメル質と比べて柔らかく、手や足の骨などと同程度です。

・象牙質
エナメル質、セメント質の内側にある組織です。エナメル質より柔らかく、酸に溶けやすい組織です。象牙質の中には、象牙細管という細い管が通っており、象牙質表面側からの刺激を神経に歯髄(歯の神経)にまで伝える役割をしています。
そのため、象牙質にまで虫歯が進行すると、痛みを感じるようになってきます。

・歯髄
いわゆる「歯の神経」と言われる組織です。神経繊維のほかに、血管やリンパ管も通っています。虫歯が進行して、歯髄にまで達すると、神経組織に炎症が広がってしまうため、歯の神経を取る治療が必要になります。
歯の神経を取ってから、神経のあった部分の薬を詰めるまでの治療が、「根管治療」です。

虫歯の進行

では、虫歯はどのように進行していくのでしょうか。
歯科医院では、虫歯の進行度合いを「CO(シーオー)」から「C4」という言葉で表します。進行度合いが低い「CO」から順に解説していきます。

・CO(シーオー)
ごく初期の虫歯であり、要注意の歯のことを指します。まだ穴はあいていませんが、放っておくと穴があいて本格的な虫歯になってしまう可能性があります。
この時点できちんとケアすることができれば、虫歯になるのを防ぐことができます。

・C1
初期の虫歯で、エナメル質のみが虫歯になっている状態です。痛みはほとんどありません。
治療も、虫歯部分を削って、人工物で詰める、簡単な治療で済ませることができます。
この時点で虫歯に気がついて、早めに治療をすることで、歯にかかる負担を減らすことができます。

・C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質にまで進んだ状態です。冷たいものがしみるなどの自覚症状が出るようになります。治療範囲も広くなり、麻酔を使った治療が必要になってきます。

・C3
虫歯が、歯の神経にまで及んだ状態です。冷たい水だけでなく、温かいもの次第に何もしなくてもズキズキと痛むようになります。ここまで進行すると、歯の神経を残しておくことはできません。神経を除去する「根管治療」を行います。

・C4
虫歯がさらに進行し、歯の上部はほとんどが破壊され、歯の根だけが残った状態です。この状態になると、神経が完全に死んでしまっていて、痛みを感じなくなっている場合もあります。死んだ神経に細菌が感染すると、組織が腐ったような悪臭を放つようになります。
根管治療をして、歯の根を残すことが可能な場合もありますが、根管治療をしても残せない場合は、抜歯となります。

根管治療とは

根管治療とはどのような治療なのか具体的に解説していきます。

根管治療は、神経まで虫歯が達してしまった場合に、歯の神経が通る管「根管」に対して行う治療です。細菌に感染した歯の神経を除去し、根管内部を無菌化させます。
繰り返し、根管内部の消毒を行い、根管内部が無菌化させた後、歯の神経のあった所に、ゴム質のガッタパーチャという薬剤を使って封鎖します。これを「根管充填」と言い、根管治療の最後に行います。

根管治療の難しさ

根管治療は、歯科治療の中でも難しい治療だと言われています。
歯の根の内部は、細かく複雑に入り組んでおり、肉眼で完全に確認することができません。歯科医師の勘と経験を頼りにせざるを得ない部分があり、失敗するリスクも少なからずあります。拡大鏡などを使った精密根管治療により、そのリスクを抑えることができます。
また、根管内に入り込んだ細菌を完全に除去できなかった場合には、せっかく治療をしても症状が再発してしまうことがあります。

できるだけ神経を残すことが大切!

歯の神経は、一度取ってしまうと元には戻せません。「失活歯」と言われ、神経活動が死んでしまった歯になります。
歯の神経を取ってしまうと、歯の神経組織だけでなく、歯髄腔内の血管やリンパ管も一緒に除去することになります。象牙質への栄養共有が遮断されるため、象牙質は硬くもろくなり、歯が割れやすくなります。また、歯が白い色から褐色へ変色していきます。
歯の神経を取ってしまえば、痛みは感じなくなりますが、歯の寿命はぐんと短くなってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。虫歯が進行して、歯の神経が通っている歯髄にまで到達してしまうと、「根管治療」が必要になります。
神経を抜き、根管内部を消毒し無菌化した後、最終的な詰め物を詰めていきます。歯の神経は一度抜いてしまったら、元には戻りません。歯が脆くなり、歯の寿命が短くなってしまいます。
根管治療が必要になるほど、虫歯が進行する前に、早めに虫歯治療をすることが大切です。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP