お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

0422-21-0026

お問い合わせ

24時間予約受付

24時間WEB予約

24時間予約受付

マウスピースを使った矯正があると聞いたのですが、どのような方法ですか?|武蔵野市吉祥寺の歯医者・訪問歯科ならこばやし歯科

こばやし歯科

こばやし歯科TEL:0422-21-0026

こばやし歯科への診療予約
こばやし歯科への診療予約
お問い合わせ
お問い合わせ
24時間WEB予約
ドクターズファイル
ドクターズファイル2
ブログ
FAXお申込み用紙
求人募集
求人募集

マウスピースを使った矯正があると聞いたのですが、どのような方法ですか?


矯正では、矯正装置を装着して少しずつ歯を動かしていきますが、矯正装置の見た目を気にして治療に抵抗を感じる人も少なくありません。
おそらくそれは、表側矯正と呼ばれるワイヤー矯正を示しているのでしょう。

しかし、矯正方法は表側矯正だけでなく、マウスピースを使った矯正方法もあります。
これが“見えない矯正”と呼ばれるマウスピース矯正であり、
ここではマウスピース矯正の特徴について分かりやすく解説していきます。

マウスピース矯正はどのような矯正装置?

マウスピース矯正で使う矯正装置は、治療の名前が示すとおりマウスピースタイプの矯正装置です。
歯に装着する点はワイヤー矯正と同じですが、マウスピース自体が透明のため目立たず、さらに自分で取り外しすることもできるため、矯正中の口元の審美性が圧倒的に高まります。

ちなみに、マウスピース矯正で使用するマウスピースにも種類があり、一般的に多いのはインビザラインとアソアライナーです。
取り扱うマウスピースの種類は、歯科医院によって異なります。

治療期間が短いのは本当?

マウスピース矯正のメリットとして、治療期間の短さが挙げられます。
ただ、これについては症例が関係しており、ワイヤー矯正に比べて強力というわけではありません。
むしろ歯を動かす力はワイヤー矯正に比べて弱く、マウスピース矯正は複雑な症例には対応できないのです。

つまり、複雑な症例の矯正を行っていない分だけマウスピース矯正の治療期間は短く、
ワイヤー矯正の治療期間が長く感じるのは複雑な症例にも対応しているからです。
簡単な症例に対してワイヤー矯正で対応すれば、むしろマウスピース矯正よりも治療期間は短くなるでしょう。

好きな時に取り外しできる?

マウスピース矯正では、矯正装置…すなわちマウスピースを自分で取り外しできます。
その点はマウスピース矯正におけるメリットであり、歯磨きや食事の時に矯正装置を取り外すことで普段と変わらない食生活・歯磨きが可能です。

ただ、“好きな時に自由に取り外せる”と解釈するのは間違いです。
なぜなら1日における必要な装着時間が決められているからです。
マウスピース矯正では、1日あたり20時間ほどの矯正装置の装着が必要になります。

マウスピースの種類は?

上記の項目でも少し触れましたが、マウスピース矯正で使用するマウスピースには複数の種類があります。
インビザラインとアソアライナーを含むと、次のような種類が存在します。

インビザライン

治療の実績に優れたタイプで、世界で最も普及しており治療の実績にも優れているのが特徴です。

アソアライナー

日本国内において最も普及しているタイプで、頻繁に歯型をとるため装着の違和感が小さいのが特徴です。

イークライナー

治療過程で必要なマウスピースを全て製作可能なため、たびたび歯型を取る手間がかからないのが特徴です。

DENマウスピース

1日10時間ほどの装着ですむため、就寝時に装着すれば矯正装置を外して日常生活を過ごすことが可能です。

オペラグラス

症例として、前歯や軽度の矯正に適したタイプです。およそ3週間のサイクルで新しい歯型を取ります。

アクアシステム

マウスピース矯正の中でも費用が安く、また他のタイプに比べて矯正装置の交換周期が長くなっています。

エシックス

歯列全体ではなく、1~2本だけの矯正に適したタイプです。費用は安いものの、24時間の装着が必要です。

裏側矯正について

マウスピース矯正は複雑な症例には対応できず、
あくまで状態次第ですが歯並びが凸凹だとワイヤー矯正での対応になるケースがあります。
このような場合、“見えない矯正”を希望する人は裏側矯正にする方法があることを覚えておきましょう。

裏側矯正とは、従来のワイヤー矯正のようなブラケットを舌側に装着して矯正する方法であり、
表側ではなく裏側に矯正装置を装着することで目立たなくなります。
発音がしづらいなどのデメリットがありますが、矯正装置が目立つ問題は解消できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、マウスピース矯正の特徴についてまとめます。

1. マウスピース矯正はどのような矯正装置? :透明で取り外し可能なマウスピースが矯正装置になる
2. 治療期間が短いのは本当? :複雑な症例に対応できない分、必然的に治療期間は短くなる
3. 好きな時に取り外しできる? :1日20時間ほどの装着が必要なため、外せるタイミングは限られる
4. マウスピースの種類は? :インビザライン、アソアライナー、イークライナーなど
5. 裏側矯正について :マウスピース矯正で対応できない場合、裏側矯正の選択肢もある

これら5つのことから、マウスピース矯正の特徴について分かります。
矯正における最大の欠点は装着する矯正装置が目立ってしまうことですが、
“見えない矯正”と呼ばれるマウスピース矯正ならそんな欠点も解消できます。
矯正装置の装着を理由に矯正に抵抗がある人は、マウスピース矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

監修

こばやし歯科院長 小林敦
・1983年 岩手医科大学歯学部卒業
・岩手医大付属歯科病院 歯周病学教室勤務
・TAO東洋医学会会員
・日本訪問歯科協会認定医

PAGE TOP