お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

オーダーメイドの入れ歯にはどんなメリットがありますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

オーダーメイドの入れ歯にはどんなメリットがありますか?

歯を失った場合の対処として、一般的な治療方法は入れ歯です。
最も、今ではインプラントといった天然の歯に限りなく近い感覚を得られる治療方法もありますから、
人工の歯としての完成度で考えれば、入れ歯の魅力はそれほど高いと感じないかもしれません。

それでも歯を失った時に入れ歯の治療を選択する人が多いのは、
自由診療であるインプラントに比べて、保険診療である入れ歯は治療費が安くすむからでしょう。
しかし、入れ歯にも自由診療となるオーダーメイドの入れ歯があります。

保険診療で受けられる入れ歯を、敢えて自由診療のオーダーメイドの入れ歯にする理由は、
オーダーメイドの入れ歯にはそれだけのメリットがあるからです。

審美性の高い人工の歯を再現

保険診療の入れ歯は使用できる素材が限られており、人工の歯で使用できる種類が制限されます。
このため元の歯の状態によっては、入れ歯の歯の形や色が不自然でバランスが悪くなることがあります。
一方、オーダーメイドの入れ歯は天然の歯の代わりという概念で考えられているのです。

ですから、その人に歯に合った色や形などがあらかじめ豊富に用意されており、
自然かつ天然の歯に近い仕上がりの高い審美性のある入れ歯が製作可能になります。
最も、入れ歯であることには変わりないですから、インプラントのように感覚までは天然の歯を再現できません。

自然な人工の歯肉を再現

歯肉の耐久性に至っては、保険診療の入れ歯でもそれなりにしっかりした作りになっており、
汚れや装着した感触における不満や不自由さはないでしょう。しかし、形態の種類はそれほど多くありません。
一方、オーダーメイドの入れ歯の歯肉部分の形態は患者さんの要望に合わせたものを製作可能です。

そもそも歯や歯肉の状態は誰もが同じではなく、色や形状において違いがあります。
保険診療の入れ歯の場合はそのような細かい違いに対応できず、あくまで一般的なものが用意されており、
自分に合った歯肉を再現するにはオーダーメイドの入れ歯にするのがおすすめです。

耐久性が高く割れづらい義歯床を再現

保険診療の入れ歯の義歯床は非常に割れやすく、その対策として分厚い仕様になっています。
このため熱が加わりにくく、その影響で飲食物の温度や味覚を感じづらいのが欠点です。
一方、オーダーメイドの入れ歯の義歯床は入れ歯が落ちないように固定されています。

また、金属を素材にすることで義歯床が薄くなり、装着した時の違和感が軽減されるのです。
入れ歯を使用する上で義歯床に求められるのは第一に耐久性ですが、
保険診療の入れ歯の義歯床はそれが高いとは言えず、その点においてもオーダーメイドの入れ歯が勝ります。

入れ歯であることが分かりづらい維持装置

保険診療の入れ歯では、維持装置は残った歯を囲むような状態にして固定されています。
実はこの仕様こそ入れ歯の装着で違和感を覚える原因であり、また維持装置が見えてしまう問題もあります。
一方、オーダーメイドの入れ歯は残った歯に大きな負担がかからず、歯を痛ませる心配がありません。

さらに、維持装置を見せなくさせるタイプのものもあるため、入れ歯だと周囲の人に気づかれにくいのです。
つまり、オーダーメイドの入れ歯は残った歯にダメージを与えず、
そして入れ歯であることを周囲の人に知られてしまうリスクまで減らせます。

保険診療の入れ歯とオーダーメイドの入れ歯

保険診療の入れ歯を一言で表現すると、「マニュアルに従って製作された最低限の完成度」です。
もちろん製作は慎重かつ丁寧に行われますが、保険適用のための素材や部品はどうしても限られてしまい、
またオーダーメイドの入れ歯ほど時間をかけられないのが事実になります。

一方、オーダーメイドの入れ歯も同様に一言で表現すると、「審美性と機能性に優れた高い完成度」です。
その人の要望と特徴に合った入れ歯を製作でき、使用できる素材も豊富なことから当然質は高くなりますし、
製作までにかかる時間は長くなりますが、それに見合った完成度の高さ入れ歯をお渡しできます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、オーダーメイドの入れ歯のメリットについてまとめます。

1. 審美性の高い人工の歯を再現 :選択できる歯の形や色が豊富なため、自然で美しい歯を再現できる
2. 自然な人工の歯肉を再現 :選択できる形態の種類が豊富なため、自然で美しい歯肉を再現できる
3. 耐久性が高く割れづらい義歯床を再現 :入れ歯が落ちないように固定されており、落下の破損を防げる
4. 入れ歯であることが分かりづらい維持装置 :維持装置を見えなくさせるタイプのものもある
5. 保険診療の入れ歯とオーダーメイドの入れ歯 :審美性、機能性における完成度に大きな違いがある

これら5つのことから、オーダーメイドの入れ歯のメリットについて分かります。
入れ歯とインプラントは選択肢としては両極端で、入れ歯は審美性や機能性が最低限のものでしかなく、
一方でインプラントは高い審美性や機能性を誇りつつも、費用が高く治療による身体の負担も大きくなります。
そこで、これらの中間となる選択肢としてオーダーメイドの入れ歯を検討してみてはいかがでしょうか。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP