お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

歯医者さんに質問です。入れ歯とインプラント、どちらをすすめますか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

歯医者さんに質問です。入れ歯とインプラント、どちらをすすめますか?

「入れ歯とインプラントのどちらがおすすめですか?」と質問されることがあります。
この場合、医師の独断で一方をすすめることはなく、
なぜなら患者さんの要望次第でその答えが変わるからです。
つまり、人工の歯に対して患者さんが何を重視するのかによって、おすすめの治療方法が決まります。

費用について

治療費は誰もが気にする部分ですが、少しでも安くすませたいと考えるのであれば、おすすめは入れ歯です。
入れ歯なら健康保険がされますが、一方のインプラントは基本的に自由診療であり、
そのためインプラントの方が費用は高く、それも1本30万円~45万円が相場となっています。

最も、入れ歯でもオーダーメイドの場合は自由診療になるため費用が高くなりますが、
それでもインプラントと比較すれば断然安くなるでしょう。
自由診療の費用は歯科医院によって異なりますが、インプラントが入れ歯より安くなることはありません。

治療方法について

治療において手軽さを求めるのであれば、おすすめは入れ歯です。
これには2つの理由があり、1つ目にインプラントは身体に負担の大きい治療であることが挙げられます。
治療の過程で手術を伴い、実際に恐怖を感じてしまう人も少なくありません。

そして、2つ目に対応できる歯科医院の数が挙げられます。
インプラントに対応した歯科医院と入れ歯に対応した歯科医院、数が多いのは後者でじょう。
さらに治療期間も長くなるため、インプラントにすると通院で苦労してしまうケースもあります。

機能性について

人工の歯に対して機能性を求めるのであれば、おすすめはインプラントです。
入れ歯はその構造と仕様から、噛み方を誤ると外れてしまうことがありますし、
噛んだ時の力…すなわち咬合力においても天然の歯の1/3ほどの力になっています。

一方、インプラントは人工の歯の根を再現しているため歯としての安定性が高く、
もちろん咬合力も高いため、天然の歯に近い感覚を得られるのです。
最も、あくまで「天然の歯に近い」が正確な表現であり、天然の歯とイコールの感覚までは再現できません。

ケアやメンテナンスについて

ケアやメンテナンスの手軽さを求める場合は、正直どちらがおすすめなのかは決めかねます。
入れ歯は毎日洗浄が必要なため手間がかかりますが、一方で清潔な状態を保ちやすいとも言えるのです。
ですから、毎日の洗浄は入れ歯のデメリットであると同時にメリットでもあります。

一方、インプラントは天然の歯と同様に歯磨きで綺麗にできますが、
メンテナンスを目的とした定期的な通院が必要になるため、それを手間と考える人もいるでしょう。
このため、ケアやメンテナンスだけを重視する人は、それぞれの方法を比較した上で判断してください。

審美性について

審美性を重視するのであれば、おすすめはインプラントです。
最も、単純に歯の見た目だけを基準にした審美性で考えるなら、
例え入れ歯でもオーダーメイドの入れ歯にすれば充分な審美性を誇るでしょう。

しかし、入れ歯は外れるという特徴があるため、
天然の歯と見分けがつきにくい点で考えればインプラントの方が審美性は高くなります。
何しろ、インプラントは自分で外すことはないため、食事中でも天然の歯のように見えるでしょう。

他の歯への負担について

他の歯への負担が気になる人の場合も、どちらがおすすめなのかは断言できません。
と言うのも、負担の意味では入れ歯においてもインプラントにおいても他の歯に負担をかけてしまうからです。
まず、入れ歯の場合は周囲の歯にバネをかけるため、バネをかけられた歯に負担がかかってしまうでしょう。

一方、インプラントは独立しているため、装着自体で他の歯に負担をかけることはありません。
ただし、インプラント周囲炎にかかった場合は別で、
インプラントの歯周病であるインプラント周囲炎にかかれば、他の歯に悪い影響を与えてしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、入れ歯とインプラントの比較についてまとめます。

1. 費用について :健康保険が適用されるため、費用重視の人には入れ歯がおすすめ
2. 治療方法について :手術なども必要ないため、治療の手軽を求める人には入れ歯がおすすめ
3. 機能性について :構造や咬合力を考えると、機能性を重視する人にはインプラントがおすすめ
4. ケアやメンテナンスについて :入れ歯もインプラントもケアやメンテナンスが必要
5. 審美性について :取り外ししない分、人工の歯と分かりづらいのはインプラント
6. 他の歯への負担について :バネの構造や歯周病など、入れ歯もインプラントも他の歯に負担がかかる

これら6つのことから、入れ歯とインプラントの比較について分かります。
イメージとしては、手軽さを求める場合は入れ歯、
性能を求める場合はインプラントがおすすめと考えれば良いでしょう。
最も、入れ歯の場合はオーダーメイドの選択肢もあり、その場合は審美性も機能性も高まります。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP